山登りの筋肉と自転車の筋肉
 相変わらずの筋肉痛。日曜日の山登りの筋肉痛が、未だに治まりません。3時間しか歩いていないのに、3日も続くなんて。

 ところで、山登りで使う筋肉と、自転車で使う筋肉が違うとことはご存知ですか? 実は去年のことですが、山登りに行った次の日が、とんでもないくらいの筋肉痛でした。平らなところも歩けないくらいの。
そんな状態でサイクリングに行ったのですが、不思議なくらい、先ほどの痛みが感じません。ダンシング時に、多少痛むくらいです。直ってしまったのかと思って、自転車を降りて歩いてみると、やっぱりかなりの筋肉痛です。不思議だな。

 で、今日も実験開始。夜も遅いので外は走れないので、ローラー台で行ないます。まず、軽い負荷から開始。全く痛くありません。徐々に負荷を強くしていき、それでも痛くならないので、面倒なのでMAXまでもっていきました。ギアもトップです。引き足を強くしたり、ダンシングしてみたのですが全く痛みません。やっぱり、使う筋肉は違うのです。というか、私の感じでは、筋肉が違うのではなく、同じ筋肉なんですが、働き方が違うというイメージです。

 ということは、それぞれの運動は相乗効果はないのかな。どうせなら、それぞれの運動が関連して、強くなればいいのになぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック