古賀志林道
今日は、ジャパンカップサイクルロードレースの前日に行われるオープンレースを見てきました。というより、雰囲気を味わってきました。

私は上りが不得意なので、このレースに参加している選手の方々全員を尊敬します。

DSC_0001 (640x479)これは男子のスタート直後ですが、出場者が多かったため2グループに分けられていました。


自転車(銀輪)で行ったので、会場に着いた時点では体が温まっていたのですが、曇りだったうえに、気温が15~16℃と低かったので、レースを見ているうちに体が冷えてきました。

私は長袖を2枚重ね着していたのにもかかわらず寒さを感じていたのですが、観客の中には半袖の方もいました。また、レースでは特に知っている選手がいなかったので、結果は全く気にしてなく誰が優勝したのかは知りません。

レースが終わってからは、銀輪で去年までのコースだった萩の道を走りました。そのまま、鶴カントリーに行こうと思っていたのですが、気が変わって射撃場方面に向かいました。

DSC_0003 (640x480)射撃場付近から、林道で、レースコースの古賀志林道の上り付近に向かいました。


DSC_0004 (640x480)前回ママチャリで来た時は、このつづら折りは押して上ったのですが、一見ママチャリ風の銀輪では難なく登れました。


ここで、同じ方向に歩いている2人の女性に出会いました。倉掛山を上ってきたのですが、まだ歩き足りないということで、この林道を探索しているとのこと。できれば、鶴カントリーから倉掛山に向かう登山道まで行きたいらしいのですが、あとどのくらいか距離を聞かれました。

私も、久しぶりな道だったので全然記憶がなく、おそらく1kmくらいかなと言って別れたのですが、なんのことはなく、次のカーブを曲がったらその登山道でした。私はあわてて戻って二人にそのことを伝えました。


DSC_0007 (640x480)古賀市林道上り近辺にある釣り堀まで来ました。
レースが終わったばかりで、まだ沿道の係員の方が残っていました。係員はバスが迎えに来るそうです。



DSC_0008 (640x480)林道途中にもまだ係員が何人か残っていたので、走りながら挨拶をしました。まるで私がレースに参加しているようです。


DSC_0011 (640x480)頂上に着きました。やっぱり、銀輪はすばらしい。
今度はSPDシューズで来てみよう。

ちょうど、バスがここにいた係員を乗せて下っていきました。



本日の走行距離 30km
   プラス 歩き  3km
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック