昨日のサイクリングで悲しい出来事4連発
昨日のサイクリングで悲しい出来事が連続して4回も発生しました。

【悲しい出来事その1】
 渡良瀬渓谷のサイクリングもほぼ無事に終わり、桐生の街に入った途端、何の虫かは分かりませんが、私の唇にくっつきました。そして、間髪を入れずに、チクッという痛みが走りました。まだ、スピードが出ているので急には止まれず、まずは手で取り除き、何者かを確認する余裕もなく、払い捨てました。
 やっと止まって、もしかすると蜂だったら針が残っている可能性があるので、手探りで唇の痛い部分を針を抜くように、何回か場所を変えて引っ張りました。蜂だったのか、そして針が抜けたかどうかは分かりません。
 ただ、間もなく唇が腫れてきました。

【悲しい出来事その2】
 とにかく、塗り薬を買うため、薬局を探ました。やっと、薬局が見つかり、薬剤師さんに説明しました。ところが、薬剤師さんから「刺された場所が唇なので、塗り薬が口に入る可能性がある場合は、医師の処方箋が必要なんです。申し訳ありませんが、お渡しすることはできません」と言われました。すぐそこに薬があるのに、買えないんです。
 近所に休日でも診療してくれる病院があるということで場所を教えていただきました。

【悲しい出来事その3】
 薬局を出て、病院に向かおうと自転車にまたがったら、ウエストバックからカメラが落ちました。そして「カンカンカ~ン」と転がっていきました。恐る恐る電源を入れてみたのですが、反応はまったくありませんでした。防水+耐衝撃のカメラなのに、壊れたようです。ガックリです。

【悲しいできごとその4】
 病院に着くと、いつもは持ち歩いている保険証を、今日に限って家に置いてきたことを思い出しました。財布から免許証だけ抜いて、小銭入れだけ持ってきたのです。あまり手持ちがないのと、腫れがさきほどよりは引いてきたので、診療を受けるのを諦めました。


今日(月曜日)の夕方になっても多少腫れが残っていたので、皮膚科に行って飲み薬と塗り薬をもらってきました。これで、もう大丈夫かな。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック