喫煙席
 今日は岡山に出張でした。前回は在来線で行きましたが、今回はのぞみで行きました。
朝、京都駅に入るといつものようにホームで列車が来るのを待っていました。そして、2分前にハッと気付きました。今日はいつものホームじゃだめなのです。岡山に行くので、下りのホームなのです。急いで、下りのホーム側に行きました。完全な思い込みです。

 列車が着いて乗り込むと、なんかタバコくさいです。誰か禁煙を無視して吸っているのかと思ったら、なんと腕置きに灰皿が着いています。そうだった。のぞみの自由席は、3号車が喫煙席でした。いつもは指定席(禁煙席)なので、そんなことも忘れていました。でも、久しぶりに喫煙席に座りましたが、昔ほど車両が煙くありません。私がタバコを吸っていたときは、もう車両中がモクモクしていて、タバコを吸う私でさえ逃げだしたくなったほどです。換気もだいぶ良くなっているのですね。

 それでも後ろのほうで、おじいさんが「ゴホゴホ」とせきをしています。おそらく、私と同じように、知らずに座っちゃったのかな。そういえば、昔 喫煙席でタバコを吸っていたら、隣のおばさんに吸うなら他で吸ってくださいと言われたっけ。私は席を移動したけど、おそらく(いや絶対)次に座った人もタバコをすっただろうな。そのおばさん、また文句言ったのかな?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック