ツアー・オブ・ジャパン  堺ステージ
今日からツアー・オブ・ジャパン始まりました。23日までに7ステージ行ないます。
今日は初日で、堺ステージです。私のところから電車で約1時間20分なので、見に行きました。この堺ステージは、去年から場所を変更し、大仙公園になりました。

CIMG2139.jpgこの駅はJR百舌鳥駅です。
ここから、会場の大仙公園までは約5分くらいです。


CIMG2140.jpg大仙公園のすぐ南側に仁徳陵があります。この林の向こう側です。


CIMG2143.jpg大仙公園に着きました。


CIMG2141.jpg堺ステージは、この大仙公園の周りを走ります。
午前中はこの周りを15周走るロードレースで、午後は1周の個人タイムトライアルです。


ちょっと分かりにくいですが、前者が堺国際ロードレース(ワンデイレース)で、後者がツアー・オブ・ジャパンの1stステージです。出場メンバーはほぼ一緒だと思います。

CIMG2146.jpgレースが始まる前に、いろいろな催しを行なっています。
一輪車クラブの子供たちが、音楽に合わせて踊っていました。


自転車関係の会社の出展はあまりありません。シマノ、インターマックス、パナソニックくらいだったでしょうか。

CIMG2147.jpgシマノのブースです。TT用の電動デュラエースです。かっこいいですね。一度、乗ってみたいです。


CIMG2154.jpgインターマックスのブースです。まだ、展示前だったので、こんな感じで置かれていました。
沼○さんが注文したカルマです。本当にかっこいいです。コストパフォ-マンスはロードレーサーの中でトップクラスでしょう。


CIMG2152.jpgこちらはカルトです。カルマと良く似ています。

実は私もクォータの自転車が一番気になります。ちなみにブリッツェンはケベルを使用しています。


CIMG2156.jpgいよいよスタートの時間になりました。
これから1周2.7kmを15周します。

CIMG2177.jpg最初の頃は、まだ一つの集団でした。
私はずーと同じ場所だったので詳しくは分かりませんが、縦に長い集団なので、アタックしては吸収される繰り返しだったのではないでしょうか。


CIMG2181.jpg何周か目にやっとアタックが成功したようです。4人が飛び出して、後続と距離があきました。シマノの鈴木真理選手、マトリクスの山下選手、デローザとラファの選手です。

1周が3分ちょっとなので、早すぎて今が何周目なのか全く分かりません。


CIMG2182.jpg後続も必死に追っています。1周でこれだけ離れてしまったのは、よっぽどアタックのタイミングが良かったのでしょうか。


最終的に、結局あの4人が逃げ切りました。そのときは誰が優勝したかは分かりませんでしたが、あとで鈴木選手と知りました。

CIMG2196.jpgお昼になったので、買っておいたおにぎりを食べました。森の中はとても涼しくて、気持ちよかったです。


CIMG2286.jpgさて、午後になり個人TTが始まりました。一人一人時間をあけてスタートします。

今回は、自転車はTT用ではなくロードバイクと決められていました、ヘルメットはTT用でも良いということです。ブリツェンからは6名が出場しました。


CIMG2287.jpgブリツェンは、エアロホイールをみんなで使いあっていました。予算の関係でしょうか。少ない予算で皆さん本当にがんばってくれています。応援しましょう。

結果は、ブリツェンの最高は小坂光選手が44位でした。


優勝はオーストラリアの選手、2位が香港の選手、3位が愛三の盛選手でした。
トップのタイムが3分14秒で2.655kmを走ったので、平均時速が約49kmです。あれだけたくさんのコーナがあったのに。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック