貴船神社&芹生峠
昨日知り合った3人の方が言っていました。芹生峠(せりょうとうげ)が上れれば、京都のどの坂も上れるだろうと。百井峠、花背峠もきついけど、この坂はもっときついということです。

昨日の疲れも残っていますが、興味があるの行ってきました。

芹生峠は貴船神社を超えていくので、せっかくなので貴船神社にも行ってきました。

CIMG2897.jpgこのY字路を右に1km位行くと鞍馬寺山門で、左に1.5km行くと貴船神社です。
左に曲がって、赤い橋を渡ります。


CIMG2899.jpg貴船口駅です。この次が、終点鞍馬駅です。


CIMG2901.jpg貴船は、鞍馬のような町並みはありません。このような、食事処が並んでいます。


CIMG2903a.jpg貴船神社に到着しました。
この鳥居をくぐると、ちょっと長めの石段があって、その上に神社があります。


CIMG2903b.jpgやっと境内に着きました。


CIMG2903c.jpg貴船神社です。ゆかたを着た女性が何人かいます。


CIMG2903d.jpg神社の反対側には、見晴らし台があります。
ここに座ると、気持ちが落ちついて、ずーと座っていたくなります。


CIMG2904.jpg貴船神社を出て、少し走ると、竹で目隠ししたところがありました。


CIMG2905.jpg中を覗いてみると、川のすぐ上に床がつくられています。

ところで、この「床」の呼び方ですが、鴨川は「ゆか」とよび、貴船では「とこ」と呼びます。


CIMG2906.jpgこれは、奥宮の鳥居です。


CIMG2910.jpg鳥居をくぐると、砂利道の長い参道があります。
すぐ横には一般道があるのですが、あえて参道を自転車を押して歩きました。


CIMG2911.jpg奥宮です。ちょっと中を散歩しました。


CIMG2914.jpg神社も見たし、さっそく芹生峠に向かいます。

言われるように、坂はきついです。百井峠のようなつづら折りが少ないです。しばらくまっすぐ上っては、折り返して、しばらくまっすぐ上ると言う感じです。このようにひたすら上るというのは、足を休める場所がなく、疲れます。


CIMG2915.jpg途中の道端に、山の水が流れ出している場所がありました。この管が1本あるだけなので、ぜんぜん目立ちません。素通りしてしまいます。

ちょっと止まって水に触れてみました。かなり冷たいです。首筋にかけたり、顔を洗ったりしましたが、本当に冷たくて気持ちが良かったです。何も書いてないので、飲むのは止めました。


CIMG2915b.jpgさらに上に行くと見通しの良いところがありました。
ほとんど、木々に囲まれているので、見晴らしが悪いのですが、やっと見通しが良いところがありました。


CIMG2916.jpgやっと芹生峠に到着です。
かなり長く感じました。途中の道は狭く、車が来ると、自転車を降りて道のわきにどかなくてはならないところもありました。


CIMG2917.jpg本当に芹生峠なのか不安だったので、その証をさがしました。
ちゃんと看板がありました。間違いありませんでした。

この先に行くと木陰がなくなるので、今来た道を引き返しました。
下りは、涼しくて気持ちが良かったです。でもあっというまに、貴船神社まで下りてしまいました。


CIMG2931.jpgそこのあった自販機で買った「バナナオーレ」です。ちゃんとバナナの味がしますが、果汁1%と書いてありました。
でも150kカロリーなので、補助食代わりになりました。


山を下りて、町に出たとたんに猛暑です。やっぱりこの時期は、上りはあまり好きではないけど、山に限ります。

本日の走行距離 45km (ラレーでは、いまだかつてない短距離です)

今日のルート ←クリックしてください
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック