縁側の補修
最近、家のことや自分のことで、やらなければならないことが、やたらと目に付きます。でも、どこから手をつけて良いか迷っているだけで、なかなか実行できずにいます。

そんな中、今日は縁側の補修を行ないました。

CIMG7415.jpg京都にいた3年の間に、だいぶ塗装がはげてしまいました。
良く見ると、塗装がはげたせいで、木もかなり傷んでいます。


以前にも、この縁側を補修したことがあるのですが、そのときは金属にも使える普通の塗料を使いました。

今回は屋外木材専用の塗料で、防蟻、防腐、耐候性のある塗料です。前回使用した塗料は木材表面に塗り重なっていくものでしたが、今回のものは木にしみ込んでいくタイプので、思ったより量を使います。

2度塗りが必要な塗料なので、最後まで量が持つか心配になってしまいます。でも2度塗り目は1度目よりは木にしみこまなかったので、最終的には余ってしまうくらいでした。

CIMG7418.jpg塗り終わりました。
前回の塗料は木目も分からないくらいになりましたが、今回のものは木目もはっきり分かります。そのため、前回の塗装が残った部分が目立ちます。
そうと分かっていれば、もっときれいにはがしたのに。


まあ、いづれにしても、これでしばらくは大丈夫でしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック