懐かしい方から連絡がありました
今日、思いもかけなかった方から連絡がありました。京都に住んでいたときに知り合った自転車仲間です。

私がどうしているか心配で電話をくれたそうです。仕事はどうしているのかとか、自転車には乗っているのかとか。

いろいろ話をしていて、新たに知ったことが一つありました。私と一緒に走ってくれた方々は、マウンテンバイクがメインで、ロードレーサーにはほとんど乗っていなかったってこと。

私が宇都宮に帰ってからは、マウンテンバイクにしか乗っていないようです。皆さん、私と走るときだけロードレーサーに乗ってくれていたようです。

ありがたいことです。あの方たちと知り合えて本当に良かったです。できるなら、自転車を持って京都に行って、またみんなと走りたいです。
スポンサーサイト
レディオベリーからのプレゼント
CIMG8683a.jpg家に帰ったら、にっこり梨の箱詰めが届いていました。
送り主を見るとレディオベリー「にっこり梨プレゼント」と書いてあります。



何週間か前にB☆BOXの番組でにっこり梨のプレゼントがあって、妻がメールで応募したのですが、ぜんぜん音沙汰がなく完全にあきらめていました。

まさか今頃届くなんて思いもかけませんでした。私は果物はあまり食べないのですが、梨だけは大好きです。その中でもにっこり梨は甘くてみずみずしくて、とてもおいしいです。番組でニッコリ梨は栃木の名産だと初めて知りました。

妻と2人で食べても何日かかかってしまいますが、確か番組の中で、暗所に保管すればお正月ぐらいまでは持つと言っていた記憶があるので、大きいので毎日半分づつ食べることにします。



大瀬サイクリング
昨日の2度のパンクで、さすがにタイヤの限界と悟り、朝からタイヤ交換をしたのですが、思っている以上に手間取ってしまいました。

チューブレス用ホイールにクリンチャータイヤをはかすのは、結構、力ずくなところがあるのですが、それが新品タイヤとなるとさらに力が必要です。

やっと前後のタイヤのはき替えが終わって空気を入れたら、後ろのタイヤは無事空気が入ったのですが、前のタイヤはシューと音がして空気が漏れています。

力ずくだったため、チューブに傷を付けてしまったのです。もう一度チューブを取り出してパッチ修理をし、今度は慎重にタイヤをはかせて無事終了です。

時計はすでに11時を過ぎていました。行きたい場所があったのですが、この時刻では帰りが遅くなってしまうので、途中まで自転車を車で運ぶことにしました。

行きたい場所は茂木の大瀬という、川とその周りの景色がとても美しい場所です。車で芳賀工業団地にある公園まで行き、そこから自転車で走り出したのですが、時計を見たらちょうど12時でした。

お昼を食べなくてはならないのですが、あまりお腹が空いていません。ハンガーノックになるのもいやなので、コンビニでコッペパンを買って、1/3ほどかじってから走りました。


CIMG8666.jpg昨日走った疲れも残っている上に、きつい山道を走って疲れがピークにきています。
ときどき見えるきれいな景色が、折れ欠けた気持ちを癒してくれました。


CIMG8670.jpgその山道を下ると、そこが大瀬です。
きれいなのですが、日なたと日陰の場所があって、写真がきれいに撮れません。。
やっぱり、午前中でないとだめですね。


CIMG8680.jpg橋の入口から人がやってきます。写真では米粒くらいですが。
だんだん近づいてくると、暖かそうな革ジャンを着た人が私に手をふっています。
やっと分かりました。昨日一緒にサイクリングをしたeibuさんです。烏山近辺の紅葉の写真を撮りに来たついでに寄ったそうです。少し立ち話をして分かれました。



ジャパンカップ(自転車レースではなく競馬です)を見たいので、そろそろ帰らなければ。

今日みたいに、自転車を車に積んで出かけるのも悪くないですね。むしろ、行ける範囲が広がって良いかも。また、機会があったらやってみます。

本日の走行距離 59km
本日のルート ←クリックしてください
太平山
今日のライドのメンバーはeibuさん、ishiさんと私の3名で、行き先は紅葉を期待して大平山です。

走っている途中に気が付いたのですが、サドルバックを忘れていました。今日乗ってきた自転車はバッカスなのですが、サドルバックはトレックに付けたままでした。

サドルバックがないということは、替えのチューブもパンク修理キットもないということです。携帯ポンプは持ってきたのですが、何の意味もありません。一人だったら、間違いなくサイクリングを中止して家に帰ります。


いやな予感も当たって、こんなときに限ってパンクするんですよね。しかも今日は2回も。

1回目のパンクでishiさんにチューブを借りたのですが、さすがに2回目も借りてしまうしまうと、万一ishiさんがパンクしたときに対応できなくなってしまうので、パッチで修理することにしました。ishiさんはチューブを貸してくれると言ってくれたのですが。

パンクした場所が永野川緑地公園の真ん前だったのが、不幸中の幸いでした。ベンチもあるし水道もあります。水道があるとパンクの場所も分かるし、のりを付ける前に表面をきれいにできます。

ちなみに2回のパンクの原因は同じでした。
タイヤに小さな穴が開いていたのでタイヤパッチを貼っていたのですが、買ったままのタイヤパッチは大きいので小さくカットして貼っていました。そのカットした角の処理が悪くて、エッジがチューブを傷つけていたのでした。

CIMG8664.jpg写真右下の角がもともとあった角で、他の3箇所が私が処理した角です。
一応、とんがった部分は切り取ったのですが、丸くしないとだめでした。



CIMG8654.jpg太平山の上りです。
左側にある木は桜なのですが、すでに紅葉が終わって葉がすべて落ちています。桜は他の広葉樹に比べ、紅葉が早いのでしょうか。


太平山の勾配はそれほどの急勾配とは思えないのですが、いつものここを上ると心臓がねをあげます。

CIMG8656.jpg足が限界になる前に頂上に着くことができました。茶店の周りにはもみじの木がたくさんあり、ちょうど見ごろでした。
桜の時期ほどではありませんが、大勢のお客さんが来ていました。自転車もかなり多かったです。


このあとはeibuさんの要望もあり、七不思議で有名な大中寺に行ったのですが、紅葉はすでに終わったようでした。なので、次の目的地に向かいました。

CIMG8661.jpg大豆生田商店です。じゃがいも入りやきそばで有名な店です。
まずは、いもフライです。ソースは2種類から選べ、甘いソースか甘酸っぱいソースかです。3人とも甘いソースにしました。
とてもおいしくて、これだけでお腹いっぱいにしても良いくらいです。


CIMG8662.jpgやきそばはイカ入りにしました。
いもフライも食べたし、並盛で十分です。両方で500円もしないのに、お腹いっぱいです。


あれだけ食べたのに、帰りの道中にカッパまんじゅうの店の前に差し掛かったら、店に入ることになっちゃいました。これだもの、走っても走ってもやせないわけです。さらに私は店にあった揚げまんじゅうをすべて買いしめました。

CIMG8663.jpgと言っても4個しか残っていなかったのですが。
1個は店の中で食べて、3個は持ち帰りにしました。揚げまんじゅうは表面がパリッとしていて、食感は宇都宮の「かりまん」と似ています。



今日は、みなさんのおかげでなんとかアクシデントにも対処できました。本当にありがとうございました。

それと2回のパンクでだいぶ時間を費やしてしまいました。これについては申し訳ない気持ちでいっぱいです。


本日の走行距離 92km
本日のルート ←クリックしてください
レディ・ガガ
先日、「レディ・ガガ」の日本語での呼び方について妻と話をしたのですが、どのようなことかと言うと、日本語では「が行」の「がぎぐげご」は2種類の発音があります。一つが濁音で、もう一つが鼻濁音です。濁音は鼻をつまんでも発音できますが、鼻濁音は鼻をつまんでしまうと発音できません。「ガガ」はどう発音すれば良いかという事でした。

一般的には「がっこう」や「ぎんこう」のように言葉の先頭にある「が行」は濁音で、「かがみ」や「おにぎり」のように途中にある「が行」は鼻濁音で発音します。私の時代は、これを小学校で習いました。

で、妻と言い合い(別に喧嘩ではありません)になったのが、レディ・ガガの「ガガ」の発音です。妻は最初の「ガ」は濁音で、次の「ガ」は鼻濁音で発音します。

先ほどの法則であれば妻の発音で良いと思うのですが、なぜか私は両方の「ガ」とも濁音なのです。「ガガ」以外は、意識しなくてもちゃんと先ほどの法則どおり発音しています。

実は「レディ・ガガ」以外に、初の宇宙飛行をした「ガガーリン少佐」も同様に両方とも濁音です。

結局、結論が出せずに、いまだに保留となっています。どちらが正しいのでしょうね。もしかすると、正解はないのかも知れませんが。
とうとうファンヒーターを
朝起きたら今までにない寒さだったので、エアコンでは心もとないので、思わずファンヒーターを出してしまいました。

寒いわけです。今日の最低気温は1.4℃、最高気温は7.8℃だもの。だんだん、外に出たくなくなる季節になってきました。

日光・鬼怒川紅葉サイクリング(鬼怒川温泉編)
昨日の続き

日光から鬼怒川温泉に行くには、一旦今市まで戻って121号線で行く方法が一般的かもしれませんが、そこまで戻るとだいぶ遠回りになってしまいます。

日光カントリークラブから、小百を通って、ウエスタン村近辺に出る道路があります。この道路が最短で、しかも車が少ないのですが、結構アップダウンがあるのが難点です。疲れた足にはかなり応えるのですが、この道路で行きました。

案の定、残り少ない体力を消耗してしまいましたが、鬼怒川温泉に着いたら足湯で疲れを癒すつもりなので、なんとか頑張りました。

CIMG8638.jpg途中に渡った大瀞橋から見た景色です。
向こうに、ライン下りを終えた船をボートで引っ張っているのが見えます。ここは流れがほとんどないので、ボートが必要なのですね。


CIMG8642.jpg鬼怒楯岩大吊橋から見た景色です。
11/3のブログに同じところから撮った写真がありますが、わずか2週間で紅葉がかなり進んだのが分かります。
あの時も、きれいな景色だと感激したのに、今回はさらに見事な景色になっていました。


CIMG8648.jpg楯岩橋からは、鬼怒川の旅館街が、まさに紅葉に囲まれているのが分かります。
これを見ると、このまま泊まってしまいたくなります。



CIMG8650.jpgそれは無理なので、せめて鬼怒川温泉駅の敷地内にある足湯で、30分くらいのんびりさせていただきました。
おかげで、だいぶ足の疲れがとれました。


きれいな紅葉で目の保養ができたので、そろそろ帰ることにしました。出かけたのが11時と遅かったので、あまりゆっくりしてしまうと、夕方になってしまいます。

帰りに武平まんじゅうのそばを通ったので、買って帰ることにしました。

店に着くと「本日は売りきれました」の張り紙が。
店に入って「少しでも良いのでありませんか?」と尋ねたところ、「形が悪いものしか残っていないので、家で食べるのであれば良いですよ」と、少しおまけして売っていただきました。

自転車でどこまで行ってきたのか聞かれたので、宇都宮から日光と鬼怒川温泉に行った帰りだと説明したら、どんな自転車なのか見せてほしいと、(ちょっと昔の)お姉さま3人が外に出てきました。5分くらい自転車の話をしてから帰りました。

今日一日、快晴で、穏やか天気の中でサイクリングができて、最高の一日でした。

本日の走行距離 93km
本日のルート ←クリックしてください

日光・鬼怒川紅葉サイクリング(日光編)
今日は休校日でした。天気も良いし、サイクリングに出かけようとは思っているのですが、外が寒そうで出かける勇気がでません。

そんな葛藤の結果、11時になってしまい、さすがに出かけることにしました。

でも、寒そうと思っている割には厚着はしていません。上半身は長袖のアンダーウェアと秋用のサイクリングジャージの2枚だけです。今の時点で厚着をしてしまうと、これからの冬の寒さを乗り切る自信がなくなってしまうので、少しづつ冬モードに切り替えていきます。

外に出てみると意外と暖かいです。もっとも、11時と言うこともあり気温も上がったのでしょうが。

行き先は鬼怒川温泉です。紅葉も温泉街まで下りてきたと思います。途中まで日光街道で行くことにしました。最短距離だし、最初から最後まで軽い上り坂だけどアップダウンが少ないので。

ただ日光街道は道路が狭く、自転車は車の邪魔になるのですが、道路は車だけのものではないし、一人で走る分には許される範囲でしょう。団体で走ると車が抜きづらいと思います。

走っていても寒くないです。体もだんだん温まってきたので、耳当てを外しました。これ以上厚着をしていたら、汗がこもって、逆に寒く感じたかもしれません。

鬼怒川温泉への曲がり角に近づいてきたのですが、日光にも行きたくなったので、このまま日光街道をまっすぐ行くことにしました。

今市の街に入ると少し気温が下がってきましたが、この服装でも問題なさそうです。

CIMG8602.jpg日光に着きました。家からは35kmくらいです。
雲ひとつない青空で、白基調のJR日光駅が際立ちます。


CIMG8607.jpg神橋の周りは、まさに紅葉のピークです。

ここまで来たので、憾満ガ淵(かんまんがふち)まで行くことにしました。以前、鳴虫山に登ったときの登り口です。


CIMG8612.jpg大谷川のまわりもきれいに色づいています。


CIMG8614.jpg途中にあったお寺ですが、この雰囲気は京都を思い出します。浄光寺と書いてありました。


CIMG8616.jpg憾満ガ淵のお地蔵さんです。


CIMG8633.jpg遠くには奥日光の山々が見えますが、木々の葉はもう落ちてしまったように見えます。


CIMG8635.jpgさて、次は当初の目的地の鬼怒川温泉に向かいます。


 次回に続く

本日の走行距離 93km
本日のルート ←クリックしてください
塩ラーメン
塩ラーメンが食べたくなったので、芳賀にある「麺らいけん」に行ってきました。ここは、4~5年ぶりでしょうか。

夜の開店時間は17時なのですが、店に着いたのが17時10分。待つのがいやなので早く行ったのですが、すでに多くの車が止まっていて、やっと車が置けたほどでした。

開店して客が中に入ったのに、まだ20数人が待っているので、さぞかし開店時点で待っていた人数はすごかったでしょうね。ちなみに店の中の席は、6人用テーブルが3つと、カウンター席が6席の計24席だったと思います。


受付表に名前を書いたら、ちょうど20組目でした。あと8組かと思って、受付表を眺めているとさらにビックリ。私の4組前には11人の大人数がありました。これも1組です。

結局、待った時間はちょうど1時間。これだったら、開店から時間をおいて、客足が安定してから行ったほうが良いのかな?

CIMG8599a.jpg私は定番の煮ちゃーしゅー麺の大盛りです。
相変わらず、ここの塩ラーメンは最高です。
以前着たときには麺が少な目だったので、今回は大盛りにしたのですが、麺の量が多くなったのでしょうか。結構、きつかったです。




CIMG8601a.jpg妻は純塩らぁ麺です。
私が頼んだ煮ちゃーしゅー麺も塩ラーメンですが、純塩らぁ麺とスープを飲み比べると明らかに違います。
純塩というだけあって、純塩ラーメンの方が塩の味が強いです。しょっぱいということではありません。良く分かりませんが、だしの違いなのでしょうか。



CIMG8600a.jpg娘が辛ねぎらぁ麺(だったかな?)です。
これもベースは塩ラーメンなのですが、辛いのが好きな人以外で、塩の味を味わいたい人には煮ちゃーしゅー麺や純塩らぁ麺の方が良いかと思います。


今までたべた塩ラーメンの中では、ここのラーメンが一番美味しいです。頻繁に来たいのですが、これだけ混むと考えてしまいます。
井頭公園
午前中は自転車仲間と走ったのですが、今日は午前中しか走る時間がなかったこともあり、走りはじめからみんな結構スピードが上がりまくりでした。

最後は城山西小から古賀志林道へ。古賀志林道と言ってもジャパンカップのコースではなく、古賀志山登山道の滝コースや南コースの登山口がある林道です。結構急な坂道なので、今日のような短時間走行の締めには良いかもしてません。

家に帰って、午後からは家族3人+愛犬でドライブです。先週の鬼怒川・塩原に引き続き、娘の運転の練習も兼ねています。

行き先は真岡の井頭公園です。愛犬はいつもの散歩コースは飽きあきしているのか、初めての公園は新鮮に感じるようです。いつもと違って元気に歩いてました。

CIMG8589.jpg池の周りは、思ったよりも紅葉が進んでいました。ピークはもう少しあとになりますが。


CIMG8591.jpg特にイチョウは、今が見ごろです。


CIMG8596.jpgモミジは、木によってばらつきはありますが、良い頃だと思います。
木によって、黄色・ダイダイ・赤など紅葉の色がさまざまです。

それ以外の広葉樹は、まだですね。



ここまで来たついでなので、陶器の町益子まで足を延ばしました。

あとわずかで娘の研修も終わり東京に帰るので、少しでも一緒にいる時間をつくりたいと思います。
乳製品
先日、千本松牧場に行ったとき、残念ながらジンギスカンは食べられなかったけど、乳製品はいろいろと買ってきました。

ミルクパン、バター、ロールケーキ、牛乳、ミルクコーヒーなどなど。

CIMG8573.jpgロールケーキはちょっと高目で、1850円です。

私はロールケーキは大好物なのですが、妻と娘はそれほどでもありません。でも私が欲しそうな顔をして、じっとその前で見ていたので、買ってくれました。


ほとんど私一人で3日間かけて食べ切りました。もっと早く食べられたのですが、カロリーが心配でやめておきました。

CIMG8577a.jpg家族全員が気に入っているのがミルクコーヒーです。値段は一般のコーヒー牛乳の倍くらいするのですが、甘さ控えめでとてもおいしいです。砂糖は使ってなく、乳糖の甘さです。
実はこのミルクコーヒーは、宇都宮でも売っています。(私が知っているのは一箇所ですが)


その他にも、おいしそうなものがたくさんあったのですが、とても食べ切れそうもないので、次の機会に楽しみにします。
ハンガーノック
昨日、自転車に乗らなかったので、今日こそは乗ろうと思っていたのですが、朝起きたらのどが痛くて走るのをやめました。昨日、日塩道路の頂上付近で、冷たい風にあたり過ぎたせいでしょうか。

お昼辺りから、その痛みもなくなってきたので、3時間くらい走ることにしました。

今日のルートは、珍しく東方面で、芳賀です。

天気は穏やかで、ちょっとだけ風がありましたが、ほぼサイクリング日和です。

CIMG8581.jpg芳賀といったら、やっぱり道の駅「はが」ですね。
建物の中でゆっくりできるし、食事や軽食もあるし、芳賀を走ったら必ず寄ります。


CIMG8583.jpg道の駅に着いたら、「モー」と牛の鳴き声が聞こえます。てっきりスピーカーから流しているのかと思ったら、ほんとうに牛がいました。看板には、牛にふれあうためと書いてありました。
子牛ですが、泣き声はもう大人と同じです。子供たちが、珍しそうに、そばに寄って見ていました。


CIMG8580.jpgせっかくなので、何か軽く食べようと考えた結果、メンチに決めました。やっぱり私は、コロッケとかメンチが好きなんです。



道の駅を出た後、ちょっとハンガーノックぎみに。実際のところ、ハンガーノックかどうかは分からないのですが、もしそうだとすると、お昼にロールケーキだけだったので、そのせいでしょうか。十分にカロリーがあると思ったのですが。

しばらくゆっくり走っていると、次第に力が入るようになってきました。さっき食べたメンチが効いてきたのかもしれません。

ときどき思うことなのですが、もしかして、いくら自転車に乗ってもやせないのは、ハンガーノックを怖がって、必要以上にカロリーを取っているせいじゃないかって。

であれば、ぎりぎりの食事で走って、万一ハンガーノックになったらゆっくり家に帰れば、やせるかも知れませんね。


本日の走行距離 58km
紅葉
娘が、研修のため宇都宮に帰ってきているので、娘の運転の練習がてら紅葉を見に行きました。

日光に行きたかったのですが。この時期の日光は去年混雑でえらい目にあっているので、今回は鬼怒川温泉~日塩道路~塩原のコースにしました。

日光街道で鬼怒川温泉方面に向かっていたのですが、今市に入った辺りから車の動きが鈍くなってきました。原因は分かりませんが、もしかすると日光への混雑がすでに始まっていることも考えられるので、日光街道とは別な道路で鬼怒川温泉に向かうことにしました。

判断は正解でした。鬼怒川温温泉には、混雑することなく着きました。

CIMG8538.jpg最初に行ったのが、鬼怒楯岩大吊橋です。
聞いたことがない橋だと思ったら、まだ完成してから3年しか経っていませんでした。
京都に住んでいたときだったので、知らなくて当然です。


CIMG8543.jpg下を見ると、ちょうどライン下りの船が4隻やってきたところでした。
船上のお客さんと、橋の上のお客さんが手を振り合っていました。


鬼怒楯岩大吊橋から、さらに5kmほど北に行くと龍王峡があります。観光客が多くて、駐車場がなかなか空きませんでした。

CIMG8547.jpgさらに、駐車場から虹見の滝までには、石の階段を15分くらい下りなくてはなりません。その往復で、運動不足の妻はグロッキーに。
年配の方たちが、元気に歩いているというのに情けないです。


CIMG8563.jpgその後は、日塩道路で塩原に向かいました。
頂上に向かうに連れて、どんどんと紅葉が進んでいきます。
頂上付近の白滝から見る景色は、紅葉真っ只中でした。


家を出てから、鬼怒川温泉、日塩道路と走ってきた道は特に混雑はありませんでしたが、塩原の街を出る辺りから急に渋滞が始まりました。

と言っても、私とは逆方向側です。もうすでに3時だということと、県外ナンバーばかりなので、おそらく宿泊客でしょう。渋滞は何キロも続いていたので、あの方たがは旅館に着くのは、1~2時間後かも知れません。

そのあと千本松牧場に行ったのですが、楽しみにしていたジンギスカンが、ご飯がなくなってしまったということでオーダーストップでした。お昼も食べずに我慢してきたのに残念です。

結局、帰り道の道の駅「やいた」で、やっと昼食をとることができました。もう4時なので、昼食と言うよりも夕飯でしょうか。

いづれにしても、今日は娘の運転にも安心して乗っていられたし、無事家に着くことができたのでなによりでした。