琵琶湖
今日は予定通り、一旦南下してから、大回りして琵琶湖に北上します。走行距離は、予定通りであれば75km程度です。

CIMG0174a.jpg 307号線との交差点です。ここまでは、先週と同じ奈良に向かう道路でした。このまままっすぐ行けば、10kmちょっとで奈良に入ります。


CIMG0175a.jpg この交差点を右折すれば、約5km程度で大阪の枚方市に入ります。思ったよりも近いのですね。


CIMG0176a.jpg 今日は左折して、滋賀に向かいます。


CIMG0177a.jpg どうも国道307号線は、一部府道783号線とオーバーラップしているようです。
 道路は良いのですが、トラックが多すぎます。でも、道路が狭いときでも、みんなクラクションなど鳴らさずに、私の後をゆっくりと走ってくれました。その度に、トラックに対して、手を上げてお礼をいいました。


CIMG0178a.jpg 国道307号線から、左折して瀬田川沿いを走る予定でした。このあたりは山に囲まれているため、川沿いを走ればアップダウンが少ないのではないかと判断したからです。
 でも、今回も道路を間違えたようです。今回は、先週のようなロスはしたくないので、早めに通行人に琵琶湖までの道路を尋ねたのですが。
 結果的には琵琶湖まで行く道路なのですが、川沿いではなく峠越えでした。どうも、道を尋ねた時点で、すでに道を間違えていたようです。教えてくれた方は、その地点を基準に教えてくれたのでした。当然ですよね。
 走ってきた道を振り返ってみました。一番奥の方に見える山を越えてきました。坂道さえ除けば、道路は良いし、自然に囲まれているし、車は少ないし最高です。でも、こんなとこ走っている関東人なんて、私ぐらいでしょうね。

 
CIMG0180a.jpg これが瀬田川です。琵琶湖から流れ出している川です。この付近の人に聞いたところ、この下流にある大きな橋までが瀬田川で、そこから下流を宇治川と呼ぶそうです。


CIMG0181a.jpg 途中に駐車場が満車になっているところがありました。止まってみてみると「立木観音」と書いてありました。途中まで階段を上ったのですが、長そうなので止めました。だって、階段の上り口で、みんな屈伸運動をしてから上っているのです。
 でも、上らなくて良かったです。帰ってから調べてみると、階段は700段以上もあるとのことでした。


CIMG0184a.jpg どうやら琵琶湖に着いていたようです。あやふやな言い方をしたのは、どこまでが瀬田川で、どこからが琵琶湖だか分からなかったためです。
 ここを右折して、4~5km行くと草津です。今日は行きませんが、関東人が草津と聞くと、どうしても群馬県の温泉地を思い浮かべてしまいます。でも、こちらの草津は普通の町のようです。


CIMG0185a.jpg 石山寺です。京都の清水寺や奈良県の長谷寺と並ぶ、日本でも有数の観音霊場で、西国三十三箇所観音霊場第13番札所となっています。
 紫式部はここで「源氏物語」の想を練ったそうです。また、清少納言、和泉式部も石山寺のことを日記や随筆に記しるとのこと。由緒あるお寺なのですね。
 

CIMG0186a.jpg これも石山寺にあります。説明書きには「朗澄大徳(ろうちょうだいとく)ゆかりの庭園」と書いてありました。


CIMG0189a.jpg このようなサイクリングロードが湖畔にあります。


CIMG0190a.jpg さすがに琵琶湖は広いです。でも、水は中禅寺湖の方が断然きれいです。


 ここからは、国道1号線で帰るつもりでしたが、以前に来たときもそれで帰ったので、今日はちょっと遠回りですが、三条通りで帰りました。走行距離は、74.95kmです。偶然すぎますが、予定とドンピシャでした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック