久しぶりの高雄
 今日の天気予報では、最高気温33℃となっていました。こんな中を走ったら、熱射病になてしまうので、はやく出かけて、早く帰ることにしました。そんなことで、朝7時に出かけました。

 今日のルートは、高雄です。高雄は、以前に一度行ったことがある所です。前回のブログでも書きましたが、私が今まで京都を走った中では、栃木県の小来川の景色に一番似ている場所です。 今日は、高雄までは前回と同じルートで、途中から新しいルートを考えています。

 まず家を出て高雄までは、一度来たことがあるためか、すぐ着いてしまった気がしました。この高雄を過ぎると、長い2つのトンネルがあります。

P1000333a.jpg 一つ目のトンネルです。トンネルはの中では、車から自転車が良く見えないため、事故が多いです。そんなこともあって、できるだけトンネルは避けたいです。この一つ目のトンネルの横道は、前回に見つけたのでそこを走りました。トンネルの上に見える道がそうです。
 問題は二つ目のトンネルです。前回は、横道を見つけることができませんでした。その後、地図をみたら横道がありました。今日はその確認でしたが、地図どおりにちゃんとありました。

P1000334a.jpg トンネルを出たところに、気温の表示がありました。8時現在で20℃です。おそらく、市内より5℃くらい低いのではないでしょうか。涼しくて気持ちがいいです。



 この二つのトンネルを過ぎてから、前回とルートを変えます。前回は、ここから京見峠経由で市内に向かったのですが、ちょっと物足りないコースでした。今日はちょっと遠回りします。さらに奥に入って、持越峠経由で帰ります。

 涼しい気温の中、心地よい気分でどんどん進んでいきました。すると、ちょっとした家並みがあったと思ったら、いきなり行き止まりの看板が。このほかに、道が見当たりません。戻ろうか、どうしようかと考えていたら、付近の方に出会ったので尋ねてみました。どうも途中から道を間違ったみたいです。

 曲がり道を聞いて、一旦引き返します。引き返したは良いけれど、なかなかその曲がる場所がみつかりません。行っては引き返しを繰り返して、やっと見つけました。

P1000337a.jpg ここがそうです。どうみても、まっすぐ行きますよねぇ。ところが、あるんです。そこの車の横に、狭い道が。そして、その電柱の下に看板がありました。「この3km先行き止まり」って。ぜんぜん気がつきませんでした。
 まあ、いずれにしても先に進めて良かったです。


 このあとは、持越峠までさらに上り続けました。ただ、それほどきつい坂ではありませんでした。
この峠を過ぎると、あとは市内まで下りっぱなしです。
 
 市内にはいると、まだ10時ちょっと過ぎなので、ちょっと寄り道しました。「きぬかけの路」を走ってみました。この道沿いには、金閣寺、竜安寺、仁和寺などがあります。これらのお寺は、数年前に入ったのであえて今日は入りませんでした。

P1000345a.jpg 仁和寺の東門です。


P1000346a.jpg 仁和寺の正面門です。



 しかも、この「きぬかけの路」はそのまままっすぐ行くと、大覚寺の前を通って、嵯峨野・嵐山まで行きます。このことは知っていたので、そのまま嵐山まで行きました。

P1000350a.jpg このハスの花は、天龍寺の池に咲いていたものです。ところで、この天龍寺に貸切タクシーがたくさん止まっていたのですが、その中に「宇都宮市**中学校ご一行様」というプレートがついたタクシーがありました。こんなところで、懐かしい名前をみるとは思いませんでした。


 嵐山の道を走っていると、いたるところにソフトクリームの看板があります。「今日こそは食べないぞ」と思いながら、10箇所くらいは通り過ぎたのですが、もうここを過ぎると店はないというところで、足を止めてしまいました。「あとになって、食べなかったことを後悔するかも知れない」と思ってしまったのです。結局、食べてしまいました。

 そこで、少し休んでから、桂川に沿って帰りました。今日は、それほど暑さを感じませんでした。心地よいサイクリングでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック