塩原温泉~日塩道路~鬼怒川温泉 (その1 塩原温泉編)
今日は年休です。昨日の夜、宇都宮に帰ってきました。

先週の土日は台風のため雨だったので、ロードバイクは2週間ぶりになります。たかだか2週間ぶりなのに、ペダルが重く感じました。

今日は長距離の上、ヒルクライムです。ちょっと不安になりました。今日のコースは、自宅から塩原温泉⇒日塩道路(有料)⇒鬼怒川温泉と走ります。距離は約130kmで、標高は1300m弱です。私の赴任先の京都には、1000mを越える山はないので、栃木に帰らないとこんなヒルクライムはできません。

今日の天気は、梅雨の中休みのような晴天です。まずは塩原温泉に向かいましたが、塩原まで周りはほとんど田んぼか林でした。

CIMG5351.jpg塩原の道の駅です。家から50km弱です。
ここで、ちょっと休憩をとりました。ここのお店で買った、ドーナッツのようなパンでエネルギー補給です。

ここから温泉街までは山を上っていきます。


CIMG5353.jpgこんな新緑の中を走ります。
塩原といえば紅葉ですが、新緑もまた良いものです。


CIMG5359.jpg塩原渓谷です。
道路の周りの木が邪魔していて、景色が良いところはほとんど見ることができません。たまたま、木がないところがありましたので、そこからの景色です。


CIMG5367.jpgつり橋がありました。七ツ岩吊橋と書いてあります。
吊橋というと、川がかなり下にあるというイメージですが、ここの川はすぐ下にあります。


塩原の街中の道路を走っていたのですが、地元の方に呼び止められました。この先は工事中で通れないこと、さらに抜け道も教えていただきました。

その方が言うのに、その道はだいぶ急な坂なので、自転車では無理かも知れないということだったのですが、なんとか上りきりました。

CIMG5368.jpg高いところにある道路なので、塩原の温泉街が見下ろせます。

CIMG5370.jpgここからは日塩道路に向かいます。
それにしてもきついアップダウンがいくつも続く道路です。この道路を走るのに、アウタートップからインナーローまですべて使いました。


CIMG5372.jpg途中に塩原八幡宮があって、その中に逆(さかさ)杉がありました。
樹齢1500年の杉です。枝が下に向いていることから逆杉と言われたそうです。



次回に続く
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック