益子
今日は焼き物の町「益子」に行ってきました。もちろん自転車で。家から益子までは40km弱です。

今、益子では陶器市が行われています。陶器市は春と秋に、年2回おこなわれます。陶器に興味があるわけではありませんが、あの人がにぎわう雰囲気が好きです。

CIMG5190.jpg益子に行くには、どのルートで行くにしても、この鬼怒川を渡ります。
宇都宮に勤務していたときも、毎日この鬼怒川を渡っていました。


CIMG5191.jpg五行川サイクリングロードです。
この川は、茨城県で小貝川に合流します。


益子に入りました。益子も、先日の大地震では、被害が多かった町です。

あちこちの屋根にブルーシートが被っています。瓦が落ちたためです。真新しい塀が倒れているところがあります。小型クレーン車でお墓の修理をしているところもありました。

CIMG5201.jpg益子のメイン通りです。益子焼のお店が並んでいます。
人通りも結構多いので、安心しました。でも、平年よりは少ないのではないでしょうか。


CIMG5200.jpg道沿いや空き地のいたるところに、臨時の販売店が出店しています。


CIMG5202.jpg益子駅です。何度も益子には来ていますが、このように駅を見たのは初めてです。



益子に行くときも向かい風でしたが、帰りも向かい風です。風向きが変わったのか、場所によって違うのか分かりませんが、結構、私は行きも帰りも向かい風というパターンが多いです。

帰り道に信号待ちをしていると、二人の競輪選手がきました。ストライプの色からA級の選手です。
信号が青になると、その二人が先に走っていきました。競輪選手と一緒に走れることなんてまずありません。せっかくなので後ろに付かせていただきました。

まず、後ろに付いて感じたのが、とても走りやすいです。スピードに全くムラがないため、安心して近づけます。と言っても、知らない方なので、余り近づきはしませんが。

自転車がピストというためではないと思います。ペダリングスキルが高いのだと思います。

二人でローテンションしながら、速度45kmで巡航しています。後の選手が前に出るときも、一気にダッシュするわけでもなく、でもゆっくりでもなく、スーッとスピードを上げて前に着いたら45kmを維持します。

素晴らしいです。こんなメリハリのあるスムーズなローテーションは、とても勉強になりました。

本日の走行距離 76.2km
本日のルート ←クリックしてください
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック