ジャパンカップコース
朝の天気予報だと今日は一日中雨のはずだったのですが、午後1時くらいになると、なんと良い天気になってきました。

天気予報を確認すると、3時ころまで晴れマークで、そのあと雨マークになっています。今から出かけても1時間半は遊べます。

道路はまだ濡れているので、しっぱねが上がらないママチャリで出かけました。1時間半でも満足できるところで、ジャパンカップコースの古賀志林道に向かいました。


CIMG9224 (640x480)午前中の大雨がうそのように、青空が見えます。


ジャパンカップコースには「多気」から入りました。

CIMG9225 (640x480)最初の難関「鶴c.c.」をやっとのこと上り切りました。
ロードレーサーでもきついのに、ママチャリだと気が遠くなりそうです。


CIMG9226 (640x480)駐車場は、車がほとんどありません。あんな土砂降りだったので当然ですね。
逆に、この人たちはなにをしているんだろうと思いました。


ただ、その疑問はすぐに解決しました。犬の散歩とかウォーキングをしている方たちでした。私と同じで、晴れてきたので、居ても立ってもいられず、出かけてきたのでしょうね。

「釣り堀」を越えて、次は古賀志林道の長い上りです。時には立ちこぎ、時にはジグザグと走りながら頂上を目指しました。


ふと今来た道を振り返ると、下の方から1台のロードレーサーが上ってきます。私も一生懸命走ったのですが、あっという間に追いつかれて、あっというまに見えなくなりました。

当然です。私は上りが苦手なうえに、重さ20kgを超える内装3段ギアのママチャリで、その方はいかにもクライマーで、おそらく7kg前後のロードレーサーです。その差は歴然としていました。

CIMG9229 (480x640)頂上に着きました。
ジャパンカップの「頂上」の案内板の前でカシャッ。



ここからは下りになります。路面が濡れているうえに、苔が生えているので、ゆっくりと下りました。

先ほど抜いていった方が上ってきました。ジャパンカップコースを周回しているのではなく、古賀志林道を往復しているようです。

CIMG9230 (640x480)「レイクランドc.c.入口」から県道に出ると、道路は全く濡れていません。
まさか、この辺りだけ降っていなかったわけではないでしょうね。



田野町交差点を過ぎると、またまたきつい坂があります。ここは、私がたいぶ前にロードレーサーで上っていたら、ランニングしている方に抜かれた坂です。いやな思い出です。

「中坪」で、古賀志林道ですれ違った方とすれ違いました。

多気に向かう途中で、別な方が抜いていきました。ジャパンカップの1か月前なので、通常であれば、練習している方がたくさんいるでしょうが、今日の天気じゃしょうがないですね。2人しか会いませんでした。

家に着くころには、ちょうど3時ころだったのですが、一向に雨が降る様子がありません。もったいないので、さらに1時間くらい近所をぶらぶらしてから帰りました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック