映画「告白」
昨日(土曜日)は、午前中のうちにサイクリングを済ませて、午後は久しぶりに妻と映画「告白」を観に行きました。

前回に2人で行ったのは、昨年の織田裕二主演「アマルフィ 女神の報酬」です。私はてっきり「ホワイトアウト」とばかり思っていました。昨日、映画館で妻にその話を言うと、私の勘違いだったようです。「ホワイトアウト」はビデオで観たとのことでした。

「告白」は松たかこ主演の映画ですが、とても考えさせられる映画でした。また、ちょっと衝撃的な場面もあります。観る前は、なんで「R15指定」なのかなと思っていましたが、ちょっと納得です。

ここでは内容については述べませんが、エンディングの字幕スーパで、出演者やスタッフの紹介と一緒に、やたらと栃木県の学校や施設の名前が目立ちました。調べてみたら、クライマックスの卒業式のシーンは芳賀高の廃校で行なったようです。エキストラも数百人規模で募集したようでした。

今度、また一緒に行きましょう。できれば娘と3人で。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック