この冬一番の寒さ
今日の朝は、今シーズン一番の寒さでした。出かける時間になっても、まだ-3.5℃です。こんな日の自転車通勤は、できれば遠慮したいです。

かといって、それほど厚着をしているわけではありません。コートの下は、ワイシャツとアンダーシャツだけです。顔は耳当てとマフラーです。

で、実際走ってみると、気温の割には、あまり寒さは感じませんでした。どこが一番寒いかと言うと、自転車のグリップを握っている手のひらでした。それ以外の部分は寒さを感じる前に、走っているうちに温まってきました。しかも会社につく頃には、汗をかきそうだったので、少し抑えて走りました。

おそらく、今日よりも寒い日は今後あまりないでしょうから、この冬も無事に越せそうです。ああ良かった。
スポンサーサイト
石清水八幡宮 鬼やらい神事
今日の朝は、昨日以上に寒かったです。なかなか、0℃以上に上がりません。11時になって、やっと2℃になりました。やっと重い腰を上げることにしました。

今日の予定は、まず上桂の床屋に行って、その後、八幡市の石清水八幡宮です。石清水八幡宮は日本三大八幡宮の一つです。他の二つは大分の宇佐八幡宮、福岡の筥崎宮です。

京都のイベントカレンダーで、ここで「鬼やらい神事」が行なわれることを知ったからです。「鬼やらい神事」とは節分の行事で、まさに豆を撒いて鬼を退治する行事です。

今回は全行程で40km程度なので、ママちゃりで行きます。

床屋からは桂川サイクリングロードを走ったのですが、名神高速を横切ったあたりから急に横風が強くなりました。あまりにも強いので、サイクリングロードから出て、13号線に入りました。

ところが、今度はまともに向かい風です。平地なのに、ペダルが重くて踏めません。内装3段の一番軽いギアにして、やっと漕ぐことができました。これだと時間がかかりそうです。でも、まわりのママちゃりよりは、早いです。中には、漕げなくて、自転車を押していたおばちゃんもいました。

CIMG4555.jpgやっと、石清水八幡宮に到着です。
駐車場の前にある橋ですが、趣きがあります。


CIMG4557.jpg八幡宮は男山の上にあります。
参道で上がります。こちらは、裏参道です。


CIMG4558.jpg今回は、この表参道から上りました。
本殿までは、高低差120mくらい上ります。おそらく高低差では立木観音と同じくらいですが、こちらの坂の方が緩やかです


CIMG4561.jpgやっと到着です。


CIMG4562.jpg境内に入ると、鬼やらい神事の見学者が並んでいました。
私もそれに加わりました。


CIMG4566.jpgまず、神官や巫女たちが上がってきました。


CIMG4577.jpgしばらく経ってから、鬼たちが上がって来ました。
子供たちに向かってほえています。当然、小さな子供たちは、おびえて泣き出しています。


CIMG4584.jpg鬼たちはこの太鼓に合わせて上がってきました。


CIMG4586.jpg鬼が本殿に入ろうとしますが、神官や巫女が撒く豆に往生しています。最後には逃げていきました。


CIMG4596.jpg鬼が逃げ去った後で、参拝者に福豆袋が撒かれます。


CIMG4614.jpgラッキーです。私も取ることができました。


CIMG4597.jpg境内から出て下の広場に行くと、「うまいもの市」をやっていました。


CIMG4598.jpgまずは「オムやきそば」を食べました。読んで字のごとく、やきそばの上をたまごでおおっています。とても、おいしかったです。


CIMG4600.jpgそのあと、牛すじの煮込みを食べました。初めて食べましたが、これもまたおいしかったです。


さて、おなかもいっぱいになったので下りることにしました。
そのとき、ちょっと悪い予感がしました。右ポケットに入れていた自転車の鍵が心配になったのです。デジカメも同じポケットに入れていたので、出し入れしているときに、もしかしたら落としてしまったかも。

恐る恐るポケットに手を入れてみました。不安が的中してしまいました。すぐ、おいしいもの市の歩いたあたりを捜しましたがありません。今度は境内を捜しましたが見つかりません。

そばにいた警備員のおじさんに、落し物はどこに届くのか聞きました。事務所を教えてもらい、そこに行くと、境内の中に届いているかも知れないということです。もう一度、言われた場所に行って尋ねてみました。ありました。間違いなく、私の自転車の鍵でした。

良かったです。一時はどうしようかと思いました。
それともう一つ、山を下りる前に気付いて良かったです。下りた後では、また登らなくてはなりませんでした。

CIMG4601.jpg下りは裏参道で下りました。
途中にはケーブルカー乗り場がありました。これがあれば、体力に自信のない方でも来られます。



帰りは、追い風にのって楽に帰りました。

本日の走行距離 41.5km(ナビの結果)
本日のルート ←クリックしてください
京都市内一周
今日の朝は、なかなか気温が上がりませんでした。とても、サイクリングに行く気にはなれません。9時時点でまだ零下で、10時になっても2℃です。11時になってやっと4℃近くになったので、やっと出かける気になりました。

出かけるのが遅くなってしまったので、今回は近場にしました。ルートは、京都市内一周です。距離が短いので、折りたたみ自転車BD-1です。

まずは、桂川沿いを南に下り、途中から伏見に向かいす。伏見からは、名神高速沿いを走り、山科に行き、そこからは北大路通りまで北上し、さらに絹かけの道、嵐山、洛西と回ってっきました。

今日は、ゆっくりだったので、ほとんど歩道を走りました。晴れている時間が多く、本当に気持ちが良かったです。

CIMG4537.jpg山科の街を北上すると、大きな通りに出ました。てっきり三条通だと思い込んでしまい、坂を上っていくと、途中から歩道がなくなってしまいました。

三条通だったら、左車線でも歩道が続いています。これは1号線でした。


あやうく、家に帰ってしまうところでした。引き返して、この1号線を渡り、さらに北上しました。

CIMG4538.jpgまた、大きな通りに出ました。今度こそ三条通でした。
ここも坂を上ります。


CIMG4539.jpg坂を上りきったところに、モニュメントがありました。
いつもは車道を走っているので気付きませんでした。
車石といって、レールとは逆で、地面が凹状にへこんでいます。このようにすると、牛車の車輪が安定し、坂を上るのが楽になるそうです。


CIMG4541.jpgそこから、下り坂です。
2~300m下ると、右側にインクラインがあり、そこにあるトンネルをくぐりました。


CIMG4542.jpgそのまま進むと、南禅寺の三門の前に来ます。


CIMG4543.jpgそこから、哲学の道のちょっと西側を走ると、銀閣寺の参道付近に出ます。
山の上には、五山送り火の「大文字」が見えます。

ここから、さらに北大路通りまで北上します。


CIMG4544.jpg北大路通りは、私が京都市内で知っている自転車用レーンの中では、広くきれいです。


CIMG4545.jpg歩道の段差も、この通りほとんどありません。


CIMG4548.jpg金閣寺の手前で、今度は「左大文字」が見えました。

ここからは、金閣寺、竜安寺などがある「絹かけの道」を走りました。


CIMG4549.jpg広沢池です。
この池は冬場は水を完全に抜きます。養殖していた鯉やフナをとるためです。


CIMG4551.jpgこの付近からは、五山送り火の「鳥居形」が見えます。
次回の送り火は、ここまで見に来ようと思っています。広沢の池に燈籠を浮かべ、そこから見る「鳥居形」が、すばらしく幻想的らしいです。


CIMG4554.jpg嵐山を通り抜けて、さらに南に進むと、松尾大社があります。
今度、あらためて来ることにします。


その後、洛西経由で帰りました。折りたたみ自転車だと、ゆっくり走っても楽しいです。おそらく今日は、LSDで十分脂肪燃焼したのではないでしょうか。

本日の走行距離 51.1km
本日のルート ←クリックしてください
ママちゃり初パンク
朝、家を出ると雪がパラパラ降ってきました。でも、雨と違い、頭や服に積もっても、ときどき払い落とせば問題なし。いつものようにママちゃりで出勤です。

その雪も一つだけ難点がありました。自転車で走っていると、雪が思いっきり目に入ってきて、まともに目が開けられませんでした。でも、雪も長続きはせず、30分くらいで止みました。これで、やっと普通に走れると思った瞬間、後ろのタイヤのほうからプシューと音が聞こえました。会社まで残り1kmくらいのところです。

この自転車で通勤して、約2年。とうとう、そのときがきてしまいました。いつかはパンクすると思っていましたが。

パンクの原因を捜したのですが、分かりませんでした。とにかく、会社まで自転車を押しましたが、とても長く感じました。

P1000010.jpg会社に着いてから、もう一度タイヤを見てみました。
見つけました、パンクの原因を。でも、なんでこんなところに、こんなものが。
とても、走っていながら刺さる場所ではありません。タイヤの真横なのですから。


会社が終わってから、長岡京駅のそばにある自転車屋さんに持ち込みました。あらかじめ、昼休みに電話しておきましたので、他の自転車を修理中でしたが、すぐ取り掛かってくれました。

刺さっていたピンは、反対側にも突き抜けていて、穴は2箇所でした。しかも、その穴はピンの太さくらいありました。この様子だとチューブ交換が妥当かもしれませんが、チューブは交換せずにパンク修理でお願いしました。

帰り際に自転車屋のご主人に聞かれました。
「どちらまでお帰りですか」

「西大路の少し先までです」
「それじゃ、そこの駅まで自転車で行って、そこから電車ですか」
「いえ、家までこの自転車です」
「・・・・・」

ママちゃりだからびっくりしたのでしょうか。

栃木県初優勝  都道府県対抗男子駅伝
昨日、サイクリングから帰ってきてテレビをつけたら、都道府県対抗駅伝をやっていました。でも、テレビをつけただけで、あまり気に留めずに、別なことをやっていました。

それにしても、やけに私の故郷である栃木県という言葉が聞こえてきます。

テレビを見てみると、なんと栃木県がトップで走っています。高校生の塩谷選手で第4区です。そのまま、テレビに見入ってしまいました。

解説の方の話だと、1区を走った選手も区間賞を取ったようです。さっそくネットでNHKオンラインをみてみると、やはり高校生で八木沢選手でした。

その後も、はらはらどきどきしながら見ていました。アンカーの宇賀地選手は安定した走りだったので、すこし安心して見てられました。

そして、トップでゴールです。すごいです、今年の栃木県。
ハムストリングがバテバテ
昨日は峠で寒い思いをしたので、今日は高いところには行かないことにします。
と言うと、行き先は限られてきます。ちょうど2週間前に行った、桂川サイクリングロード、木津川サイクリングロード、307号線、石山と全く同じルートを走りました。

気温が3℃になるのを待って出かけました。時間は9時30分でした。

桂川や木津川サイクリングロードでは、たくさんの自転車とすれ違いました。大勢のメンバーで走っている方たちや、お父さんと息子さんで走っている方もいました。お母さんと小学生の息子さんも走っていました。しかも、2人ともばっちり決めています。こんな親子って、良いですね。

P1000008.jpg桂川を走っていると、昨日、山の上から眺めた景色を、ちょうど反対側から見る場所がありました。写真を撮ろうと思ったら、デジカメを忘れてきたようです。仕方がないので、携帯で撮りました。
昨日は、向こうに見える山を走っていたのですね。


桂川はゆっくりな速度で走れたのですが、木津川にくると、ちょうど体が温まってきて、気付くとスピードを出しています。これでは意味がないので、スピードを落とします。でも、気付くとまたスピードを出しています。一人で走ると、どうしてもペースが乱れてしまいます。

P1000009_20110123194926.jpgこの山城大橋で木津川サイクリングロードから出て、次は307号線を走ります。



それにしても、今日は疲労感を感じます。昨日の疲れが残っているのでしょうか。それともハンガーノックでしょうか。心配なので、しょっちゅう止まってはパンを食べていました。

琵琶湖あたりから1号線に入ったのですが、この軽い上りさえつらいです。ハムストリングあたりが最も疲れています。仕方がないので、休憩します。コンビニに入って、カップそばを食べました。

お腹もいっぱいになって、また走り出しました。でも、すぐハムストリングが疲れます。昨日は、そんなことは感じなかったのに。

ふと、思いました。もしかすると、昨日サドル高を2cm下げたことが影響しているかも知れないと。確かに、ハムストリングをいつもより使っていることを実感していました。

ちょっと自転車を止めて、サドルを1cmだけ上げてみました。走ってみると、ハムストリングの疲労感がだいぶなくなりました。大腿四頭筋がハムストリングを助けているようです。たかが、1cmでこんなに違うのかと思うほどです。

おそらく疲れているときだからこそ、この差が分かるのでしょう。疲れていないときだったら、全く分からないでしょうね。

家に着いたら、念のためメジャーでサドルの高さを測っておきました。

本日の走行距離 75.9km
本日のルート ←クリックしてください
柳谷道
先週の土日は天気が芳しくなかったので、外に出ずじまいでした。暇だったので、クロスバイクのラレーを街乗り用に改造しました。
今日は、改造後初めて走ります。

走り出す前に、サドル高を2cm下げました。プロはポジションの変更をミリ単位で行なうそうですが、私の場合、ミリだとその差がぜんぜん分かりません。ハンドル高もそうですが、一気に2cmくらいは平気で変えちゃいます。

サドル高を下げると、私の場合は、ペダリングに使用する筋肉のうち、大腿四頭筋を使う比率が減って、その分ハムストリングが多く使われます。いや、使われる気がします。トップスピードを出すとか、速度の変化に即座に対応することはないので、特に問題はありません。

気温が少し上がるのを待って、9時30分に出かけました。今日はほぼ快晴で、穏やかでサイクリング日和です。

走り出してしばらくすると、スピードメータが動いていないことに気付きました。そうでした。ホイールを交換したときに、センサーの磁石を付けるのを忘れていました。引き返して、取ってきました。

メータもばっちり動いたところで、再出発です。改造の結果ですが、特に悪い感じはありません。ワイヤー錠、スタンド、ホイールでトータル1kgは車重が増えたと思いますが、平地をゆっくり走る分には全く問題はありません。

さて、今日は柳谷道にいきます。これで「やなぎだみち」と読みます。谷(タニ)の「ニ」の字は読まないようです。

京都の長岡京市と、大阪の高槻の間を通る峠道です。行きは桂川サイクリングロード、淀川沿い(今日はサイクリングロードではありません)を走って、枚方まで行って、枚方大橋を渡って高槻まで行きます。

CIMG4497.jpg桂川から見た西の山々です。
左が天王山ですが、帰りはおそらく、その奥に見える山を走るのだと思います。


CIMG4498.jpg桂川付近では風はなかったのですが、ここ淀川付近から向かい風が強くなってきました。進むのにちょっと苦労しました。
ちなみに、いつもの淀川サイクリングロードは、このゴルフ場の向こう側にあります。


枚方まで来ると、今度は北に向かうので追い風になります。ぜんぜん違います。高槻までは楽に進みました。
それも高槻までで、高槻からは山道に入ってしまうので、その恩恵が受けられなくなりました。今日は逆コースのほうが良かったかも。

CIMG4501.jpg山道に入ったところで、ちょっと軽食タイムです。今日はチョコドーナッツです。
スタンドがあると、やっぱり便利です。どこでも、すぐ止められます。


それにしても、この道路、山の中腹に採石場があるため、大きなダンプが時々行き来します。ちょっと怖いです。
採石場を越えるとダンプはいなくなったのですが、今度は坂が急になってきました。しばらくはジグザクで上りました。

CIMG4503.jpgしばらく走ると、また穏やかな上りになってきたのですが、今度は道路が狭くなってきました。でも、車の量が少ないので、全く問題はありません。


CIMG4505.jpgだいぶ上ったところに集落がありました。


CIMG4507.jpgさらに上ると、そこだけ雪国です。
トンネルを抜けたわけでもないのに、ここだけ別世界です。


CIMG4510.jpgその雪国から少しだけ上るとゴルフ場がありますが、そこが頂上です。標高が約360mです。
今回は、ナビにこのゴルフ場を目標に設定していました。


CIMG4516.jpg頂上から少し下ったところに、街並みが見下ろせる場所がありました。
良く見ると私の会社が見えます。長岡京の街並みと言うことです。


その後の下りは、寒くて仕方がありませんでした。ブレーキをかけながら、ゆっくり下ったのですが、それでもとても寒いです。

CIMG4519.jpgそれもそのはずです。このあたりは、池(沼?)の水も凍っています。しかも、結構厚そうです。

京都と大阪の県境なので、ちょっとぐらい高度が高くても、それほど寒くはないと思っていました。でも、先ほどの雪といい、この池の氷といい、やっぱり寒いのですね。


CIMG4518.jpg柳谷観音「楊谷寺」です。
目の病気にご利益があるそうです。また、あじさいや紅葉でも有名らしいです。
この前の道路を「柳谷道」と言うのですが、どこからどこを柳谷道というのかは分かりません。


CIMG4523.jpg下りきったところに長岡天満宮があります。
ちょっとここで休憩して、暖かい缶コーヒーで冷え切った体を温めました。
一気に飲まずに、しばらく手の平で包んで温まりました。


ここからは、西の山沿いを走って、洛西ニュータウン経由で帰りました。

本日の走行距離 64.3km
本日のルート ←クリックしてください
大寒
明日20日は大寒です。1年で一番寒いと言われる日で、自転車通勤をしている私にとっては、早く過ぎ去って欲しい日です。

特に、ここのところ寒い日が続いて、スラックス、革靴では我慢できなくなりました。とうとう、今週から厚手のサイクリングパンツとウォーキングシューズにしました。こんな格好で通勤して良いのか知りませんが、寒いよりましです。

もう少し辛抱すれば、少しづつですが、寒さが和らいでくるでしょう。

原因不明のパンク
今日は朝から、雪が降ったり止んだりで、とても寒い日でした。近くで行なわれた都道府県対抗女子駅伝には、栃木県の応援に行くつもりだったのですが、情けないことに部屋から出る気力が出ず、結局テレビ観戦でした。

栃木県は最終的には15位でしたが、一区を走った下門選手は一時はトップを走ったし、三区を走った中学生の小林選手は一位にでタスキを渡しました。しかも区間賞にたった2秒差。とても興奮しました。皆さんお疲れ様でした。

そんな感じで、今日一日部屋の中でうだうだしていると、BD-1のリアタイヤがぺちゃんこなのに気付きました。先週の土曜日に、天王山に行った時にはなんともなかったのに。

一度、空気を入れて様子を見ることにしました。1時間後に確認すると、少し空気が抜けています。どうも、スローリークのようです。

タイヤを外して、チューブを確認してみると、かなり小さい弟子が穴があいていました。その穴の開いた箇所のタイヤをみると、接地面の部分ではあるのですが、穴があいた跡はありませんでした。一番いやなパターンです。

気持ち悪いですが、そのままにもできないので、修理しました。これで、しばらく様子をみたいと思います。

ラレーの街乗りバイク化
今日は天気が良くなかったので、一日中家にいました。何もしないのはもったないので、ラレーを少しいじることにしました。

以前に、ラレーのドロップハンド化を考えたことがありましたが、結局Vブレーキがネックになって、あきらめました。

でも、どうしても京都でもロードレーサに乗りたいので、去年の12月にバッカス01を注文しました。栃木で試乗してこれに決めたしだいです。納品は、まだ1ヶ月以上も先の話ですが。

バッカスが届いた後、ラレーをどうするかを悩みました。このラレーは、私の自転車の原点なので、大切に乗り続けたいです。でも、今のラレーは、ハンドルがストレートである以外、バッカスとかぶってしまいます。

今、バッカスが来ると、京都に持っている自転車は4台になります。考えた末、それらを次のように使い分けすることに決めました。

バッカス01:遠乗りツーリング、スポーツ走行
ラレー  :街乗り、中距離サイクリング(特に、長時間、自転車から離れる場合)
BD-1 :輪行、近~中距離サイクリング
ママちゃり:通勤、買い物

というわけで、ラレーを元の街乗りバイクに戻すことにしました。

CIMG4494.jpgまず、ハンドルを15mm上に上げました。これで、だいぶ姿勢が楽になります。
風の抵抗は受けやすくなりますが、もうラレーではスピードは出さないので、姿勢の楽さを優先します。


次にホイールです。今、はいているアルテグラのチューブレスホイール(WH-6700)はバッカスに使うので、以前に使っていたホイールに戻します。
前輪がWH-R500、後輪がWH-RH20です。価格が安い割には、十分に走ります。

CIMG4485.jpg久しぶりに、WH-R500を空回ししてみると、ハブの中がごりごりします。
中を開けてみると、案の定、グリスが減っていました。グリスを追加して、回転を見ながら、カップアンドコーンを締め付けます。締めすぎると回転がきつくなるし、ゆるすぎるとグリスがはみ出たり、ガタがでます。


CIMG4490.jpgタイヤはサイクリング用に、パンクしにくいパナレーサーのツアラーにしました。
それにしても、このツアラー、ホイールに付けるのにかなり苦労しました。とても、きつかったです。こんなに苦労したタイヤは初めてです。


CIMG4492.jpgスプロケットは、京都に持ってきているのは、12-27丁、12-25丁、14-25丁ですが、14-25にします。


それにしても、14-25丁を持っている人は、そう、ざらにはいないでしょう。
なぜ、私がこれを買ったかと言うと、私の場合、フラットな場所では12丁や13丁よりも、18丁と20丁が欲しかったからです。ちょうど、以前はこのあたりを頻繁に使っていたのですが、18丁と20丁がないと大きくギア飛びをして、その差がかなりストレスになっていました。最近はあまり気にならなくなりましたが。

そして、18丁と20丁の両方があるスプロケットというと、アルテグラのジュニアモデルの14-25丁とデュラエースの12-21丁しかなかったのです。デュラエースは価格が2.5倍もするので、結局ジュニアモデルにしたわけです。

宇都宮での冬場の練習は平地が多かったので、以前はもっぱらこれを使っていました。

CIMG4488.jpg外していたワイヤー錠も、元通り取り付けました。
これ、以外に重いです。


CIMG4487.jpgさらに、外していたスタンドも取り付けました。
これで、場所を選ばず、どこでも停められます。



これで、ほぼ街乗りバイクになりました。あとは、ペダルをSPDからフラットに変えるのと、ステムをもう少し短くして、ハンドルを近くします。これらの部品は宇都宮に置いてあるので、こんど帰省したときに取ってきます。
車折神社(芸能神社)
昨日は、安倍清明の墓の他に、嵐山でもう一箇所行ったところがありました。

車折(くるまざき)神社です。安倍の清明の墓から、東に約1km行ったところにあります。
この車折神社は、パワースポットとしてテレビでも紹介されています。また、車折神社の境内の中に芸能神社があり、多くの芸能人が訪れているようです。

CIMG4484.jpg車折神社です。駐車場もあります。


CIMG4480.jpg入るとすぐ芸能神社があります。芸の力を伸ばしてくれるそうです。
赤い塀に見えるのは、すべて芸能人の名前が書かれている板です。


CIMG4479.jpg芸能神社の正面です。


CIMG4482.jpg知っている芸能人の名前がたくさんあります。みなさん、ここにお参りに来たのでしょうか。


CIMG4481.jpgさらに奥に行くと、清めの社があります。この石は、悪運を浄化するパワースポットです。


この神社も、会社に人に教えてもらいました。有名なところでも、私には知らないところが、まだまだありそうです。
安倍晴明の墓
今日は上桂にある床屋に行ったついでに、嵐山まで行ってきました。

私が行っている床屋は、家からは5kmの上桂にあり、転勤当時、会社の人に教えていただいたところです。ちょっと遠いのですが、いつもママちゃりで通っています。

そこから、嵐山までは3kmちょっとです。実は、機会があったら行ってみたいと思っているところがありました。昨年末、堀川通にある晴明神社に行ったのですが、お墓は嵐山にあることが分かったのです。

床屋の後、さっそく嵐山に向かったのですが、雪がちらついていました。自転車で走っていると、思い切り目に入ってきます。

CIMG4470.jpg愛宕山は雪化粧です。
すぐそこにある山なのに、標高が少し高いだけで、他の山とこんなに違うのでしょうか。


CIMG4475.jpg安倍晴明の墓は、長慶天皇嵯峨東陵のそばの住宅地にあります。渡月橋からは約500mのところです。
その電柱の横です。


CIMG4471.jpg晴明神社とは違って、訪れる人はあまりいないようです。


CIMG4474.jpg安倍晴明の墓です。
入口には「陰陽博士安倍晴明公嵯峨御墓所」と書いてありました。
亡くなったのは寛弘2年9月26日(西暦1005年10月31日)ということなので、今から1000年以上も前のことなのですね。


それにしても、安倍晴明の墓が嵐山にあるということは、あまり知られていないのですね。
LSD
今日は昨日よりは気温が高く、8時時点で5℃になりました。さっそく、準備をします。

今日は、クロスバイクで、昨日よりは長めに走ります。ルートは桂川サイクリングロード、木津川サイクリングロード、307号線、石山です。

今日の風向きは南風なので、桂川は向かい風です。でも、今日は終始LSDに徹するつもりなので、ゆっくり走れば問題ありません。

そんな感じで走っていると、1台のロードレーサが抜いていきました。さすが、ロードレーサです。どんどん、離れていきます。私はLSDに徹しているので、ゆっくり行きます。

しばらく走っていると、さきほど私を抜いたロードレーサの背中が、どんどん大きくなってきました。ついには、追いついてしまいました。ペース配分ができていないようです。まさかeibuさんではないでしょうね。

そのまま行くか、抜いちゃうか考えていると、このサイクリングロードで唯一の上り坂に来ました。河川敷から土手の上に上がるので、結構勾配があります。その方は、自転車で上るのをあきらめたようです。やっぱりeibuさんではないでしょうね。

CIMG4459.jpg木津川に入りました。天気は良くありません。先ほどからみぞれが降っています。


CIMG4460.jpg流れ橋はちゃんとあります。
この橋の上では自転車に乗ってはいけません。良識のある人は、自転車を押して渡っています。


ここで、またもや1台のロードレーサが私を抜いていきました。でも、今度は抜いた割にはぜんぜん離れていきません。良く見ると、フロントギアはインナーで、回転を上げて走っています。う~ん、これだと抜くのがやっとだったのかな。でも、すごい回転です。私は、こんな回転で走ったら、お尻がポコポコはねてしまします。

でも、次第にスピードも落ちてきました。また~?
しかたがないので、抜かさせてもらいました。それにしても、私の後ろ姿は、抜きたくなる後ろ姿なのでしょうか。

しばらく走ったら、またその人が抜いていきました。どうも、私の後ろについていたようです。こんどは、アウターに入っていました。でも、やっぱり先に行きません。だったら抜かないで欲しいなぁ。私は自分のペースで走っているのですから。もしかしたら、競い合っているつもりなのかな。

この方は今まで軽負荷高回転で走っていたので、おそらく、すぐには筋肉が重いギアに対応できないと思います。試しに、思い切りスピードを上げて、そのまま10分ぐらい継続してみました。

ちょうど307号線にきたので、そちらに入って、橋の上から下を見てみると姿はありませんでした。

307号線は、ずーと上りです。でも斜度が2~3%程度なので、気持ち良い上りです。

CIMG4462.jpg今度は307号線から離れて、今度は琵琶湖に向かいます。
景色は田園風景になります。私は、春を待つ田園風景が大好きです。


CIMG4463.jpg大石付近に来ると、すごい車の渋滞です。河川敷も駐車場になっています。
この近辺だと佐久奈度神社か立木観音ですが、この近辺すべてが駐車場になっているので、どちらの参拝客で混んでいるのか分かりません。


CIMG4466.jpg石山寺付近に来たところで、天気が良くなってきました。
どうせなら、もっと早く晴れて欲しかったな。



今日は春高バレーの決勝戦なので、早めに帰ります。

本日の走行距離 76.2km
本日のルート ←クリックしてください
天王山
今日は、起きるのが少し遅くなり、8時になっていました。特に何も予定はないので、問題はないのですが。

一応、外の気温を確認すると、まだ氷点下でした。サイクリングに出かけるにはまだ早いです。せいぜい、3~4℃くらいにならないと。

それまで、部屋でのんびりします。

11時頃になって、やっと気温が3℃を超えました。

そろそろ、出かける準備をします。のんびりサイクリングなので、今日は折りたたみ自転車BD-1にします。タイヤは、多少の砂利道も走れるように、太目の方にしました。

今日のルートは、桂川サイクリングロードを南下して、天王山に行きます。山の上まで舗装されていれば上ってみるつもりでした。

CIMG4425.jpg桂川サイクリングロードです。ここを南向きに走ったのは久しぶりです。いつもは、サイクリングの帰りなので、逆方向でしたから。
おそらく、去年の6月にSaさんとSuさんと私の3人で、あじさい寺に行った以来でしょうか。


CIMG4426.jpgでも、そのときは途中からサイクリングロードから出てしまいました。
ここまで走ったのは初めてです。私の覚えている範囲でですが。

向こうに見える山が天王山です。早いもので、あの天下分け目の戦いから約430年も経ってしまいました。


CIMG4428.jpg天王山大橋を渡っている途中、向こうにオレンジ色のものがあります。
何なんでしょう。興味が湧きました。


CIMG4429.jpgなんのことはありませんでした。
路面凍結防止剤でした。橋の上は凍りやすいからですね。


CIMG4430.jpg橋を渡り終わったあたりでは、立体交差は複雑に入り組んでいます。何がどうなっているのか、さっぱり分かりません。
帰ってから地図を見てみました。京滋バイパスとその大山崎IC、名神高速と大山崎JCT、そして一般道路でした。地図で見ても、ごちゃごちゃしてます。


CIMG4431.jpg天王山のふもとにある観音寺の入口です。


CIMG4432.jpg天王山頂上まで1.3kmらしいです。
行ける所まで行って見ます。


CIMG4433.jpg舗装道路ではありませんでした。
Y字路になっていました。右は急坂なので、左に行きました。
後で分かりましたが、頂上に行くには右の道でした。でも、いずれにしてもこの自転車じゃ無理です。


CIMG4434.jpgオフロードバイクじゃないので、せいぜい、この程度の道くらいしか走れません。
そのまま走っていたら舗装道路に出ました。アサヒビールの大山崎美術館のあたりでした。


CIMG4445.jpg近くに宝積寺がありました。宝積寺の三重塔です。
それにしても、このあたりの坂は急坂ばかりです。

ここからも、山頂にいける道がありましたが、やはり山道でした。次回は、電車で来て、山頂まで登ろうかと思います。


帰りは別な道で帰りました。桂川から、かなり西に離れた山沿いの道路です。

CIMG4449.jpgきれいな池がありました。長岡天満宮の入口にある八条ヶ池です。
散歩するには最高の場所です。


CIMG4456.jpgついでに、天満宮まで行って見ました。
もう、初詣の参拝者も少ないです。



このあとも、山沿いの道路で帰りました。
今日は、約3時間、のんびり走りました。3時間で約40kmなので、いかにのんびりなのか分かります。しかも、車道でなく歩道を走ったし。でも、その割には、体力を消耗した感じです。

とてもLSDといえる走りではありませんが、LSDで脂肪燃焼とはこんな感じなのかも知れません。明日は、天気と気分しだいですが、クロスバイクでもう少し長距離をLSDで生きたいと思います。あくまでも、天気と気分しだいですが。

本日の走行距離 39.9km
本日のルート ←クリックしてください
初詣
今日、二荒山神社に初詣に行ってきました。実は二日に来たのですが、あまりにも車が渋滞していたので、その日は諦めました。今日も車が列をつくっていましたが、順調に進んで、以外に早く駐車場に入れました。

神社に来た目的は、お参りをすること以外に、神棚に納めるお札を買うこと、そして古くなったお札をお焚き上げしてもらうことです。

CIMG4422a.jpg三が日と比べて空いているとは言え、まだこの混み具合です。この列が、あの長い階段の中段まで続いていました。


CIMG4424a.jpgカップルがおみくじを引いています。
私は絶対おみくじは引きません。若いときに、大凶を何度か引いたことがあり、実際、その年は交通事故を起こしてしまいました。偶然とは言え、おみくじを引くのが怖くなりました。



家に神棚あるのですが、もともと母親がすべてやってくれていたので、私はお札のあげ方や、お供えの仕方が全く分かりません。ネットで調べながら、お札を神棚に納めることができました。
太平山
この時期、自転車に乗るかどうかは、朝起きてから、天気と気分で決めます。あらかじめ、約束しているとき以外は。

今日は朝から快晴です。天気予報を見ても、その快晴が1日中続くようです。こんな日に家にいたら、ばちが当たります。朝ごはんを食べて、9時には出かけました。

日差しがあると、とても温かいです。最高気温が3℃しかなかった30日とはぜんぜん違います。あの日着ていたウィンドブレーカは、今日はいりません。こんな日は、ゆっくりと景色を楽しみながらの、長距離サイクリングが最高です。

今日のルートは、栃木市から大平山の西側をぐるっとまわって岩舟に行き、そこからブドウ団地経由で太平山に上りました。太平山を下ったあとは、大越路トンネルをくぐって、文挟街道で帰りました。

CIMG4408.jpg思川を渡っていると、北には日光連山が見えます。
手前に見えるのは、北関東自動車道です。この2月には全線開通します。


この後、家中を通りましたが、このちょっと南側にバッカス01を注文しているB☆P・TOCHIGIがあります。でも、お正月で休みだと思うので、寄らずに行きます。

CIMG4409.jpg75号線に入りました。いつの間にか、一部ですが、道路が新しくなっているところもあります。新しい道路は、広くきれいになって、自転車でも走りやすくなっています。

岩船に向かうため、75号線から282号線に入ります。


CIMG4410.jpg282号線を走っていると、真正面にみかも山が見えてきます。
この山は、美しさから万葉集にも出てくる山です。和菓子にも、この山の名前が入っているものがあります。


CIMG4411.jpg長い坂の峠を越えると、このブドウ団地に来ます。この付近一帯がブドウ畑です。夏から秋にかけて、ぶどう狩りの客でごった返します。


CIMG4412.jpgブドウ団地からの太平山への上り口です。
私の知っている大平山への上り口は、舗装道路で3箇所ありますが、その一つです。
こちらから上ると、勾配は緩いところもあれば、頂上付近にはかなりきつくて、やっと上れるところもあります。


CIMG4415.jpg頂上付近に行くと、いくつか見晴台があります。
その一つからは、茨城県の筑波山が見えます。


CIMG4417.jpg別の見晴らし台からは、東京方面が見えるのですが、今日はかすんでいて見通しが悪いです。高層ビルは見えるのですが、ぼんやりとです。朝などは、東京スカイツリーが見えるそうです。
スカイツリーを見に来た人が、かすんでいて、がっかりして帰っていきました。


CIMG4418.jpg頂上にある茶店ですが、結構お客さんが多いです。

その理由が少し坂を下って分かりました。太平山神社への初詣客です。なんと、ふもとから神社まで渋滞していました。


CIMG4419.jpg大越路トンネルです。
太平山からここまでは、ず~と上り基調です。ただ、今日は軽い追い風の為、少しだけ楽に上れました。



トンネルのあとは、鹿沼から文挟街道を通って帰りました。後半は、結構足パンでした。
明日、京都に戻るので、これでしばらくは栃木のサイクリングはおあずけです。

本日の走行距離 111.9km
本日のルート ←クリックしてください
2011年乗り始め
今日は、ぜんぜん乗るつもりはなかったのですが、あまりにも天気が良かったので、急きょ乗ることにしました。
ルートは鹿沼の南摩ダム方面です。

CIMG4394.jpg大谷経由で行きました。
私のすぐ横には、外国の方が大勢いました。大谷も有名になってきたのかな。


CIMG4395.jpg今日走ったルートは、ほとんどこんな景色です。
やっぱり、栃木はいいな。特に、春を前にした田園風景が大好きです。


CIMG4396.jpg南摩ダム付近です。
トンネルや道路でも無駄だと思っていたら、いつの間にかこんな高架も造っていました。
この道路だれが使うのでしょうか。


CIMG4399.jpg以前よりも、砂利道が長くなっていました。理由は分かりませんが、それほど悪くなっていない道路を壊しているようです。
おかげで、4~500m自転車を押して歩きました。


このルートは景色が良くて、私の好きなルートなのですが、いつもここを通るたびにがっかりして帰ります。
ここに来るのは、もう止めようかな。

本日の走行距離 61km
本日のルート ←クリックしてください