FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堅田の浮御堂
数日前までは、足がとても攣りやすかったです。ちょっとしたことでも攣ってしまい、夜寝ているときにも、突然に攣るときもありました。そんなことが2週間続きました。

最近は攣ることはなくなったのですが、今度は左足がしびれやすくなりました。じっと立っていたり、ゆっくり歩いていると、左ふとももあたりがしびれてきますます。それ以外のときは、大丈夫です。歩きでも早歩きなら大丈夫だし、自転車に乗っていても大丈夫です。

そんなわけで、今日は自宅でじっとしていようかとも思ったのですが、じっとしていても直るとも思えないので出かけることにしました。

今日はあまり遠くまで行かずに、片道30kmの範囲にしました。地図で、なるべく行ったことのない所を探してみると、ちょうど良いところがありました。琵琶湖湖畔で近江八景の一つである、堅田の浮御堂(うきみどう)です。琵琶湖に浮かぶ仏堂です。

堅田は琵琶湖の西湖畔で、大津から北へ約14km行ったところです。

CIMG2041.jpg浜大津で信号待ちをしていると、路面電車が来ました。
京阪電車ですが、場所によって線路を走ったり、路面電車になったりします。


CIMG2042.jpg途中、びわ湖畔に向かって鳥居が建っていたので、ちょっと記念写真を撮りました。


CIMG2046.jpg浮御堂に着きました。予定通りほぼ30kmでした。
この門は、山門と言って登録文化財です。


CIMG2056.jpgこれが浮御堂です。やはり登録文化財です。
17mの石橋の先に、琵琶湖に浮かぶように佇んでいます。平安時代に、湖上安全を祈願して建立されました。
この建物は昭和12年に再建されたとのことです。


CIMG2054.jpg石橋の横に芭蕉の句碑がありました。
「鎖(じょう)開けて 月さし入れよ 浮御堂」
元禄4年に、お月見の宴で詠まれた句です。


CIMG2060.jpg駐車場はあったのですが、駐輪場がなかったので、山門の横で待っていてもらいました。


琵琶湖までは、来るときはづーと国道1号線で来たのですが、東山トンネル付近があまり好きではないので、帰りはちょっと遠回りですが三条通りで帰りました。
天気が良くて、Tシャツ一枚で十分でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。