日光・鬼怒川紅葉サイクリング(鬼怒川温泉編)
昨日の続き

日光から鬼怒川温泉に行くには、一旦今市まで戻って121号線で行く方法が一般的かもしれませんが、そこまで戻るとだいぶ遠回りになってしまいます。

日光カントリークラブから、小百を通って、ウエスタン村近辺に出る道路があります。この道路が最短で、しかも車が少ないのですが、結構アップダウンがあるのが難点です。疲れた足にはかなり応えるのですが、この道路で行きました。

案の定、残り少ない体力を消耗してしまいましたが、鬼怒川温泉に着いたら足湯で疲れを癒すつもりなので、なんとか頑張りました。

CIMG8638.jpg途中に渡った大瀞橋から見た景色です。
向こうに、ライン下りを終えた船をボートで引っ張っているのが見えます。ここは流れがほとんどないので、ボートが必要なのですね。


CIMG8642.jpg鬼怒楯岩大吊橋から見た景色です。
11/3のブログに同じところから撮った写真がありますが、わずか2週間で紅葉がかなり進んだのが分かります。
あの時も、きれいな景色だと感激したのに、今回はさらに見事な景色になっていました。


CIMG8648.jpg楯岩橋からは、鬼怒川の旅館街が、まさに紅葉に囲まれているのが分かります。
これを見ると、このまま泊まってしまいたくなります。



CIMG8650.jpgそれは無理なので、せめて鬼怒川温泉駅の敷地内にある足湯で、30分くらいのんびりさせていただきました。
おかげで、だいぶ足の疲れがとれました。


きれいな紅葉で目の保養ができたので、そろそろ帰ることにしました。出かけたのが11時と遅かったので、あまりゆっくりしてしまうと、夕方になってしまいます。

帰りに武平まんじゅうのそばを通ったので、買って帰ることにしました。

店に着くと「本日は売りきれました」の張り紙が。
店に入って「少しでも良いのでありませんか?」と尋ねたところ、「形が悪いものしか残っていないので、家で食べるのであれば良いですよ」と、少しおまけして売っていただきました。

自転車でどこまで行ってきたのか聞かれたので、宇都宮から日光と鬼怒川温泉に行った帰りだと説明したら、どんな自転車なのか見せてほしいと、(ちょっと昔の)お姉さま3人が外に出てきました。5分くらい自転車の話をしてから帰りました。

今日一日、快晴で、穏やか天気の中でサイクリングができて、最高の一日でした。

本日の走行距離 93km
本日のルート ←クリックしてください

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック