グリップ交換
クロスバイクのグリップが減っったので、新しいグリップに交換しました。

CIMG4354a.jpgグリップが完全になくなっている部分があります。特に右側が極端に減っています。右のほうが、ギアチェンジを頻繁にするためでしょうか。それとも、荷重のかけ方が偏っているのでしょうか。


CIMG4356a.jpg新しいグリップです。エンドバー一体型です。
圧入タイプなので、最初はハンドルに差し込むのに苦労しました。


以前にゴルフクラブのグリップ交換をしたときに、ガソリンでグリップ内側をよく濡らしてから差し込むと、すんなりと入ったことを思い出しました。

今回は手元にガソリンがないので、パーツクリーナを使いました。

グリップの片方の穴を手でふさいで、パーツクリーナをたっぷり吹き込んだ後、もう片方の穴も手でふさいで、良く振って、均等に濡れたと思ったところで一気に差し込みます。すると、すんなり入ります。すぐ乾くわけではないので、グリップの位置合わせもできます。

位置が決まったら、そのままほっとけば揮発して固定します。完璧に仕上がりました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック