心拍計
先週、何度か胸に違和感があったので、産業医の先生の診断を受けました。大きな病気ではないけど、安心するため検査することを勧められました。会社には検査設備がないので、開業医を紹介していただきました。

先週から、その病院で検査をしていただいています。その先生はじっくりと診てくれるし、その結果も丁寧に分かりやすく説明してくれます。まだいくつか検査は残っていますが、今までのところ大きな病気ではないようです。とりあえず良かったです。

今日は2種類の検査をしましたが、その一つが、エアロバイクを漕ぎながらの心電図です。先週は無負荷の心電図でしたが、今日は負荷をかけての心電図です。

まるでプロの選手が計器で測定しながら、トレーナの指示の通り漕いでいるようです。でも、それは科学的なトレーニングであって、私の場合は病気を見つけるのが目的です。えらい違いです。

エアロバイクのペダルを少しづつ重くして、心拍数上げていきます。でも、日ごろから自転車に乗っているため、そう簡単に心拍が上がりません。どうも心拍数90で落ち着いているようです。先生に目標心拍数を聞くと、私の年齢からすると最低でも150まで上げるらしいです。

私 「もう少し回転数を上げましょうか」
先生「じゃぁ、思うようにやってください」

回転を上げて、しばらく漕ぎ続けました。思ったとおり、いや思った以上に心拍が上がってくました。なんと220まで上がったそうです。それでも心電図はきれいな波形で問題ないとのことです。

もう一つの検査で、ちょっと見つかったものがありましたが、今のところ深刻なものではなさそうです。でも、サイクリングでは心拍数を抑えた方が良いとのことです。心拍を上げるより抑える方が難しいです。ほどほどってところで良いのかな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック