抹茶生チョコレート
今日は、本来ならばN村さんと紀伊半島方面へドライブの予定でした。例によって、N村さん釣り場の下見、私は観光です。

でも、おととい辺りからセキがでます。風邪ではないのですが、車の中でセキばかりしているとN村さんに申し訳ないので、今回は私が遠慮させていただきました。N村さん、一人で行ったのかな。

で、私はというと、9時になって、まず近所の耳鼻科に行って鼻づまりとセキの薬をもらってきました。そのあと午前中は、家でのんびり(うだうだではありません)していました。

そして、午後になって行動開始です。行き先は宇治で、目的は抹茶チョコレートです。以前に、娘に頼まれたことがあったのですが、京都駅にあるお土産屋さんでは見つけることができませんでした。変わりに、抹茶プリンを買っていったのですが、娘の反応はもう一つでした。

その後になって、会社の同僚から宇治に「伊藤久右衛門」と「中村藤吉」という抹茶のお店があり、そこに抹茶チョコレートが置いてあると聞きました。とくに中村藤吉は京都駅にもあるようです。

今日買っておいて、宇都宮への帰省のときに持って帰るつもりです。というわけで、今日はサイクリングがてら、宇治に行ったと言うわけです。往復40km弱なので、ママちゃりではちょっと遠くて、クロスバイクではちょっと近いです。ということで、折りたたみ自転車のBD-1で行きました。

北風が強かったので、南に向かう宇治までは結構楽でした。その分、帰りが心配でした。今回は、伊東久右衛門で区ことにしました。伊藤久衛門は、宇治に、本店と平等院店があります。

CIMG4294a.jpgまずは、平等院店に行きました。
店内で抹茶チョコレートを探したのですが、どこにもありません。もう売り切れちゃったのかな。
店の人に聞いてみました。そしたら、抹茶チョコレートは本店のみの取扱商品だそうです。


本店に向かいます。

CIMG4296a.jpg本店は、この宇治橋を渡って、500m先にあります。


CIMG4295a.jpgここが本店です。こちらは駐車場もあります。
さっそく中に入りました。平等院店もそうでしたが、こちらも女性客が多いです。
ちょっとだけですが、どこにあるのか分からなかったので、面倒なので店の人に聞いちゃいました。


ありました。
抹茶チョコレートではなく、抹茶「生」チョコレートでした。この「生」が、このあと悩むことになります。

抹茶生チョコレートは、20個入りで1050円でした。
会計のときに聞かれました。生チョコのため保冷が必要なのですが、2時間分の保冷材がついています。それで大丈夫ですかと。

ここから家までは20km弱なので、いくら折りたたみ自転車でも2時間はかかりません。まったく問題はありませんと答えました。しかも、冷蔵庫に入れておけば、30日間ももつそうです。帰省するのは28日の夜なので、これも問題ありません。

目的は済んだので、家の戻ることにしました。案の定、帰りは向かい風なのでペダルが重いです。しかも、北風のせいか、風が冷たくてとても寒いです。なんか、帰り道はとても長く感じました。クロスバイクであれば少しは楽だったろうにと、後悔しながら走っていました。

と、そのときフッと、さらにいやなことが頭を横切りました。これは娘へのお土産です。今日は家までは問題ないのですが、帰省時が問題です。帰省は、会社に出勤した後、その足で帰ります。ということは、会社に10時間近くも置いておいて、それから家まで5時間です。

とても保冷材がもちません。次の日に帰れば良いのですが、まさかチョコレートのために半日ずらすのも考え物です。もう、自分で食べるしかないとまで考えました。走りながら、いろいろ手立てを考えていたら、クール宅急便があることを思い付きました。

さっそく家に帰って調べてみると、やっぱりクール宅急便がありました。冷蔵も冷凍も可能です。で、料金はと言うとなんと1050円です。送るチョコレートと同じ金額です。何か悔しいですが、抹茶があまり好きでない私が食べる方が、もっともったいないです。

結局、宅急便に自宅まで取りに来てもらい、無事送ることができました。なんか、体力も頭もとても疲れた1日でした。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック