大阪城
今日は自転車で心斎橋と大阪城に行ってきました。
心斎橋はキャノンデールのアルミフレームCAAD10の試乗、大阪城は紅葉を見るためです。

行きは油小路通経由で淀川サイクリングロードで、大阪に向かいました。

CIMG3818.jpg淀川サイクリングロードは、サイクリングロードの中で、唯一好きな道です。
サイクリングロードというと、川の土手の上を走るが一般的です。土手の上は、風の強い日だと、まともに風を受けてしまいます。その点、この淀川サイクリングロードは河川敷なので、まだましです。


CIMG3817.jpg後ろを振り返ると、天王山があります。
山崎の戦で、秀吉が明智光秀より先に、この山を制したのが勝ちに結びついたと言われています。


CIMG3820.jpg枚方にきました。
この辺は、公園や野球場が充実しています。


CIMG3822.jpg枚方まではロードバイクが多かったのですが、枚方を過ぎるとほとんど見なくなりました。
その理由はいくつか考えられますが、その一つがこの路面です。あきらかに悪いです。しかも、小砂利が浮いています。もう一つの理由は、車止めが頻繁にあることです。

あまりにも走りにくいので、私も一般道に出ることにしました。


CIMG3824.jpg一般道に出る直前に、以前にドラマで見たことがある橋がありました。
どこにある橋かと思っていたら、こんなところ(旭区)にあったとは。
線路がJR城東貨物線、歩道が赤川仮橋です。


CIMG3827.jpg土佐堀川です。
このすぐ上流が大川で、下流が安冶川です。
ここまできたら心斎橋はもうすぐです。


ちょっと道を迷いましたが、なんとかキャノンデールに着きました。
さっそく、CAAD10の試乗を申し込みんだところ、店員さんは、快く対応してくれました。
好きなコースを30分くらい走っても良いそうです。走り出す前に、サドル高も私に会うまで、何回か調整してくれました。皆さん、いい人ばかりです。

CIMG3829.jpgで、さっそく試乗です。といっても、私はどの自転車の乗っても、あまり違いがわかりませんが。何か違うという程度しか。
まず、持ち上げてみました。すごく軽いです。これは私にも分かります。何の軽量化もしていない私のマドンより軽いかも。


直進性は安定しています。私はバランスの取れた乗り方が苦手で、ときどきふらつきます。CAAD10はそんな私でも、安定感を感じました。

振動吸収性は私には分かりません。マドンとラレーの振動の違いも分からないのですから。

加速や巡航性は良いのは分かるのですが、フィーリング的に私には会いませんでした。どうも私には、今乗っている総アルミのラレーがあっているようです。やっぱり、最初に乗った自転車が一番良いのでしょうか。当時、完成車で6万円ちょっとのものです。その後、パーツは載せ替えていますが、フレーム、フロントフォーク、ハンドル、ブレーキはそのままです。

マドンも、最初は私に合いませんでした。慣れるまで1年かかりました。

今乗っているラレーがもう少し軽くて、ドロップハンドルが付けられれば、言うことないのに。

CIMG3830.jpg試乗を終えて、その後、大阪城に行きました。
写真のように完全に紅葉している木もあれば、まだ緑のままの木もあります。


CIMG3836.jpg黄色もきれいですが、赤もやっぱり良いです。


CIMG3838.jpg天守閣の前に、太閤おろしの滝と銘打った、花で飾り付けたものがありました。


CIMG3842.jpg私は、このポイントから見る大阪城が一番好きです。でも、ほとんどの観光客はそばまで来ているのに、ここまでは来ません。


CIMG3845.jpg上から見下ろした西の丸庭園です。ここはほとんど紅葉していました。


CIMG3851.jpg帰りは枚方までは一般道で帰りました。
道路が分からないのでナビの登場です。でも、ナビの取り付け部品はBD-1に付けてしまったので、ラレーのときはこのように手で持っています。



大阪城から家までの約50kmは休憩なしで帰りました。ペース配分ができるようになってきました。

本日の走行距離 102km
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック