ホイールの入れ替え
先日、久しぶりにSUPERSIX EVOに乗ったら、しっくりこなかったので、またまたホイールを入れ替えてみることにしました。

EVOの新車の時にはいていたホイールは DURA-ACE WH9000-C35-CLでしたが、なぜかペダルが重く感じて(重量は重くないのだけど)、軽いホイールが良いのかと思い WH9000-C24-CLをはいたのですが、今度はあまりにも軽すぎました。

ということで、リアにC35、フロントにC24という組み合わせで、なんとか落ち着いていました。ところが、久しぶりに乗ったら、また違和感を感じた次第です。

私にとってEVOは乗りこなすには難しい自転車です。マドンだったら、私が持っているどのホイールをはいてもそんなことがないのに。

他に私が持っているホイールは、ボントレガーのレースXライトとULTEGRA WH6700です。WH6700はバッカスではきたいので、レースXライトをはいてみました。

前後の重量が40g増えたのですが、走った感じはレースXライトの方がしっくりきます。ただ、道路の凹凸が振動として伝わってきます。レースXライトのほうが硬いのでしょうか。

今日は、レースXライトで走りましたが、振動は強くなりましたが、それでも感触はなかなか良かったです。

CIMG1030 (640x480)このホイールだと、田川の石畳はトレックと同じくらい頭がゆさぶられると思っていましたが、実際はそこまでではありませんでした。やはりEVOの振動吸収は効果がありそうです。


CIMG1035 (640x480)家に帰ってから、せめてフロントだけでも軽くした方が良くなるのかと思い、フロントにWH9000-C24-CLをはいてみましたが、悪化しました。10mくらい走っただけですぐ分かりました。


CIMG1036 (640x480)ちなみにマドンにWH9000-C35-CLをはいてみましたが、良い感触でした。


結局、マドンはホイールに応じて特性は変わりますが、どのホイールをはいても違和感はありません。

また、レースXライトは万能ホイールのようです。

私の脚質では、EVOとDURA-ACEのホイールはあまり相性が良くありません。重さではなく、剛性の相性のようです。

本日の走行距離 67km
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック