疲れの原因
昨日は、約55kmを走ったのですが、なぜかかなり疲れました。しかも、道の駅「にしかた」と「新・鹿沼宿」で2回も休憩したのに。

いろいろ原因を考えてみました。

①ほとんど全行程向かい風 
  私にとっては良くあることだけど、私だけなのかな?

②年齢による体力減退
  考えたくないけど、当然あることです

③まだ、EVOに慣れていない
  半年経ったのですが


と言うことで、今日も同じコースを走ってみました。自転車だけマドンに変更して。

久しぶりに今日マドンに乗ってみて、私には今でもマドンのほうが扱いやすいことが改めて分かりました。車重は重くても、走りにはそれほど関係ないようです。

でも、昨日の疲れの原因はそれだけではありませんでした。

マドンにはケイデンスメーターが付いているので分かったのですが、常時70回転/分で走っていました。EVOではケイデンスが測定できない上、この冬場はゆっくり走っていたので、いつのまにか気づかないうちにケイデンスが落ちていたのです。

でも、ケイデンスを上げようとすると息が上がってしまい、すぐには対応できませんでしたが、少しずつ上がっていきました。

今日は一度も休憩しなかったのですが、走り足りない気持ちで家に帰りました。

ちなみに、今日もほとんど向かい風でした。地形のせいなのでしょうか。であれば、次回は逆回りで走ってみます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック