トレック・マドン メンテナンス
昨日から今日にかけて、トレックのメンテナンスを行ないました。

CIMG7441.jpgスプロケットのトップギアを12丁から11丁に変更しました。


CIMG7435.jpgそれに伴い、チェーンリングのインナーを36丁から、純正の34丁に戻しました。


時速30km前後で巡行する場合、私は主にインナーを使用するのですが、コンパクトドライブの場合、スプロケットに余裕がなくなってしまいます。そのため、スプロケットやチェーンリングを替えて、少しでも余裕をとろうとしているのですが。

ノーマルクランクを使用すれば、インナーが39丁なので、30km台で走るにはちょうど良いのですが、峠が苦手な私には39丁は無理な話です。

CIMG7439.jpg先日、バッカスに付けたカーボンペダルとセラミックBBを、マドンに付け替えて様子を見てみます。

付けたり外したり、面倒のようですが、時間があるので。


次はケーブル類です。マドンは5年乗っていますが、リアのシフトケーブルを1回交換しただけで、フロントのシフトケーブルとブレーキケーブルは一度も交換していませんでした。

サイクルショップにいって、それぞれのケーブルを一式購入してきました。ケーブルカッターは、3~4年前に買ったものがあります。

CIMG7432.jpgシフトケーブルのアウターが劣化していました。金属部が大きく飛び出ています。

インナーとアウターを交換したところ、変速が軽くスムーズになりました。


CIMG7434.jpgブレーキ側はインナーのさび付が目立ちます。アウターは丈夫なためか、それほど劣化しているようには見えません。

こちらもインナーとアウターを交換したところ、特にリア側が軽くなりました。


CIMG7428.jpgケーブルカッターが、使っている途中から切れ味が悪くなってきました。特にインナーをカットすると、ケーブルがバラけてしまいまい、使いもになりません。


これでは作業が進まないので、サイクルショップに買いに行きました。前回のケーブルカッターとは違うものにしたかったのですが、前回のものの半額程度のものがありました。安くて心配だったのですが、それに購入しました。実際使用した結果、問題なく切れています。

CIMG7436.jpgブレーキのアウターケーブルを交換するには、バーテープの交換も必要です。
バーテープも結構汚れていたので、タイミング的にはちょうど良かったです。

ハンドル周りがきれいになっただけで、自転車が新しく見えます。



マドンも喜んでいるように感じます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック