きんし丼
京都に来て2年ちょっとになりますが、昨日3度目の外食をしてしまいました。

今までの2度は外食と言ってもラーメンですが、今回はちょっと奮発しちゃいました。

六角通りにある「京極かねよ」で「きんし丼」を食べてきました。会社で同僚と話をしていたときに、この「きんし丼」の話がでました。その話を聞いてから、食べたくて仕方がありませんでした。

そして、昨日やっと食べに行くことができました。きんし丼は初めてなので、昨日はまず、きんし丼の並と肝吸いを注文しました。並と上の違いはうなぎの量です。ちなみに値段は並が1600円、上が2300円で、肝吸いが350円です。

CIMG5580.jpg「京極かねよ」です。
場所は、三条通から一本南にある六角通り沿いで、京極通りから東に入ってところです。家からはママちゃりで20分くらいです。


CIMG5578.jpgこれが「きんし丼」です。たまごはだし汁で味付けがしてあり、たまごの下にうなぎがあって、ごはんもタレで味付けしています。


ほとんどのお客さんも「きんし丼」と「肝吸い」を頼んでいました。やっぱり、これがこの店の名物のようです。とてもおいしかったです。今度は「上」が食べたいな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック