逢坂峠~神明峠
今日は、久しぶりに早起きができたので、7時に出発です。
一人です。
ルートは洛西から、逢坂峠経由で亀岡に向かい、そこから神明峠を通って帰ります。どちらの峠も、標高差は約400mあります。

CIMG2976.jpgそろそろ山に入ります。


CIMG2977.jpg道路はこんな感じです。
決して広くはありません。車2台がすれ違うのは大変です。


CIMG2980.jpg後半の方が、坂が急です。
坂が急なところは、路面に滑り止めの模様があります。


CIMG2981.jpg途中に見晴らしが良いところがありました。今日は、かすんでいて全く見えません。
手前に見えるのが、大きな建物がたくさんあるので、洛西ニュータウンだと思います。その向こうが京都の町並みで、地図からすると、見通しがよければ正面には比叡山が見えるはずです。


CIMG2983.jpg逢坂峠です。
この峠は、大阪との府境に近い京都側にありますが、京都と滋賀の県境の、国道1号線にも「逢坂峠」があるようです。


CIMG2985.jpg大阪府に入りました。
おそらく、私の家から行ける、一番近い大阪でしょう。


CIMG2988.jpg亀岡に近づくまで、こんな景色が続きます。
下りなのでスピードが出ます。このときも、40km後半だったので、景色がぶれています。


CIMG2989.jpg亀岡の市街地を通り抜けたところです。
今度は、向こうに見える山を上ります。


CIMG2991.jpg「水鳥の道」沿いにある「中池」です。
この池は、直径1m以上もあるオニバスで有名なのに、1つもありません。
去年来たときは、池全面がオニバスでうめつくされていたのに。

CIMG2994.jpg477号線です。ここから、さらに標高にして350m上ります。


CIMG2995.jpgやっと頂上に着きました。
いつもは反対側から上ってきたのですが、てっきりここが頂上だと思っていました。でも、今日のルートで走ると、さらに登りが続き、頂上はもっと京都寄りでした。


人間の感覚って面白いです。下りの時は、下りと気づかないときがあります。でも、上りの時は ほぼわかります。
通常と逆のルートで走ったときに、よく経験します。

CIMG2999.jpgJR保津峡駅はこの道沿いではなく、少しわきにそれます。そこに行くときに渡る橋です。


CIMG2998.jpg向こうに見えるのが、保津峡駅です。


CIMG3000.jpgさきほどの道に戻り、しばらくすると、ちょうど4隻のゴムボートが川下りをやっていました。
みごと急流をクリアしました。


CIMG3006.jpgすぐあとから、2隻の屋形船がきました。保津川下りの船です。こちらはプロなので、大きな船でも、なんなくクリアです。


CIMG3016.jpgさらに下流で景色を見ながら休んでいると、先ほどの2隻の屋形船がきました。
私の方が早かったようです。


嵐山経由で帰りましたが、今日はソフトクリームを我慢しました。おなかが気になるので、たまには節制しないと。

本日の走行距離 72km
本日のルート ←クリックしてください
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック