竜巻だぁ~
会社の食堂でお昼を食べていたときのことですが、雨がだんだん強くなってきて、なんとなくその雨に見とれていたら、今度は風が強くなってきて、色んなものが宙を舞いだしました。

さらに風が強くなってきて、宙に舞っていたものがガラス窓に当たってきて、建物も風でガタガタ揺れだしました。だれかの「竜巻だぁ~」の叫びに、全員が立ち上がり、窓から離れたところに避難しました。

幸い窓ガラスは割れるずに大事に至らなかったですが、もし竜巻の移動速度が遅くて、もう少し強い風が吹き続けたら、窓ガラスは割れていたかも知れません。


看板が壊れた以外は特に被害はなかったですが、2階のまどから近所を見渡すと、屋根がめくれてしまった家や、かなり大きなトタンの塊が道路のわきに落ちてたり、その光景に驚かされました。

1時間もすると、空には取材ヘリが飛んでいるし、テレビ局からは電話で状況を聞かれるし、近所にはテレビカメラをもった取材の方がたくさん来ているし、改めて風が強かったことがわかりました。

矢板の方でも被害が出たということですが、自然災害を避ける手段はないのでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック