初心者マーク
 久しぶりに初心者の車に乗りました。初心者の運転する車に乗るのは、30年ぶりくらいででしょうか。当時は、周りの友達がみんな免許を取る年齢なので、当たり前のことでした。

 今回の初心者は娘です。夏休みに免許を取ってから、運転するのはおそらく3、4回目くらいではないでしょうか。妻が横に乗って、近所への買い物だそうです。

 でも、今回は妻の実家までなので、4~50kmはあります。娘にとっては、初の遠乗りです。助手席には妻が座り、私は愛犬のポメを抱いて後ろに座りました。実は、私の方がちょっと緊張していました。

 いざ出発です。とうとう走り出しました。家の駐車場を出て、狭いですが、公道に出ます。「あれ、なんか上手」と思いましたが、まだ分かりません。今度は、広い道路にでます。その前に、直前で一時停止です。止まり方もスムーズです。アクセルワークもブレーキングも上出来です。長年乗っている人だって、もっと下手な人もいます。

 その後、環状線や4号線を走りましたが、ほぼ合格点でした。考えてみたのですが、おそらく今の子たちは、産まれたときから車に乗せてもらっているので、走り方の感覚を体で覚えているのかもしれません。私なんか、家に車がなかったので、自分が免許を取るまで、あまり車に乗せてもらっていませんでした。

あと課題は、車庫入れですね。こればかりは、経験が必要です。私なんか、未だに縦列駐車が上手くできませんから。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック