京都の今昔写真展
京都府立資料館では、10月15日から「目で見る京都の今昔」という写真展をやっています。今日は、それを見てきました。

府立資料館は植物園の北東の位置にあります。私の家からは9km離れています。今日の天気は午前中は雨が降ったり止んだりで、午後は完全に雨です。午前中のうちに行ってきました

CIMG6410.jpg京都府立資料館です。
私は二階の写真展に直行しましたが、一階の閲覧室では学生たちが勉強をしていました。



CIMG6411.jpg写真展は撮影が禁止です。お見せできないのが残念です。
昔の写真の上には、現在の写真が比較のためにつるしてあります。



今でこそ、南禅寺のそばにあるインクラインはレールが残っているだけですが、船を運んでいる当時の写真がありました。もっと疎水の水が多くて、インクラインのレールのところまで舟が来ていました。

鴨川の水は、今では考えられないくらい豊富で、流れも急でした。そして、今でこそ鴨川の納涼床は川にせり出しているだけですが、当時は床のすぐ下まで水がありました。それでこそ納涼床です。

道路は舗装されておらず、車も全くありません。当然ですね。現在の写真と見比べていると、自分が今、現代にいるのか、それとも過去にいるのか分からなくなります。不思議な感覚です。

新京極通は、着物やはかまを着てい人もいれば、洋服の人もいます。

今と昔、全く変わらないのは遠くに見える山の形だけでした。

11月13日までやっているので、あと1回くらいは見ておきたいです。

スポンサーサイト
伊丹空港
今日のサイクリングは伊丹空港(大阪国際空港)です。着陸してくる飛行機を、間近で見られる絶好ポイントがあるのです。

特に飛行機が好きというわけではないのですが、近くで見られるのであれば、一度は見てみたいです。ただ、大阪は自転車が走りやすい道路が少ないです。私が知らないだけかも知れませんが、それだけが不安の種でした。

最近、西国街道と言う道路があることを知りました。広い道路ではないのですが、高槻などに自転車で行くには、安全な道路のようです。ただ広くない上、クネクネ曲がっているので、いつのまにか道路から外れてしまう可能性が大です。

今回は、西国街道には山崎から入りました。そこまでは桂川サイクリングロードです。

CIMG6369.jpgこれが西国街道です。
広い道路の所もありますが、ほとんどこんな感じです。車が多くて危険な道路よりはましです。


思った通り、ときどき道を間違ってしまいました。そのたびに人に尋ねて、なんとか元に戻れました。
でも、ついに戻れなくなってしまったので、西国街道はあきらめて、ナビに任せることにしました。

CIMG6371.jpgそしたら、いつの間にか3車線で、しかも歩道がない道路を走っていました。側道も決して広くはありません。写真では広く見えますが。
以前にも経験がありますが、もしかすると自動車専用道路に入ってしまったのではと不安になりました。


万博公園のそばを走っているようなのですが、いくら走ってもこんな感じです。
パトカーが走ってきました。ちょうど良いです。もし、自動車専用道路だったら、私を注意するでしょうから。
でも、パトカーは何も言わずに素通りしていきました。ということは間違いなく一般道ですね。ぜひ、歩道も作って欲しいものです。
CIMG6370.jpg右に、岡本太郎の太陽の塔が見えました。急いでカメラを取り出して、走りながら「パチリ」。


CIMG6372.jpgやっと空港に着きました。
本当に、飛行機が近くに着陸してきます。良く、こんなコンパクトカメラで撮れたものです。


CIMG6373.jpgこのカメラだとズームの反応が遅いので、これが精一杯です。


今日の目的は達成しましたが、せっかくなので寄る場所が2箇所あります。
その一箇所は兵庫県にあります。というか、この空港が大阪と兵庫の県境にあるのです。滑走路も大阪と兵庫の両方にかかっています。

CIMG6400.jpg寄る場所の一つが、この田能遺跡です。兵庫県側です。これでまた一つ、関西で自転車(自走)で行った県が増えました。京都、滋賀、奈良、大阪、三重、そして兵庫です。

田能遺跡は弥生時代(2300~1700年前)の集落群です。


CIMG6401.jpgもう一つが、大阪側に戻って、この服部緑地公園です。
広さは126haで、甲子園球場の約33倍もあります。日本の都市公園100選と歴史公園100選にも選ばれています。


CIMG6403.jpgそれだけ広いので、このような広い池がいくつかあります。


帰りもナビに任せます。どうか、万博公園には行きませんように。

CIMG6405.jpg万博公園です。

でも、あのこわ~い道路ではありません。と言うか、すごく広いサイクリングロードです。右に見えるのが車道です。
行きも、できればここに連れてきて欲しかったです。


CIMG6407.jpgその後も、ナビの言うとおりに忠実に従っていると、いつの間にか阪急茨木駅の前を走っていました。


今日の収穫は、途中までしか走れませんでしたが、西国街道を走れたことです。いつか、最後まで走ってみようと思いますが、今日は高槻までの道が分かっただけでも収穫です。これだけでも、高槻まで来易くなりました。良かったです。

本日の走行距離 101.2km
八十八ヶ所巡礼
23日(日)に時代祭を見た後、八十八カ所巡礼に行きました。
と言っても四国巡礼ではありません。仁和寺のうしろにある成就山「御室八十八カ所霊場」です。
会社の同僚S原さんに聞いて、初めてその存在を知りました。

今から180年前、四国の88カ所霊場の本堂の下の砂を持ち帰って、御室八十八カ所霊場を開いたとのことです。四国巡礼は全行程1200キロなのですが、この御室八十八カ所は3キロです。これから何回でも回れますね。

CIMG6336.jpgせっかくなので、仁和寺の中を通って行きました。


CIMG6337.jpg仁和寺にも五重塔があったのですね。知りませんでした。


CIMG6342.jpgこの仁和寺の西門を出たところに八十八ヶ所目が、さらに西に100mくらい行った所に一の案内には「巡礼約2時間 約2キロ」と書いてあります。


CIMG6345.jpgここが一カ所目です。ここから88カ所を回ります。
先ほどの案内には約2時間と書いてありましたが、同僚のS原さんは、中学生の娘さんと約1時間で回ったそうです。
私も負けていられません。1時間切りを目標にしました。


CIMG6346.jpg出だしはこんな感じです。


CIMG6347.jpgそのあと、急な石段になります。


CIMG6348.jpgかと思えば、普通の山道もあります。

全行程、このように変化に富んだ道になっています。


CIMG6356.jpg48カ所目の西林寺が頂上です。標高236mと書いてあります。
高くない山なので、散歩やランニングに丁度良いです。


CIMG6359.jpg途中、ところどころ眺めが良いところがあります。
大文字山方面、京都タワー方面、洛西方面などが見通せます。この写真の中央奥には都タワーが見えます。


CIMG6362.jpgこの先の行き場所が分からない所がありました。
なんと、お堂と岩の間の狭いところを通り抜けます。順路の張り紙が見つからなかったら、分かりませんでした。


CIMG6363.jpgここがゴールの八十八カ所目です。
かかった時間は50分でした。実は頂上付近から、1時間切りが不安になったため走ってしまいました。でも、反則ではないですよね。


CIMG6364.jpg張り紙があったので読んでみると、ランニングする方への注意点でした。走る方が多いのでしょうか。


今回は歩き始めが、すでに午後3時だったので、途中で会った方はたった3人でした。おそらく午前中だったら、もっといるのでしょうね。軽く山登りを楽しみたいときには最適です。
練習
最近、会社の帰りは、行きと比べて3kmの遠回りになるのですが、桂川サイクリングロード経由で帰っています。全13kmのうち、サイクリングロードは7kmです。

一般道路を、信号で止まりながらゆっくり走るよりは、サイクリングロードを走っているほうが、よっぽど楽しいです。ママちゃりだって楽しいです。

今日はさらに練習もできました。サイクリングロードに入ろうとすると、一台のロードレーサが走ってきました。私が帰る方向に走っていきました。それほど飛ばしている感じでもないので、ママちゃりでもなんとかついてけそうです。

少し離れて30m後ろを走りましたが、思ったより速いです。ロードレーサがゆっくり走っているように見えても、ママちゃりにとっては早いのですね。でもこのまま走ると良い練習になりそうです。

後ろにママちゃりがついていると分かったら、スピードを上げるでしょうね。これ以上上げられたら、ついていけないです。

しばらく走っていると、シケインのようなところに差し掛かりました。そのときに、すれ違うような形になりました。私に気がついたようです。思っていた通り急にスピードが上がりました。

あっと言う間に離れていきます。私も、継続できる範囲で、可能な限りスピードを上げました。3段ギアでは適度なギアがありません。中間のギアにすると軽くて回りすぎるし、トップにすると重くてすぐ足にきます。

しばらくは中間ギアで回します。200~300mくらい先にテールランプの点滅だけが見えます。でも、2km、3kmと走るにつれて、そのランプが近づいてきました。相手がスピードを落としたのかもしれません。

そのままのペースを維持していると、サイクリングロードから出る地点の500m手前で、50mくらいまで近づいてきました。ここで、ギアをトップに入れました。スピードは上がるけど重たいです。長続きはしそうもないです。5mまで近づいたところで、相手もサイクリングロードを出ました。一緒だったみたいです。

それにしても良い練習になりました。毎日、こんな感じで帰れたらいいのですが。
時代祭
京都に来て2年半、やっと時代祭を見ることができました。京都のお祭は休みの日に行なうわけではありません。日にちで行ないます。

それがなんと今年は、三大祭の葵祭、祇園祭、時代祭がすべて休みの日に行なわれました。

でも、どの祭も観客が多いため、良い場所をとるには始まる1時間以上前から場所取りを行なわなければなりません。

CIMG6245.jpg1時間前なのに、もうこんなに集まっています。この列が京都御苑の中、ずーと続いています。
実は、私も1時間半前に場所取りしました。一人だとその間とても暇です。


CIMG6247.jpgやっと始まりました。


CIMG6249.jpgこの馬、この直後に業務放棄します。
確かに、重すぎる気がします。そんなに力がある馬ではなさそうだし、タイヤが砂利に埋れています。
後ろから大人3人が押したのですが、びくともしない重さです。結局、全員馬車から降りていました。


CIMG6269.jpg歩くだけの行列の中で、唯一動きがありました。
見ていて楽しかったです。


CIMG6290.jpg太い足の馬です。力がありそうです。
この馬が、さっきの馬車を引けば良いのに。


あまりにも行列が長いので、ここからは女性のみ掲載します。

CIMG6285.jpg出雲阿国(いずものおくに)です。
京に出てきた阿国は、八坂神社や北野天満宮で踊っていて、人気者だったようです。
四条河原町に阿国の銅像があります。


CIMG6307.jpg大原女です。「おおはらおんな」だと思っていたら、「おはらめ」でした。
そういえば、以前に大原に行ったときに、大原女まつりというものがありました。大原女の格好ができるそうなのですが、どんな格好か分かりませんでした。今回やっと分かりました。


CIMG6308.jpgこちらは桂女(かつらめ)です。
桂に住んでいた巫女です。祝い事のある貴族の邸へ行って祝言を述べ、後には疱瘡や安産の守り札を売り歩くこともしていたようです。


CIMG6309.jpg淀君です。


CIMG6320.jpg清少納言と紫式部です。この二人だけ車に乗っているということは、かなり力があったのでしょうか。淀君でさえ歩いていたので。


CIMG6322.jpg小野小町も歩いています。
なんで清少納言と紫式部は・・・・


CIMG6330.jpgこの行列が一番最後です。その後ろに立ってみました。こんな感じです。


行列のはじめから終わりまで、実に2時間かかりました。行列は、この京都御苑を出たあとは、一般道路を歩いて平安神宮まで行きます。みなさん慣れないわらじを履いて大変でしょね。
奈良公園
今日は時代祭のはずでしたが、雨のため明日に延期です。

その雨も朝8時ごろには止んでしまって、9時ごろには道路も乾きはじめました。明日は時代祭を観るので、自転車に乗れるのは今日だけです。天気予報を見ると、午後3時からまた雨が降り出すようです。

それまでに帰って来られるところで、いろいろ考えた結果、片道50kmの奈良公園に決めました。その50km中、40kmがサイクリングロードです。今日のテーマは、行きも帰りも休憩なしとします。

朝、雨が降っていたせいか、サイクリングロードにはいつものようなサイクリストはいません。ジョギングをしている人は大勢いるのに。ちょっと寂しいです。

CIMG6218.jpgなんと、流れ橋の上の部分がありません。2度の台風で落ちたまでは知っていたのですが、そのときは流されてはいませんでしたし、その後には大きな台風なかったのに。


CIMG6220.jpgそばまで行ってみると、橋の横に積んでありました。そろそろ工事を始めるのでしょうか。


CIMG6229.jpg奈良公園に着きました。ゆっくりでしたが、流れ橋の撮影時以外は休憩なしできました。

奈良公園は、まだ震災前の賑わいまでではありませんが、修学旅行の生徒も大勢いました。


CIMG6226.jpg2月堂は工事中のようです。
建物の周りには足場が組まれていました。


CIMG6232.jpg広葉樹はわずかに色づきはじめています。
でも、もみじはまだまだ緑色です。


CIMG6235.jpg浮見堂に行ってみました。
ここの紅葉もきれいなのですが、11月の末になります。

さて、遅くなると雨が降ってくるので、この辺で引き上げることにします。


CIMG6236.jpg帰る途中にある般若寺です。
中ではコスモス祭をやっていました。


サイクリングロードに入ります。行きはアベレージ速度25kmできたので、帰りは30kmを目標にします。40km走るので、足が切れないように無理しないようにします。

このサイクリングロードはフラットで真っ直ぐなわけではありません。ほとんどは川の土手を走るのですが、道路を横切るときには下をくぐるため、そのあとの上りは結構足にきます。また、何箇所かシケインのような急コーナがあるので、止まるようなスピードになります。

順調に走っていると一台のロードレーサを抜きました。そのロードレーサはスピードを上げなかったので、その後もマイペースで走りました。

ところが、その後のシケインの折り返しで、その方が必死に追い上げてきているのが見えました。

私は今のペースで走りたいので、その方が来たら先に行ってもらおうと思いましたが、へたするとその方のドラフティングに入ってしまう可能性があります。

今回はドラフティングなしで走りたいので、少しスピードを上げることにしました。巡行速度を36~38kmにあげました。いつの間にか、その方は見えなくなりました。

でも、そのせいで、40km走り続ける足がなくなりました。20km地点で一旦休むことにしました。

CIMG6238.jpgスピードメータを見ると、あれだけスピードを上げたのに、アベレージスピードはたった32.4kmでした。感触では35kmは越えていると思ったのに。


5分くらい休んで走り出しました。1回休んじゃいましたが、最初の予定通り、距離40kmでアベレージスピード30kmを目指します。

まだ、疲労の回復はしていません。先ほどのように、スピードが上がりません。アベレージが下がるのはあっけないのですが、アベレージを上げるのは大変です。

CIMG6243.jpgサイクリングロードを出るところにきました。距離40kmでアベレージ31kmで、目標達成です。


それにしても、前半の多少無理した走りと、後半のイーブンペースで走ったときの差はたった1.6kmです。後半は、シケインが少なかったせいでしょうか。それとも、最高スピードを上げるより、イーブンペースを心がけた方が良いのでしょうか。

※家に着いてから1時間もしないうちに、天気が大きくくずれて、外は嵐のようになりました。雷とすごい暴風雨です。危なかったです。
走っているときは、こんなになるとはみじんも感じなかったのに。


本日の走行距離 100.8km
不幸中の幸い
自転に乗っての会社の帰り、なんか後ろのタイヤに違和感を感じました。グニグニと踏ん張りがない感じです。

もしかしてと思い、自転車を降りて、後ろのタイヤを指で押してみました。完全に空気は抜けてはいませんでしたが、やっぱり柔らかいです。おそらくパンクです。

通常であれば、ここから何キロか自転車を押して歩きます。ところが、今日は不幸中の幸いでした。30m寄り道をしたところに大型自転車店があるのです。もう7時を過ぎているので、もしかすると店は閉まっているかも知れないと思いつつ行ってみました。

良かった。店は開いてました。店の中に自転車を持ち込むと、修理中の自転車をおいて、私のパンクの修理に取りかかってくれました。タイヤからチューブを取り出して空気を入れると、シューと空気がもれる音がします。

間違いなくパンクです。次は原因をあたっています。指の腹でタイヤの内側をなでていると、「痛っ」と言って指を止めました。

何か刺さっています。ラジペンで抜いてみると、画鋲の針の形と似ていました。良くこんなのが刺さりました。

その後、チューブにパッチを張って終了です。その間数分のことで、何事もなかったように帰りました。
水郷と古き商家のたたずまい「近江八幡」
今日はeibuさんとちょっと遠目のサイクリングです。目的地は滋賀県の近江八幡。水郷と昔の建物で知られています。昔の建物と言っても、近江八幡は和風の建物だけでなく、洋風の建物もあります。

CIMG6180.jpg琵琶湖に着きました。まずは近江大橋で東岸に渡り、そこから近江八幡まで北上します。


その前に、家を出てから30km地点(eibuさんはすでに45km)にある「道の駅 草津」で休憩を取ります。ハンガーノックにならないためにも軽く食べておきます。ドラやき3個入りがあったので、二人で買って分けることにしました。

補給も済んだので、また走り始めます。目的地まで、あと25kmです。横風が強いのですが、多少フォロー気味です。そのため、スピードが上がりやすくなっています。ということは、帰りが心配です。

とりあえず、行きはフォローの風に乗って、スピードを維持したまま目的地に到着しました。最初はもっとも遠い位置にある水郷に行ってから、市街地に戻ります。

CIMG6186.jpg水郷です。のどかですね。
今日はバスの団体さんが多いようです。


CIMG6201.jpg昔の郵便局です。洋館なのですね。


CIMG6209.jpg愛車も記念写真です。
当時にタイムスリップしても、ロードレーサーじゃ走れませんね。マウンテンバイクでないと。


CIMG6211.jpg新町通りです。ここは和風です。


CIMG6188.jpg八幡宮入口から見た八幡堀です。
写真奥に堀めぐりの船の発着所があります。


CIMG6190.jpgかわらミュージアムにある、喫茶店「瓦亭」に入りました。
近江牛カレーを頼みました。大盛りにするか迷いましたが、結局、普通盛にしました。食べ過ぎると、この後自転車を漕げなくなるので。


帰りは、ちょっと道に迷ってしまいましたが、ナビを取り出してなんとか事なきを得ました。

休憩するためにコンビニに寄ると、3名のロードレーサがいました。良くみると、見たことがある顔です。なんと2年前知りあった方たちで、今までにも何度かいっしょにサイクリングをさせていただいた方たちでした。

それにしても、こんなところで会うなんてびっくりです。実は、近江八幡も以前案内していただきました。ちょうど今日eibuさんにその話をしたばかりです。

そしたら、その方たちも、先週私の話をしたばかりだったようです。不思議ですね。

琵琶湖大橋までご一緒させていただき、来月に走る約束をして別れました。


CIMG6216.jpg帰りも「道の駅 草津」で休憩しました。
お約束のソフトクリームです。めずらしく、バニラ/チョコのミックスにしました。


CIMG6217.jpg逆光の湖面を撮ってみました。
向こうに見える近江大橋を渡って帰ります。


1号線には入ると逢坂山峠までだらだら坂が続きます。疲れた足にはこたえます。

逢坂山峠を越えると、こんどは東山の峠があります。いつも思うことですが、この二つの峠がなければ、滋賀県はもっと頻繁に行ったことでしょう。

私がこれだけ走ったってことは、eibuさんは150km弱でしょうか。無事帰ったのかな。クリートも破損していたし。

本日の走行距離 117.8km
本日のルート(往路) ←クリックしてください
スポークが・・・
ママちゃりに空気を入れようと、バルブの位置を入れやすいところまでタイヤを回していたら、スポークがポロっと取れちゃいました。

CIMG6179a.jpg良くみると、スポークが折れたのではなく、ニプルが折れたみたいです。
走っているときでなく良かったです。フレームに絡んでしまったら大変ですから。



近くにある自転車屋さんに行って、ニプル交換と振れ取りをしてもらいました。

ついでに、ダイナモライトも交換しました。最近、回りが悪くなって、ペダルがかなり重くなる上に、ライトが点かない時があります。最近のライトは明るくなっているのかな。昼間なので分かりません。来週、会社の帰りに確認します。


三連休最後のサイクリング
連休最後の月曜日は一人でサイクリングです。コースは南摩です。
私はここの景色が大好きです。しかも、マイナーな場所なので、車や自転車はほとんど通りません。ほとんど貸しきり状態で走れます。

CIMG6166.jpg行きがけに寄ったコンビニです。
なんと、バイク掛けが置いてあります。バイク掛けがあるコンビニなんて、日本広しと言っても数少ないでしょうね。さすが、ジャパンカップコースにあるコンビニです。
昨日の朝は、ここに30台くらいのロードレーサが集まっていました。


CIMG6172.jpg南摩にきました。
このような田園風景は心が安らぎます。


CIMG6169.jpg道路の一部が工事中になっていました。
やっとすべて舗装されたと思ったのに、またコンクリートをはがしています。やはり、この付近の工事はあやしいです。なんの工事かの看板もないし、ほとんど交通量がないのに立派なトンネル工事をしています。誰も通らないことを良いことに、人知れず税金を使っています。国なのでしょうか、県なのでしょうか。


CIMG6175.jpg家に帰る途中の景色です。
絵になりますね。やっぱり栃木県は最高です。



本日の走行距離 68.5km
日光紅葉の旅 & 山王林道夜間ラリー
9日(日曜日)の午後に日光に行ってきました。午前中の自転車を早めに切り上げて、家族との時間を作りました。日光は、3連休に帰省している大学生の娘が、ニュースで竜頭の滝の紅葉を見たのが発端です。

この時期、日光が混むことは知っていましたが、出かけたのが午後だったので、日光に着く頃にはもう解消しているだろうと楽観視していました。

日光宇都宮道路も空いていたし、そこからいろは坂も空いていました。途中に道路情報があって、「中宮祠まで90分」と表示していたのですが、この空き具合だったら問題ないだろうと考えました。

CIMG6143.jpgいろは坂に入っても空いていたので、安心したとたん、4~5個のカーブを過ぎたところとかろから、急に動かなくなってしまいました。
周りの車のナンバーを見ると、地元ナンバーはいません。ほとんどが関東圏内の車ですが、長崎県のナンバーもありました。


先ほどの道路情報では、90分で中宮祠まで行けるはずなので、それを信じてがまんしていましたが、90分経っても、まだいろは坂の真ん中くらいでした。

結局、中宮祠に着いたのは、2時間半後でした。まいりました。
お腹も空いたので、中禅寺湖畔の喫茶店で軽く腹ごしらえをした後、竜頭の滝に向かいました。

反対車線は渋滞で全く動いていません。帰りを考えるとぞっとします。結局、竜頭の滝まで行っても、反対車線は渋滞のままでした。

CIMG6153.jpg竜頭の滝です。
見事な紅葉です。来た甲斐がありました。娘も感激していました。


CIMG6156.jpg軽くお茶しているうちに、完全に日が暮れてしまいました。
すると今度はライトアップです。これもまた見事でした。


竜頭の滝に感動した後は、帰りの渋滞が待っています。おそらく、上がってきた倍くらいはかかるのではないでしょうか。もう6時を過ぎているので、家に着く頃には日にちが変わる頃でしょう。

考えたあげく、一か八かの冒険をすることにしました。

いろは坂を通らない方法、そう山王林道を通ることです。林道と言っても舗装はされています。ただ、山奥なので車は通らないだろうし、街灯もないので、何かあったときにはとんでもないことになります。

家族の意見も聞き、山王林道案を決行することにしました。ということは、この竜頭の滝よりも、さらに日光の奥に行くことになります。さらに車を進めると、まだ反対車線の渋滞は、奥まで続いています。

山王林道は戦場ヶ原から高徳牧場に入ります。ここまで来ると、いつのまにか反対車線の渋滞もなくなっていました。というか、周りに車がなくなっていました。今度は暗くて道が分かりません。ナビでどの辺を走っているのか、妻と娘に確認してもらいながら走りました。

やっと、ナビで曲がる場所が分かったのですが、実際の道路はその真ん前まで行かないと分かりませんでした。それだけ、周りが暗くて、ヘッドライトだけのあかりでは確認しにくいのです。

ここでこれだけ苦労しているので、山奥に入ったらどうなるだろうと不安になりましたが、もうあとには引けません。

真っ暗い中、道路を確認しながら走っている状態です。他には何の明かりもありません。しかも周りは木しかありません。不気味で一人だったら絶対来ません。くねくね道なので、コーナの先には明かりが届きません。

しばらく、そんな状態で走っていると、後ろから猛スピードで車が近づいてきました。近くまで来たら、私を抜いていくのだろう。そしたら、その後ろに付いて行けば、カーブの状況が分かると思っていたら、その車は私を追い越す様子がありません。適度な車間距離をあけて着いてきます。

急いで走ってきたのは、私の車を案内役にするためだったようです。でも、私も他の車がそばにいるという安心感がありました。

2台で連なって走っていると、前の方に一台の車が走っていました。しめたと思い、後ろに付くと、その車は止まってしまいました。結局、この車も私を案内役にするのかと思ったら違いました。おそらく、この道路を走ることをあきらめたようです。当然ですよね。

そんな状態で1時間くらい走ったでしょうか。やっと川俣温泉に着きました。ここまで来ればあとは問題ないだろうと思ったら、ここから先、まだ山道を下りなくてはなりませんでした。

結局、今市に着いたのは竜頭の滝から2時間後でした。でも、まともに下りてきたら、まだ半分あたりでしょうか。妻は緊張で肩がこったようです。娘は良い思い出になったでしょう。

久々の鯰錬
久しぶりに鯰錬に参加させて頂きたいと思い、車に自転車を積み込もうと思ったら、今日は私の車は使えないことに気づきました。

仕方がないので自走で行くことにしましたが、B☆P・TOCHIGIの集合時間には間に合わないので、途中で合流することにしました。大越路トンネルのそばにある清流の郷「かすお」であれば、家を7時30分に出れば、皆さんが到着する少し前に着けると考えました。

実際「かすお」には、皆さんが到着する15分前に着く事ができたので、コーヒータイムが取れました。

そのうち、チームの皆さんが続々と到着してきました。峠を上られた方は、少し遅れて到着しました。監督さんと皆さんに挨拶をして、一緒に走らさせて頂きました。

監督さんの指示でスピードを抑えて走っているようなのですが、とても抑えているとは思えません。離されないようにするのがやっとです。抑えていなかったら、もはや付いて行けないでしょう。

当然といえば当然です。私は、毎週自転車に乗っているとはいえ、サイクリングです。集団で高速走行やスプリント練習をしている皆さんにかなうわけはありません。参加するたびにいつも思う事ですが。特に心拍がだめです。でも楽しいから良いです。

今日は、午後から家族と日光に紅葉を見に行くので、途中離脱をさせていただきました。途中参加の上に、途中離脱でした。

今日もありがとうございました。

編集後記
CIMG6136.jpg清流の郷「かすお」に向かう途中、鹿沼の街を抜けましたが、大きな屋台が引かれていました。
後で知りましたが、鹿沼ぶっつけ祭りと言うそうです。26台の彫刻された屋台がパレードを行ったそうです。

CIMG6139.jpg帰り道に、宇都宮市下砥上の田んぼの中に立っている案内を見つけました。「とちぎのふるさと田園風景百選 認定地」と書いてあります。
他にはどこが選ばれているのでしょうか。


前後輪同時パンク
法隆寺の帰りのことです。強い向かい風の中、やっと家まで残り10kmを切り、eibuさんとも別れた直後でした。自販機でドリンクを買うため、サイクリングロードから一旦出たときにタイヤにすごい衝撃を受けました。と同時に「プシュー」 パンクです。

CIMG6122_20111005211636.jpg何を踏んだのか確認すると、何なのか分からないのですが、平べったい鉄板の丸い部分が土から出ていました。



CIMG6119.jpgいつまでも落ち込んで入られないので、パンクの修理をすることにしました。ちょうど土手に座れる場所がありました。
ちなみに、この狭い道が、サイクリングロードから向こうに見える一般道路に出る道です。パンクしたのは、一般道路に出る直前です。


衝撃からするとホイールまでいってもおかしくないものでしたが、ホイールには問題ありませんでした。でも、パンクしてるのはなんと前後両方のタイヤでした。何度もパンクしてますが、こんなのは初めてです。

いつも予備のチューブは2本持っているので、何とかその場はしのげました。修理しているときに、通りかかりのおじさんが話しかけてくれました。そのおじさんとしばらく話しているうちに、滅入っていた気持ちが良くなってきました。良かったです。おじさん、ありがとう。

大文字山 Part2
今日は大文字山に登りました。先月の山科からのルートではなく、インクラインからのルートです。

eibuさんとF田さんが一緒です。二人が大文字山に登りたいということと、私は前回とは別なルートから登ってみたかったので、一緒に登ることになったしだいです。


CIMG6123.jpg南禅寺の水路閣です。ここからインクラインに向かいます。


CIMG6125.jpg疎水沿いに歩けば、そのままインクラインの上にある琵琶湖疎水の船着場に着きます。


CIMG6126.jpgインクラインからは、この橋を渡って日向大神宮の前を通って、大文字山の頂上に向かいます。


橋の手前に京都一周トレイルの道案内がありました。今から登るルートは、京都一周トレイルのルートのようです。

実はこの先のルート上の分岐点にもこの道案内があって、迷うことはありませんでした。京都はこういうところがしっかりしていて、私のように京都以外の人でも不安を感じることはありません。とても助かります。

CIMG6129.jpg日向大神宮の入口です。先を急ぐので入りません。


そのあとは道なりに歩いて、分岐点は京都一周トレイルの案内に従うだけです。それ以外は、自分の体力まかせです。

CIMG6131.jpg頂上に着きました。ここからの眺めは、京都一です。
それにしても、建物がびっしりです。


そこから10分くらい下ると大文字の火床に着きます。この辺りに来ると、大勢の人で賑わっています。そこからの景色も最高で、他の五山送り火の火床が、一望できます。

まだ11時でしたが、買ってきたお弁当を食べました。お弁当は山登りの楽しみの一つでもあります。

その後は銀閣寺へ下山して、哲学の道を歩いて帰りました。今回のルートは短い距離なので、登る前はたいしたことはないと思っていましたが、意外と歩き応えがあるコースでした。
柿食えば・・・
今日のサイクリングはeibuさんと法隆寺です。今年2回目です。

前回は6月に行ったのですが、とても6月とは思えないくらいの暑さ(最高気温35℃)で、水分補給は3.5リットルで済みました。

今日は、最高気温22℃だったので、サイクリング日和でした。水分補給も1リットルでした。やっぱり、疲労度合いは、距離よりも天候に大きく左右されます。今日はほとんど疲れませんでした。

ルートは、桂川/木津川サイクリングロード~24号線~249号線です。

CIMG6092.jpg法輪寺です。
この辺りまで来ると、柿の木が多くなってきました。法隆寺が近づいてきた感じがします。


CIMG6096.jpg法隆寺に着きました。
まずは夢殿です。聖徳太子を偲んで、739年に建てられたものです。


CIMG6102.jpg南大門をくぐったところです。
向こうには五重塔が見えます。
おそらく中学の修学旅行で来たはずなのですが、全く記憶にありません。?十年も前のことなので。


CIMG6108.jpg五重塔を見たことは覚えているのですが、この法隆寺なのか、興福寺なのか。


CIMG6114.jpg柿のソフトクリームがあったので食べてみました。柿の味は分かりませんでしたが、おいしいので満足です。


CIMG6118.jpg帰りは秋篠川サイクリングロードを走りました。


CIMG6116.jpgサイクリングロード沿いには、この薬師寺があります。
さらにサイクリングロードを北に行くと唐招提寺があります。


今日は朝から北風が強く、行きの60kmは追い風に楽させてもらったのですが、帰りの60kmは風に押し戻される感じでした。

桂川サイクリングロードでは、eibuさんと分かれたとたんにパンクしちゃうし。しかも、自転車人生初めての前後輪同時パンクでした。後ほどレポート書きます。

本日の走行距離 122.8km