還暦の自分へのご褒美
遅まきながら、還暦を迎えた自分へのご褒美として、思い切ってSUPERSIX EVOのアップグレードをしました。

DSC_0003a.jpg【After】
ホイール:Bora One クリンチャー
タイヤ :GP4000SⅡ 25C
クランク:デュラエース FC-9000 52-38
チェーン:デュラエース 11速用
ペダル :SPD


DSC_0055 (640x480)【Before】
ホイール:デュラエース WH-9000-C35-CL
タイヤ :GP4000SⅡ 23C
クランク:アルテグラ FC-6750 50-34
チェーン:デュラエース 10速用
ペダル :SPD-SL



栃木市のブドウ団地まで走ってきました。
アップグレード後の第一印象は、全体的に剛性が増した感じです。これは、クランクとホイールの両方の効果でしょう。2年かかって、やっと柔らかさにも慣れたのですが、また慣れるまで時間が必要でしょう。ただ、硬い方向なのでそれほど時間はかからないと思いますが、それに対応できる体力が残っているかが心配です。

ディープリムの慣性の効果ですが、ある程度のスピードに達すればその効果が体験できる感じです。効果が出るスピードはホイールのリムハイトとか重量に関係するのでしょうが、私の感覚では、C35は時速30kmあたりから実感できましたが、BORA ONEは時速35kmくらいからと感じました。あくまでも力のない60歳のオヤジの感覚なのであしからず。

で、肝心のスピードですが、今日は104km走って、平均スピードは28kmでした。計測は家を出た直後から、家に帰るまでなので、ウォーミングアップ約30分、クールダウン約15分も含めています。

ほぼ、同じコースを2週間前にも走りましたが、その時の平均スピードは26.1kmでした。両日とも計測する目的で走っている訳ではないので、疲れればスピードを落として流しています。ただ今日は、「アップグレードしたので速くないと意味がない」という言葉が、終始、頭の中にあったのは確かです。考えたくないですが、もしかするとその違いだけだったとか。だって、平均心拍が前回が143拍/分だったのに、今日は156拍/分だったので。

ペダルは久しぶりにSPD-SLにしました。その理由はデュラエースのクランクにSPDを付けてみたものの、なんか見た目がアンバランスにみえたので、SPD-SLのペダルとシューズを引っ張り出した次第です。左足のシューズのクリートがボロボロだったので、すぐ外れてしまい、引き足が使えず、全くビンディングの意味がありませんでした。帰りにB☆P・TOCHIGIでクリートを付け替えました。

思いがけない効果があったのは11速用のチェーンです。スプロケットは10速のままですが、あきらかに変速がスムーズになりました。さらに、変速の音も「カン カン」とレースの観戦で聞く音になりました。ただ、音に関しては、11速用チェーンの効果なのか、クランクを変えた効果なのかは分かりません。

いずれにしても、せっかくアップグレードしたので早く馴れないと。

本日の走行距離 104km
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック