鷲子山上神社
今日のサイクリング、朝出かける時点の気温が0℃でした。でも防寒はばっちりです。上半身がウィンドブレーカ含めて4枚の重ね着、足側が2枚です。

走っていても、全く寒さを感じません。それどころか、少し走ると熱くなってきました。集合場所に向う途中で、ウィンドブレーカを脱ぎました。

集合場所のコンビにまでの時間が読めなかったので、15分も前に着いてしまいました。だれもいなかったので、コンビニで補給食とドリンクを買いました。

まだ時間があったので、折角温まった体が冷えてしまうので、少し走る事にしました。次にコンビにに着いた時には、皆さんおそろいでした。

今日のメンバーは、sinbellさん、ishi.kさん、m_yanさん、私の4人です。行き先は、sinbellのさん提案の鷲子山上神社(とりこのさんしょうじんじゃ)です。私は始めて聞く名前です。

「本日のルート」を見れば分かりますが、とにかくアップダウンの繰り返しあり、長い上り坂ありで、結構足を使いました。さらには、ダメおしのように鷲子山上神社への上りがきついのなんのって。

CIMG6886.jpgすごいです。この鳥居の真ん中が県境です。左が栃木県、右が茨城県です。


CIMG6891.jpg水掛け不苦労(みずかけふくろう)といいます。
フクロウに2回水をかけて、そのあと良くなぜて、幸福を願います。心の中の苦しみや、悩みを水に流します。
私もたくさんなぜました。


CIMG6893.jpg随神門です。文化12年(1815)年建立されたものです。


CIMG6895.jpg石段を96段登りました。96(苦労)を往復して、296(不苦労)となります。



今日一日、思ったより暖かったです。お正月は、もう少し暖かくなるようなので、一回くらい走ろうかな。

本日の走行距離 105、6km
本日のルート ←クリックして下さい
スポンサーサイト
宇都宮に帰ってきました
京都から東京までの東海道新幹線はがらがらでした。帰省ラッシュとは逆方向だからかな。2座席分を使って、景色を眺めながら、ゆったりと座りました。

でも東京から宇都宮までの東北新幹線は、隣にすごく大きな方が座ってきました。普通に座っても、腕が私の方にはみ出します。東海道新幹線で2座席分ゆったりと座っていたばちが当たってしまいました。

明日は、久しぶりに仲間とサイクリングです。かなり寒いだろうから、厚着しないとね。
京都は暖かい?
今、京都に戻りました。

宇都宮と比べると、京都は暖かく感じます。午後2時ごろ、宇都宮ではコートの前ボタンは完全に閉めて、襟を立てて寒さを防いでいましたが、京都駅を出るときは前ボタンは全開です。もう、夜なのに。

そして、明日からも宇都宮の最低気温はマイナス5~6℃が続きます。こんな中でも、皆さん朝錬で自転車に乗るんだからたいしたもんです。

去年までの私はそうだったのに。
寒さにめげそうです
朝7時に起きて、外の気温を見るとマイナス3℃でした。とてもじゃないけど、走る気になりません。

気温が上がるまで家でのんびりです。8時過ぎて、やっと0℃です。もうちょっと待ちます。

でも、のんびりしすぎて10時になっちゃいました。気温も4℃まで上がっっています。さっそく、出かけることにしました。

寒い時期はあまり北方面には行きたくありません。今日は、下粕尾方面にしました。

文挟街道をのんびり走っていると、競輪選手と思われる二人が抜いていきました。自転車はロードレーサーです。ピストはブレーキの問題があるからでしょうか。

二人でローテーションしながら走っています。ピストでなくロードレーサーに乗っていても、競輪選手の走り方です。勉強のため、じゃましないように10mくらい離れて後を走りました。どこがどう違うのか良く解らないのですが、見るからに競輪選手の走り方なのです。行き先が違うため、途中からまた一人でのんびりと走りました。

清流の郷かすおに着くと、二人のロードレーサがいました。一人が壬生の方で、もう一人が小山の方です。私よりも年配の方らしく、もう仕事はご卒業されているようです。一人の方は毎日、太平山まで走っているとの事。
もう一人の方は、自転車に乗ってから、85kgあった体重が、あっというまに75kgまで落ちたそうです。もちろん私も60歳をすぎても、走り続けますよ。

それにしても、今日の風は強風な上に風向きがころころ変わります。ころころ変わる割には滅多に追い風にはなりません。不思議な事に帰り道もです。


出かけるのが遅かったので途中でお昼になってしまいました。でも家でみんなで食べるので、ハンガーノックに気遣いながら、そして風と戦いながら家に帰りました。


本日の走行距離 61.5km
本日のルート ←クリックして下さい

宇都宮は寒くて
この連休も宇都宮に帰ります。先週も帰ったので、年末も含めると3週連続で帰ることになります。

でも、宇都宮で困っていることが一つあります。それは、とっても寒いことです。

京都も寒いですが、零下になることはめったにありません。この時期で最低気温は1~2℃くらいなので、その程度であれば、なんとか乗り出す気持ちが出ます。

でも、宇都宮のこの連休の最低気温はマイナス3~4℃です。先週もそんな感じでしたが、結局、自転車に乗ろうという気持ちが全く起きませんでした。去年までは元気で乗っていたのに、京都の気候に慣れてきて、軟弱になっちゃいました。

いや、そんことではいけません。厚着してでも、なんとか乗らなければ。
昔の仲間
17日(土)は宇都宮で結婚式があり、出席してきました。新郎がかつての職場の後輩で、新婦はそのとき別な職場にいた方です。なので、新郎側と新婦側の知人・友人はほとんど知り合いです。そのうちのほとんどの方は、すでに他の会社に勤務しています。

でも、一緒に苦労した仲間って、しばらく会わなくても、そのブランクは感じないものですね。10年以上も会っていない方もいましたが、最近まで会っていたように話が進みます。

いつもそばにいることだけが絆を深めるのではなく、離れていても絆は深まるものだと思いました。だって、当時はあまり話しなかったのに、久しぶりに会うと話が進むのですから。
3本ローラー台
以前から気になっていたのが3本ローラー台です。
先月、京都市内の自転車屋さんに行ったら、展示してあったので思わず買ってしまいました。エリートのARIONです。展示してあったときはそれ程大きく見えなかったので、ママちゃりの荷台にくくりつけて持ち帰ろうと思ったら、とんだ訳です。

箱詰めしてもらったら、でっかい。でか過ぎます。とてもママちゃりの荷台に載る大きさではありません。結局、宅急便で送ってもらうことにしました。どうせなら宇都宮の家に送ることにしました。

理由は、3本ローラー台は音が大きいらしく、マンションではちょっと心配だったためです。

先月、宇都宮に帰ったときに、さっそく乗ってみました。最初、床の上で漕いでみましたが、思ったより音は大きくありませんでした。でも、固定ローラ台よりは大きいです。

CIMG6515.jpg今度は、畳の上で漕いでみました。結構、静かです。これだったら、全く問題ありません。
それに、この部屋だったらピアノが置いてあるので、転びそうになったらつかまることができます。やっと、ピアノが役に立ちました。


3本ローラー台は、最初、なかなか乗れないと聞いていました。案の定、ピアノからしばらく手が離せませんでした。手を離すのが怖いのです。5分くらい漕いでいて、ちょっと怖さに慣れてきたので、思いきって手を離してみました。

かなりふらつきながらも何とか乗れました。とは言え、ちょっと油断すると脱輪しそうになります。でも、大丈夫。実は、ビンディングシューズではなく、普通のシューズで乗っていたので、すぐ足がつけました。ビンディングだったら大転倒でした。

明日、宇都宮に帰るので、時間があったら二度目のライドです。でも、まだビンディングシューズを履くつもりはありませんが。
穴太衆積みの町「坂本」
午前中は家の中でのんびりしていたので、出かけたのは午後1時になってからでした。なので、今日はサイクリングは近場にしました。滋賀県の坂本で、往復で50kmくらいです。

ここは穴太衆(あのうしゅう)積みの石垣で有名な町です。穴太衆積みとは、自然の石を加工せずに積み上げた石垣です。このすぐ上にある延暦寺や安土城にこの技法が使われています。

CIMG6827.jpg坂本に行く途中に近江神宮があるのですが、その付近の川沿いにもみじ並木がありました。
もう12月中旬だというのに、こんなに残っています。


CIMG6829.jpg坂本に着きました。それにしても、坂本の町が近づくに連れて上り坂が多かったです。

この橋は日吉大社の二宮橋です。


CIMG6830.jpgせっかくなので、日吉大社の中を歩いてみました。結構広くて、ひとまわりするのに30分くらいかかります。


CIMG6853.jpg走井橋の横にすごい枝を持った杉の木?がありました。
枝の太さもすごいけど、形がまさに来年の干支である辰(龍)のようです。そばにいくと、ちょっとビビリます。


CIMG6859.jpg町の中を歩くと石垣が多く見られます。もちろん、すべて穴太衆積みです。


CIMG6862.jpg滋賀院門跡です。


CIMG6863.jpgそこの石垣がとてもすばらしいです。自然の石を、加工なしでここまで積むなんてどのようにするのでしょうか。


CIMG6864.jpgこの道も、ずーっと石垣です。

すばらしい石垣を満喫したところで家路に着きました。


CIMG6867.jpg帰りは、標高360mの山中越です。
意外ときついです。峠付近にきて、やっと眺めが良いところがありました。大津の街並みが見えます。


CIMG6869.jpg上りきった所に、比叡山ドライブウェイの料金所があります。残念ですが、自転車は入れません。

温度計が設置してありました。5℃です。この寒い中を下るのはつらいです。



下り終わって、そのまま道なりに走ると下鴨神社がありました。紅葉がきれいだったのでちょっと寄ってみました。そのレポートは次回にします。

本日の走行距離 50.2km
本日のルート ←クリックしてください
奈良公園-春日山原始林
今日は久しぶりに奈良公園に行ってきました。奈良公園は今までにも何度も行っていますが、春日山原始林には行ったことがありませんでした。今日の一番の目的はその原始林です。世界遺産として指定されています。1100年以上前から狩猟と伐採が禁止されています。

今日は、自転車と着るものに迷いました。自転車に迷ったのは、原始林の未舗装道路を走る可能性があるからです。

また着るものに迷ったのは、今日の朝の最低気温が0℃で、出かけるときでも2℃しかなかったからです。

結局、自転車はクロスバイクにしました。近場なら丈夫で太いタイヤのBD-1ですが、往復で100kmあるのでクロスバイクにしました。ロードレーサと同じサイズのタイヤですが、パンクしにくい丈夫なタイヤを履いています。さらに長距離なので、フラットペダルからビンディングペダルに交換しました。

行きも帰りも桂川~木津川サイクリングロードです。

CIMG6776.jpg奈良公園に着きました。まずは浮見堂です。
ところどころにあるモミジはまだ残っていました。


CIMG6787.jpg春日山原始林に向かいます。
原始林に行くには、この水谷茶屋の前を通ります。ここの景気は奈良公園の中で、私が一番好きな場所です。


CIMG6804.jpg春日山原始林に入りました。
舗装はされていませんが、マウンテンバイクでなくても走れます。
ただのんびりと歩きたいので、自転車を置いていくことにしました。


CIMG6801.jpgモミジのじゅうたんです。良いですね。

このまま歩けば若草山の頂上に行きますが、途中で引き返しました。


CIMG6808.jpg東大寺をバックに愛車も撮影です。


奈良公園のほとんどが紅葉の見ごろを過ぎていましたが、春日大社や原始林近辺はまだ見ごろでした。紅葉を満喫できたので、帰ることにします。

本日の走行距離 102.5km
東福寺
先週の土曜日、家から光明院まで歩いていきましたが、そこに行くまでにも十分紅葉が楽しめます。

まずは、家から京都駅に向かう途中にある梅小路公園です。

CIMG6742.jpg小川が流れる小道です。


CIMG6691.jpgさらに進むと、みごとな紅葉がありました。
この道は、家から京都駅へ行く近道です。


京都駅付近で買い物を済ませて光明院に向かいましたが、光明院の手前にある東福寺です。

CIMG6696.jpg東福寺駅から東福寺に向かう道です。
人の列が途絶えません。いったい、1日に何人の観光客が訪れるのでしょうか。


CIMG6700.jpg東福寺のわき道から見た通天橋です。


CIMG6703.jpgやはりわき道から見た東福寺の庭です。ここからでも十分楽しめます、


心を静めて眺める光明院の紅葉とは違って、体全体で紅葉を浴びるという感じでしょうか。
箕面公園
今日は大阪箕面市にある箕面公園に行ってきました。昨年も来たのですが、あまりにも紅葉がきれいだったので、今年も来てしまいました。

去年は西国街道を知らなかったので、171号線を避けるため、淀川サイクリングロード~枚方~茨木と走りにくい道路をナビ任せで走りましたが、今回は山崎から箕面市までは西国街道です。

途中、強風かと思えば、雨が降ってきたり、気候は不安定です。

CIMG6746.jpg西国街道沿いにある郡山宿本陣(椿の本陣)です。
かつては西国街道に5つの宿駅があったようです。その真ん中の宿駅がこの郡山宿本陣です。

一度火事になって、この建物は享保6年(1721年)に再建されたものです。


CIMG6749.jpg箕面公園は標高250mにあります。
上る途中、紅葉の先に箕面の街並みが見えました。


CIMG6750.jpgだいぶ上ってきました。
箕面公園はもうすぐです。


CIMG6752.jpg着きました。自転車を置いて、滝まで降りることにしました。

まず最初に目に入ったのが、この木です。ほとんど曇りの今日の天候で、めずらしく青空です。その青空をバックに赤が映えます。


CIMG6754.jpg降りていくにつれて、だんだん紅葉の中に入っていきました。


CIMG6755.jpg私は一人で歩いているので、周りの話し声が良く聞こえます。

「先週も来たのだけど、今週はぜんぜん違う」(紅葉が進んでいるそうです)とか、
「今年で3年連続で来ているよ」とか。


CIMG6766.jpg川沿いの遊歩道は、滝まで人でいっぱいです。


箕面公園を散歩したあとは、勝尾寺に向かいました。勝尾寺は箕面公園からさらに山の上にあります。車の交通渋滞を尻目に、自転車はスイスイ、いや上りなのでそうは行きませんが、止まることなしに上っていきます。

CIMG6774.jpg勝尾寺です。
去年入ったので、今年は素通りです。



今日は小雨に2度降られました。一度目は二木ゴルフの駐車場で、勝手に雨宿りさせていただきました。二度目は構わず走りました。風も強かったし、結構疲れました。

本日の走行距離 89.7km
本日のルート ←クリックしてください
光明院
天気予報では、今日はくもり時々雨のようです。サイクリングはあきらめて、たまには歩くことにしました。

そういえばsinbellさんが光明院を勧めていたっけ。庭造りがすばらしいらしいです。2000年秋の「そうだ京都、行こう」や、渡哲也の「松竹梅」のCMの場所だそうです。

地図で確認すると、東福寺のすぐ南にあって、家から約5kmです。往復で10kmなので、2時間くらいでしょうか。京都駅付近で買い物もするつもりなので、ちょうど良いです。

光明院までは、天気予報の通り、小雨が降ったり止んだりでした。

CIMG6730.jpg光明院です。
途中、東福寺の横を歩いてきましたが、東福寺駅から東福寺まではすごい観光客でした。でも、東福寺を過ぎてからは、極端に人手が減りました。

それにしても、京都ってカップルで歩くのに最高ですね。


CIMG6729.jpg門を入ったところです。門から10mくらい歩くと建物の入口になります。


CIMG6707.jpg建物の中はいくつかの部屋があり、それぞれの景色の趣きが異なります。


CIMG6709.jpg皆さん、縁側に座ったり、畳に座ったりして、ゆったりと庭を眺めています。この庭を見ていると、心が落ち着きます。


CIMG6712.jpgパンフレットを見ると「苔の虹寺」と書いてありました。
なるほど。モミジばかり気に取られていましたが、苔の緑が美しいです。モミジの赤ととてもマッチしています。


CIMG6727.jpg紅葉が人を感動させるって、どのようなしくみなのでしょうね。色だけとは思えないのですが。


京都の木々も、12月になって、やっときれいな紅葉になってきました。