言っちゃいました
二人以上でサイクリングするときは、安全に走行するため、先頭の人が後ろの人に対して手で合図をします。止まるとき、曲がるとき、障害物があるときなど合図が決まっています。おそらく全国共通です。

そして、その後ろの人はそれを見て、さらに後ろの方に同じように合図をします。合図をしなくても良いのは最後の人くらいでしょうか。

先週、eibuさんと奈良にサイクリングに行ったときのことです。私が案内役なので、前を走って、いつものように合図をしていました。二人のときだって、合図は必要です。後ろの人は前方の道路の状況が分からないので、合図がないと、とっさの対応ができないからです。

特に危険そうな場合は、手信号の他に大声で叫びます。先日も、コーナーに砂利が浮いていたので、そこを指差して「ジャリ~」と大声で叫んだり、ガラスの破片があれば、同様に「ガラス~」と叫びました。

ところが、とんでもないものが落ちてました。犬のウ○コです。悩みました。叫ぶかどうか。

でも、eibuさんが踏んじゃってもかわいそうだし。ロードレーサーは家の中にしまうものなので。また、何年か前にsinbellさんが踏んでしまったことがあって、いつまでも気にしていたことを思い出しました。

短い時間でしたが、だいぶ考えた気がします。そして、考えた末、叫ぶことにしました。

「ウ○コ~」

言っちゃいました。指差しながら大きい声で。恥ずかしかったです。

そしたらeibuさん、感謝するどころか、笑ってます。

「ウ○コって、あはははは」

その後、しばらく言ったことを後悔しながら走りました。もう、これからは教えてやらないからね。思い切り踏んじゃえば~。

スポンサーサイト
コメント
コメント
どーもでした
犬のウ○コは2回くらい踏んだことあります。鬼怒川サイクルロードで。しかもタイヤ新品時にです。桂川サイクルロードも犬の散歩してる人が多いから要注意です
2011/05/26(木) 23:57:48 | URL | eibu #- [ 編集 ]
そうでしたか
eibさん
しばらくはガイド兼アシスト役に徹しますので、安心して体力を戻してくださいね。
2011/05/27(金) 06:59:09 | URL | ken #a2H6GHBU [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック