日光グルマンズ和牛
今日は、早朝、日光霧降にあるグルマンズ和牛に、予約していたすき焼き用の牛肉を取りに行きました。
私と、妻と、娘でドライブを兼ねてです。

CIMG4384.jpg今市辺りにきたら、急に冬景色になってきました。
宇都宮から10kmちょっとしか離れていないのに、何でこんなに違うのでしょう。


CIMG4393.jpg横を見ると、畑?も雪景色です。と言っても、薄っすらしか積もっていないのでしょうが、このように見えるのでしょう。


CIMG4390.jpg日光市に着きました。遠くに見える山々も雪景色です。
男体山の東の山なので、おそらく、女峰山や大真名子山でしょう。


霧降の坂も所々凍結していました。スタッドレスタイヤを履いていたのに、かなりスリップしました。上れない所は、うしろから押してもらいました。
坂を登れない車もありました。

CIMG4387.jpgやっと、グルマンズ和牛に着きました。
通常であれば5分くらいで上れる坂も、こんな感じだったので40分くらいかかってしまいました。しかも、朝の7時30分だというのに、グルマンズ和牛の客だけで7~800mの渋滞です。


店の中では、温かいスープとメンチパンのサービスがありました。おいしかったなぁ。

ちょっと前に、除雪車が融雪剤をまいたので、帰る頃には結構スムーズに走れる状態になっていました。
とても助かったけど、もっと早くまいてほしかったな。

ちなみに、買ってきた肉は、去年は私の実家で食べたので、今年はお正月に妻の実家で食べます。
スポンサーサイト
2010年走り納め
それにしても、今日はとっても寒かった1日でした。帰ってから今日の宇都宮の気温を確認しました。
そしたら、なんと最低気温は、朝7時時点で-3℃、最高気温は3.1℃です。どうりで寒いわけです。

8時30分に出かけましたが、おそらく気温が上がったとしても零度前後だったのでしょうか。

今日の待ち合わせは、外環状線にあるコンビニだったのですが、いつの間にか場所が移動していました。でも、無事待ち合わせすることが出来ました。

本日のメンバーは、sinbellさん、 ishi.kさん、eibuさん、私の4人です。さらに、bigブリッジ さんが、今日は走りませんでしたが、見送りに来てくれました。

待ち合わせ場所でおしゃべりが長くなってしまったので、さっそく出かけることにしました。

きょうのルートは、まず南に向かって栃木市に行って、今度は北に向かって大越路トンネルを越えます。そこから楡木街道に入って、その途中で解散というものでした。

北風が強かったので、栃木市に向かうルートは、sinbellさんと ishi.kさんが先頭を引いたのですが、結構ハイペースで走りました。

eibuさんもそのスピードには付いていったのですが、ちょっと足にきているようです。それもそのはず、約1年間の長期中国出張のため、ロードバイクに乗っていなかった上に、その間体調をくずして、約5kgも体重が落ちてしまっていたのですから。

CIMG4381.jpg大越路トンネルに向かっています。
向かい風と上り勾配のため、スピードが上がりません。先頭のishi.kさんもつらいはずです。


CIMG4382.jpgやっと大越路トンネルの坂道も越えました。
ここは坂道を下ったところにある「まちの駅」です。でも、年末年始の休みに入っていました。残念です。


CIMG4383.jpgその駐車場で、shibellさんが前輪を外してなにやらやっています。
理由を聞くと、ブレーキを掛けると異音がするそうです。ブレーキシューに金属片が刺さっているかもしれないということで、その金属片を探していました。でも見つかりません。
リムの方を確認してみると、リムに金属片が刺さっていました。なんとか、取り除くことができました。



温かいラーメンでも食べようと探しながら走っていましたが、結局見つかりませんでした。しかたなく、コンビニでカップそばを食べたのですが、体が冷え切っていたせいか、カップそばがとてもおいしく感じました。生き返った感じでした。

それにしても、今日はぜんぜん気温が上がらず、寒い1日でした。ダメ押しに、最後には雪も降ってきました。
解散したあと砥上団地に向かう途中、朝見送りに着てくれたbigブリッジさんと偶然に会いました。bigブリッジさんはランニングしているところでした。みんな、健康的なおじさんですね。

本日の走行距離 76.7km
本日のルート ←クリックしてください
クランク交換
昨日の夜、宇都宮に帰ってきました。そのときに自転車のクランクを持ってきました。

CIMG4373.jpgこれが、京都においてあるラレーから外したコンパクトクランクFC-6750です。
トレックのクランクと交換しようと思います。



CIMG4374.jpgこれが、今までトレックに付いていたコンパクトクランクFC-6650です。

特に意味はないのですが、どっちかと言うと、トレックにはFC-6750が合い、ラレーにはこのFC-6650が合うと思ったからです。


CIMG4378.jpgやっぱり、トレックにはこちらの方が合いますね。と自己満足しています。
他人が見たら、どうでもいいことですなんですけどね。



今日は今から忘年会です。いっぱい食べて、飲んで、明日はその食べた分を消費しようと思います。
空気圧ゲージ
朝起きると、のどがちょっと痛いです。昨日は風が強い中、ほこりっぽいところを走ったので、そのせいだと思います。今日は、家でゆっくり休みました。

ところで、最近、フロア型の空気入れの空気圧ゲージの動きが悪くなってきました。空気を1ストローク入れたとき、針が全く動かないときもあれば、動き過ぎるときもあります。ちょっとたたくと、少し針が戻ります。

4年も使っているので、しょうがないかな。新しいものを買おうと思ったのですが、空気を入れることにはついては全く問題がないので、もったいないです。

ということで、空気圧ゲージ単体を買うことにしました。

CIMG4357.jpgパナレーサのデジタルタイプを購入しました。

最初は、取説を見ても、使い方がよく分からなかったのですが、いじっているうちに分かってきました。



今までは空気圧を計りたいときは、わざわざ空気入れをつないで、空気入れのゲージで計っていたのですが、これらは簡単に計ることができます。
久しぶりの桂川サイクリングロード
今日の朝はとても寒くて、朝の7時時点で零度でした。今日はサイクリングをやめようと思いましたが、そうはいかないのです。昨日、クリスマスだからと言うわけではありませんが、お菓子やケーキを食べ過ぎてしまいました。

いつものことながら、休みの前の日は、次に日は走るからいいかと言う気持ちで、お菓子をいっぱい食べてしまいます。

だから、今日も走らなくてはいけないのです。というか、私はいつもお菓子を食べるために走っているのです。

天気予報を見ると、今日の最高気温は4~5℃しかありません。これ以上待っていても、気温は上がらないので、10時になって出かけました。

今日のルートは、城陽市まで行って、そこから307号線で枚方に行きます。枚方からは淀川サイクリングロード、そして久しぶりに桂川サイクリングロードを走りました。

10時の時点でも、気温は2~3℃です。でも、太陽が出ていると、それほど寒くは感じませんでした。それよりも、風がとても強いです。風の向きは西南西という感じです。

向かい風よりも、横風が強いです。横を大型トラックが通ると、急に風が遮断されるため、トラックに近づいてしまいます。逆にトラックが過ぎると、自転車が大きく振られす。とても怖いです。

城陽市までは、奈良に行くときと同じ道路を走りました。
24号線を走っているとき、いきなり2人の警官が私の前に出てきて旗を振っています。びっくりしました。なんだろうと思っていたら、私の後ろから走ってくる車に対してでした。警官のジェスチャーから、どうもシートベルトのようです。

CIMG4359.jpg奈良には、写真の右から左方向へ行きますが、今日は、向こうに見える赤い橋を渡ります。この橋は山城大橋といい、下を流れる川は木津川です。
この道路が307号線ですが、走るのは初めてです。


CIMG4360.jpgこの橋を渡り終えるあたりに、木津川サイクリングロードがあります。奈良の帰りに、2~3度走ったことがあります。


CIMG4361.jpgこの道路の行き先には、低いですが、山が見えます。おそらく、あの山を越えていくのだと思います。


それにしても、この307号線に入ってから、西からの向かい風が強いです。山越えも思ったよりきつかったですが、それ以上に向かい風がきついです。体力を消耗しますが、それ以上に気持ちが萎えてきました。

体が冷えてきそうなので、ウィンドブレーカを着て温かくしました。ついでに、パンを一つ食べました。これで、少し気持ちを持ち直すことができました。

CIMG4363.jpg信号で止まっていると、横にある旗が暴れまくっています。
交差点の向こうでは、レストランの旗が倒れて、あやうく歩行者に当たるところでした。


CIMG4364.jpg京阪の枚方市駅です。
そういえば、宇都宮にいるときは、良く出張で、京橋からこの京阪電鉄の乗ったけな。


CIMG4365.jpg淀川に着いたときに、雪がちらついてきました。
写真では良く分かりませんが、白い点や線が雪です。


CIMG4366.jpg休みの日の淀川サイクリングロードは、ロードレーサやクロスバイクがたくさんいるのですが、今日は閑散としています。

このサイクリングロードに入って、やっと強風の恩恵に与ることができました。とても楽です。風の抵抗がありません。


CIMG4370.jpgこの風向きだったので、普段は走らない桂川サイクリングロードを走ることにしました。


CIMG4371.jpg軽く流しても、このようなスピードになってしまうのですから。



今日は前半を苦労した分、後半は楽させていただきました。それにしても、寒くなってきたせいか、めっきりロードレーサーが少なくなりました。みんながんばれ。おじさんもがんばるから。

本日の走行距離 73.4km
本日のルート ←クリックしてください
グリップ交換
クロスバイクのグリップが減っったので、新しいグリップに交換しました。

CIMG4354a.jpgグリップが完全になくなっている部分があります。特に右側が極端に減っています。右のほうが、ギアチェンジを頻繁にするためでしょうか。それとも、荷重のかけ方が偏っているのでしょうか。


CIMG4356a.jpg新しいグリップです。エンドバー一体型です。
圧入タイプなので、最初はハンドルに差し込むのに苦労しました。


以前にゴルフクラブのグリップ交換をしたときに、ガソリンでグリップ内側をよく濡らしてから差し込むと、すんなりと入ったことを思い出しました。

今回は手元にガソリンがないので、パーツクリーナを使いました。

グリップの片方の穴を手でふさいで、パーツクリーナをたっぷり吹き込んだ後、もう片方の穴も手でふさいで、良く振って、均等に濡れたと思ったところで一気に差し込みます。すると、すんなり入ります。すぐ乾くわけではないので、グリップの位置合わせもできます。

位置が決まったら、そのままほっとけば揮発して固定します。完璧に仕上がりました。
パワースポット 晴明神社
今日は、京都のパワースポットの一つ、晴明神社に行ってきました。もちろん、「晴明」とは陰陽師で有名な安倍晴明のことです。晴明の屋敷跡に建てられた神社です。

CIMG4325.jpg晴明神社は家から約6kmのところにある、小さな神社です。
一の鳥居には、有名な星のような絵「晴明紋」が書かれています。


CIMG4329.jpg本殿です。
階段の左側には像もあります。
写真には写っていませんが、写真の左側にある壁には、安倍晴明が魔よけを行なった数々の業績が掲示されていました。


CIMG4330.jpg厄除桃です。
この桃をなでると、厄除けになるそうです。
私もなでちゃいました。


CIMG4331.jpg御神木です。
両手をこの御神木に当てると、パワーが伝わってくるそうです。
私も、手を当てちゃいました。


CIMG4332.jpg晴明井です。
晴明が念力で水を湧かしたというものです。この水を飲むと病気を治す効果があるそうです。
写真を撮っていて、飲むのを忘れてしまいました。


この神社は、以前テレビ番組で、あの江原さんが、京都のパワースポットとして紹介していたところでした。やっと来ることができました。

苦肉の策
どうも、折りたたみ自転車BD-1のスピードメータの動きが悪いです。
センサーからの電波が、スピードメータ本体まで届かないです。以前もそうだったけど、寒くなるとその傾向がでます。

スピードメータの仕様では、電波の届く範囲は70cmです。BD-1は、ホイール径が小さいため、ハンドルに付けたスピードメータから、センサーまでの距離が長くなってしまいます。距離を測ってみると、ちょうど70cmでした。

ハンドルからスピードメータを外して、センサーに近づけていくと反応します。電池が弱くなっているのかなぁ。

スピードメータをもう少し下に取り付けられれば、良いのですが。

CIMG4323a.jpg苦肉の策で考えたのがこれです。
大き目の洗濯バサミ?にメータを取り付けました。


CIMG4322a.jpgそれを、ハンドルポストに挟みます。
これで、センサーまでの距離が、だいぶ縮まります。目から遠くなって見にくいですが、メータが動かないよりはましです。



一応、他のメーカのメータも買いましたが、しばらくはこのままにします。
もの あつめ おんな
今日は、やっぱり大腿四頭筋が筋肉痛寸前です。昨日、小塩山を歩きで下山したためです。そのときの筋肉の疲れからして、今日はもっとすごい筋肉痛を覚悟していたのですが、それほどではありませんでした。もしかして、明日?

ところで小塩山の帰り、阪急電車の踏み切りでかなり待たされました。すぐ横に洛西口駅があるため、そこに電車が止まっていると、余計に待つことになります。

時間があったので、その辺をきょろきょろ。そしたら、こんなものが目に入りました

CIMG4321.jpg「物集女踏切道」と書いてあります。なんなんでしょう。この「ものあつめおんな」って。踏み切りの名前だと思うのですが、どのように読むのでしょう。



そういえば、つい最近(2~3日前です)、同じテーブルで食べていた同僚たちが、お昼を食べながら、読めない地名で盛り上がっていたようです。

栃木には、祖母井と書いて「うばがい」と読む場所があるとか、 京都にもそんな地名があると、2つ~3つ上げていたようでした。良く聞いていなかったのですが、確かその一つがこれだった気がします。

昨日、さっそく家に着いてからネットで調べてみました。「もづめ」と読むようです。

物集女町(もづめちょう)もあるし、物集女城跡もあるので、昔はお城があったのですね。それにしても、どうしてこんな漢字にしたのでしょう。決めた人に聞いてみたいです。


小塩山
今日は小塩山に行ってきました。私の家から小塩山の上り口まで、たった11kmしかあありません。しかも、そんなに近くの山なのに、標高が600mを越えます。舗装道路で標高が600mを越える山は、京都にはあまりありません。私が知っているのは、百井峠・花背峠・芹生峠です。ちなみに私の故郷には、2000mを超える舗装道路があります。

ちなみに、昨日に引き続き、今日も折りたたみ自転車です。サイクリングモードのときは、これに限ります。どんな道路か分からないので、太い丈夫なタイヤにします。

CIMG4297.jpg桂川の橋から、どの山か見つけてみました。頂上には、電波塔がたくさんあると言うことを聞いていました。おそらく、写真真ん中の山がそうだと思います。


小塩山までは向日市を通っていくのですが、その街の中の坂も半端じゃありません。小塩山に行くまでに、疲れてしまうのではないかとと心配になってしまうほどです。

CIMG4301.jpg上り口に近づいてきたところに、分かれ道がありました。左がフラットな道で、右が急な上りです。
左だったら良いなと重いながら看板をみてみると、期待に反して右でした。覚悟はしていましたが。


CIMG4302.jpg小塩山の上り口に着きました。車は通行止めです。いいですね。舗装道路なのに、車が絶対来ないなんて。
ゲートの向こうに先客がいました。マウンテンバイクの若いカップルでした。彼らも頂上まで行くとのことです。休んでいるようなので、先に行かせてもらいました。


このゲートまで、すでに200m弱上ってきましたが、さらに頂上まで400mもあります。ここの勾配は、ルートラボを見ると、上りはじめがもっともきつく、頂上に近づくにつれてゆるくなってきます。そのほうが、気が楽です。
後できつくなる坂は、どのくらいまできつくなるのか分からないので、走っていても不安ですから。

CIMG4308.jpg所々、砂利や木の葉が積もったところがあります。やっぱり、このタイヤで良かったです。


CIMG4309.jpgでも、全部が悪い道ではありません。ほとんどのところが、こんな感じです。


途中、6~7人のグループが、マウンテンバイクをかついで、すごい山道を登ってきました。挨拶を交わして、そのまま分かれました。

そのあと、15人くらいの登山客ともすれ違いました。いろんな人が、楽しめる山ですね。

CIMG4310.jpg頂上に着きました。ここで舗装は終わりです。
さらに左に行くと、淳和天皇陵があるようです。自転車は押して行きました。
普通のお墓がこんな山の中にあったら、一人では絶対に行きません。天皇のお墓だと、なぜ行けるのでしょう。


CIMG4312.jpgここが、天皇陵です。
でも、長居はしません。さっそく、下りることにします。


こんな気持ちが良い山道を、一気に下りる手はありません。自転車を押して歩くことにしました。
急な下りは、大腿四頭筋にかなり負担がかかります。でも、山道を歩くのは気持ちが良いので、我慢できます。

CIMG4313.jpgこの山の頂上は、木に囲まれていて、遠くを見ることができません。
少し下りてきて、やっと見ることができます。でも、高すぎて、あまり良く見えません。


CIMG4319.jpgもう少し下りると、よく見える場所があります。
すぐ下に見える団地は、洛西ニュータウンです。写真では分かりませんが、遠くに京都タワーや大文字山も見えます。


先ほどのゲートまで、下りてきました。もう足がパンパンです。でも楽しかったです。
ここからは自転車に乗ります。

本日の走行距離 34.0km(最短記録? でも足パンです)
本日のルート ←クリックしてください
抹茶生チョコレート
今日は、本来ならばN村さんと紀伊半島方面へドライブの予定でした。例によって、N村さん釣り場の下見、私は観光です。

でも、おととい辺りからセキがでます。風邪ではないのですが、車の中でセキばかりしているとN村さんに申し訳ないので、今回は私が遠慮させていただきました。N村さん、一人で行ったのかな。

で、私はというと、9時になって、まず近所の耳鼻科に行って鼻づまりとセキの薬をもらってきました。そのあと午前中は、家でのんびり(うだうだではありません)していました。

そして、午後になって行動開始です。行き先は宇治で、目的は抹茶チョコレートです。以前に、娘に頼まれたことがあったのですが、京都駅にあるお土産屋さんでは見つけることができませんでした。変わりに、抹茶プリンを買っていったのですが、娘の反応はもう一つでした。

その後になって、会社の同僚から宇治に「伊藤久右衛門」と「中村藤吉」という抹茶のお店があり、そこに抹茶チョコレートが置いてあると聞きました。とくに中村藤吉は京都駅にもあるようです。

今日買っておいて、宇都宮への帰省のときに持って帰るつもりです。というわけで、今日はサイクリングがてら、宇治に行ったと言うわけです。往復40km弱なので、ママちゃりではちょっと遠くて、クロスバイクではちょっと近いです。ということで、折りたたみ自転車のBD-1で行きました。

北風が強かったので、南に向かう宇治までは結構楽でした。その分、帰りが心配でした。今回は、伊東久右衛門で区ことにしました。伊藤久衛門は、宇治に、本店と平等院店があります。

CIMG4294a.jpgまずは、平等院店に行きました。
店内で抹茶チョコレートを探したのですが、どこにもありません。もう売り切れちゃったのかな。
店の人に聞いてみました。そしたら、抹茶チョコレートは本店のみの取扱商品だそうです。


本店に向かいます。

CIMG4296a.jpg本店は、この宇治橋を渡って、500m先にあります。


CIMG4295a.jpgここが本店です。こちらは駐車場もあります。
さっそく中に入りました。平等院店もそうでしたが、こちらも女性客が多いです。
ちょっとだけですが、どこにあるのか分からなかったので、面倒なので店の人に聞いちゃいました。


ありました。
抹茶チョコレートではなく、抹茶「生」チョコレートでした。この「生」が、このあと悩むことになります。

抹茶生チョコレートは、20個入りで1050円でした。
会計のときに聞かれました。生チョコのため保冷が必要なのですが、2時間分の保冷材がついています。それで大丈夫ですかと。

ここから家までは20km弱なので、いくら折りたたみ自転車でも2時間はかかりません。まったく問題はありませんと答えました。しかも、冷蔵庫に入れておけば、30日間ももつそうです。帰省するのは28日の夜なので、これも問題ありません。

目的は済んだので、家の戻ることにしました。案の定、帰りは向かい風なのでペダルが重いです。しかも、北風のせいか、風が冷たくてとても寒いです。なんか、帰り道はとても長く感じました。クロスバイクであれば少しは楽だったろうにと、後悔しながら走っていました。

と、そのときフッと、さらにいやなことが頭を横切りました。これは娘へのお土産です。今日は家までは問題ないのですが、帰省時が問題です。帰省は、会社に出勤した後、その足で帰ります。ということは、会社に10時間近くも置いておいて、それから家まで5時間です。

とても保冷材がもちません。次の日に帰れば良いのですが、まさかチョコレートのために半日ずらすのも考え物です。もう、自分で食べるしかないとまで考えました。走りながら、いろいろ手立てを考えていたら、クール宅急便があることを思い付きました。

さっそく家に帰って調べてみると、やっぱりクール宅急便がありました。冷蔵も冷凍も可能です。で、料金はと言うとなんと1050円です。送るチョコレートと同じ金額です。何か悔しいですが、抹茶があまり好きでない私が食べる方が、もっともったいないです。

結局、宅急便に自宅まで取りに来てもらい、無事送ることができました。なんか、体力も頭もとても疲れた1日でした。

嵐山 花灯路
先週の土曜日、嵐山の花灯路に行ってきました。家から嵐山まで約7.5km。会社に行くより近いです。

ちょっと前まで雨が降っていたせいか、去年来たときより、人手が少ないです。といっても、かなり多いですが。

CIMG4244.jpg中ノ島の嵐山公園から見た渡月橋です。
橋の上には大勢の人が見えますが、まだ人と人の間があいています。去年来た日は、この隙間がありませんでした。


CIMG4247.jpg山もライトアップされています。幻想的です。


CIMG4250.jpg野宮神社です。
縁結びの神社なので、カップルが列を成しています。
この列は、み~んなカップルで~す。って、私もちょっとやけになっています。


CIMG4258.jpg竹林がいろいろな色にライトアップされています。
それにしても、今日は人が少なくて良かったです。去年なんか足の踏み場もなくて、歩くことすらままならなかったですから。


CIMG4275.jpg常寂光寺の前の道です。まだまだ、モミジがんばってます。


CIMG4278.jpgうどん屋さんの庭もとてもきれいです。



去年も感じましたが、このように大勢の人が集まっているところに来ると、かえって一人でいるのが寂しくなります。
下鴨神社
先週の土曜日は、山中越のあと、ちょっと下鴨神社に立ち寄りました。
山中越を下り終わって、そのまま真っ直ぐ進むと、この下鴨神社の前を通ることのなります。

CIMG4225.jpg参道にはまだ紅葉が残っていました。もう、紅葉も見納めでしょう。少し参道を歩くことにしました。

多くの参拝者も、もう終わりに近い紅葉に名残惜しんでいるようです。



CIMG4231.jpg参道の横を流れている小川です。
川にしても、池にしても、なぜ水とモミジはマッチしているのでしょうか。


CIMG4224_20101214215201.jpg下鴨神社の桜門です。今回は参道の紅葉を楽しみたかっただけなので、中には入りませんでした。


CIMG4232.jpgさざれ石です。君が代の歌の中にも出てきます。

さざれ石とは、もともと小さな石の意味らしいですが、長い年月をかけて、その小さな小石が一つの大きな岩の塊になったものです。


今シーズンの紅葉も、ほぼ終わりです。また、来年のお楽しみと言うことになりますが、その間に桜があります。
日本の四季とは良いものですね。
あ~恥ずかしかった
先週の金曜日のことです。(今週の記事は、先週の出来事の話が多そうです)。

会社が終わって、忘年会会場に向かいました。初めて阪急電車で四条方面に行きます。この時間帯は退社時間帯なので、だいぶ混んでいます。でも、なぜか女性が多いです。こんな良い日もあるんだなと思いつつ、ドア付近に立って、もう暗くなった景色をぼんやりと見ていました。

初めての電車で、目的地まであと何駅かわからないので、路線図はないかとドアの上に目をやると、とんでもないものを見てしまいました。

「女性専用車両」

なんど見ても、その文字は消えることはありませんでした。

真実を知ってしまうと、もう後ろを振り返ることはできません。でも、勇気を振り絞って、横目で見られる範囲で、車内を観察しました。私を、軽蔑のまなざしで見ている方は一人もいないようです。というか、全く気にもとめてない様子です。みなさん、やさしいなぁ~。

と、車両の一番奥におじさん(私もおじさんだけど)が一人立っていました。しかも、私の方を見ています。助けを求めるような目で。
無理です。私はあなたを助ける余裕なんてありません。自分が助かる道を考えるだけで精一杯です。

路線図を見ると、目的地までたった2駅です。いや2駅もあります。ここは落ち着いて対策を考えることにしました。女性専用車両に気付いたということを、周りの人に気付かれたくありません。最後に残った私のちっちゃなプライドです。最後まで、気付かないふりをしたいです。と言うことは、そのまま車両間を移動できません。

決めました。次の駅で何気なく電車を降り、改札に向かうふりをして、隣の車両のドアの前まできたら、おもむろに電車に飛び乗るという戦術です。もう、私に残された道はそれしかありませんでした。

次の駅までが長く感じました。やっと次の駅に停車しました。計画を実行しました。すべて計画通りにいきました。次の一区間は、とても落ち着いた、幸せな気分で乗っていられました。電車にこんな幸せを感じるなんて初めてでした。
朝から うだうだ
朝 寒くて、出かける気になれません。なさけないなぁ~。

何かしなくっちゃと思いつつ、体が動きません。結局、何するわけでもなく、部屋の中でうだうだしていました。

やっと、行動に移ったのは、午後2時過ぎてからです。京都駅付近に買い物があったので、せっかくなので、ゆっくり歩いていくことにしました。

梅小路公園の中を通れば、京都駅まで信号なし(いや小さいのが1個ありました)で行けます。普通に歩いて、30分くらいです。

まず、駅の横にある郵便局でハガキを買って、そのあと京都タワーの建物の2階にあるダイソーで買い物です。
これで用事は終了です。

このまま帰るのはもったいないので、せっかくなので11月にオープンした「ヨドバシカメラ マルチメディア京都
」に行くことにしました。京都タワーのすぐ南にあります。

京都には、もともと駅のならびにビッグカメラがあります。これから、お互いに戦いですね。
宇都宮で、コジマ/ヤマダ安売り戦争があったように。そういえば宇都宮にもヨドバシカメラがあるけど、コジマ/ヤマダの戦争には巻き込まれず、独特の販売戦略でやっているような感じです。

CIMG4282.jpgここが京都駅前のヨドバシカメラです。建物は地下二階、地上六階です。
そのうち、電気製品は地下一階~地上三階で、それ以外はスーパ、レストラン、ファッション関係です。
それにしてもすごい人でした。


CIMG4286.jpg帰りも梅小路公園の中を通り抜けました。
汽笛を鳴らしてSLがやってきました。梅小路公園の中に蒸気機関車館があり、そこにSLや電車が展示されています。



この汽笛は家まで聞こえるのですが、この公園内でSLを観るのは初めてです。今までは、機関車館の中で鳴らしていて、実際は走っていないのかと思っていました。

CIMG4290.jpg公園の中には「いのちの森」があり、このような川が流れています。


CIMG4196.jpg公園のすぐ横には、水族館を建設中です。着工までには、賛成派、反対派があったようです。
2012年1月まで工事と看板に書いてありました。開館したら、この辺一帯も交通渋滞になるのでしょうか。


京都も、新しい建物がどんどん建てられています。これで良いのかなぁ。それとも、しかたないのかなぁ。
宇治川~琵琶湖~田の谷峠
昨日は忘年会でした。食べ過ぎてしまって、帰りはズボンのフックが止まりませんでした。
今日は、その分を消費しないと。

と言う訳で、今日もサイクリングです。ルートは平等院付近から宇治川沿いを琵琶湖まで行き、琵琶湖からは山中越で下鴨に抜けました。

平等院までは油小路通で行ったのですが、教習車が横断歩道の前で急停車しました。おそらく助手席の教官がブレーキを踏んだのでしょう。運転手は横断歩道を渡っている人に気付かなかったようです。後部席にも人が2名乗っていたので、本検だったのでしょう。緊張していたのかなぁ。

CIMG4206.jpg宇治川に沿って琵琶湖まで行きます。
針葉樹が多いせいか、せっかくの紅葉が目立ちません。


CIMG4207.jpg途中、山の中にモミジがきれいなところがありました。
自転車を置いて、少し山の中を歩きました。この1km奥には、白川神社があるようです。
山の中に自転車を置いていくわけにはいかないので、戻って走り出しました。


CIMG4210.jpgポツンと1軒、そば屋さんがありました。この道路沿いには、この店以外には、家が1軒もありません。
まだ、店は開店前でした。


CIMG4211.jpgそんな感じで、景色を観ながら走っていると、2台のロードレーサが挨拶をして、抜いていきました。


いつも、一人で走っているので、自分のペースが速いのか遅いのか分かりませんでした。ちょうど良い機会なので、その2人の速度を計ってみることにしました。あまり接近しないで、50mくらい離れてついて行く事にしました。

この道路は、天ヶ瀬ダムまでは急な上りですが、天ヶ瀬ダムを越えるとほぼフラットです。でも、川の上流に向かっているので、少し上り基調です。

2人は、ときどき先頭交代しながら走っています。スピードは大体35~40kmを維持していました。しばらくすると、2人が少しペースを落としたので、私が2人に近づいていきます。でも、ちょうど追いついたところで、分かれ道があって、二人は左に、私は右に分かれました。そのときも、挨拶をしてくれました。

CIMG4215.jpg瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)です。
10個のゲートがあって、ここで琵琶湖から瀬田川への水量を調節しています。
今日は一番右のゲートのみが開いています。


CIMG4218.jpg琵琶湖沿いに、鮮やかな色をしたモミジの木がありました。
一人のおばさんも携帯で写真を撮っていました。私は撮り終わって走り出したのですが、ちょうどそのおばさんの前を通ったときに、カシャっと電子音がしました。
おそらく、そのおばさん、あわてて削除したんだろうな。すみません。


CIMG4220.jpg中山越に行く途中、競輪場がありました。大津びわこ競輪場です。
立ち止まって覗いてみると、大勢の方が走っています。自転車はピストではないので、競輪選手ではありません。一般の方です。競輪場を開放しているのでしょうか。


CIMG4223.jpg田の谷峠から見下ろした景色です。このあたりで標高360mです。
向こうに見えるのは大津の街でしょうか。


CIMG4224.jpg比叡山ドライブウェイの入口です。自転車は入れません。
比叡山まで走りたいなぁ。

ここからは下りです。体が冷えちゃいました。


この後は、下鴨神社で少し紅葉を楽しんだ後、河原町通、七条通と帰りました。

本日の走行距離 72.9km
本日のルート ←クリックしてください
ママちゃりでハンガーノック
毎日、会社までの10kmをママちゃりで通勤しています。
でも、昨日の帰りほどへとへと疲れた日はありませんでした。

まず、会社を出たとたん、強い向かい風です。こいでもこいでも進みません。しかも、土曜日のウォーキングと日曜日のサイクリングの疲れが残っています。というより、2日後に出てきたというほうが正しいです。今日一日、歩いていても足がすごく重かったです。

そんな状態で4~5km走っていたら、今度は疲れた上に、走る気力がなくなってきました。ハンガーノックのようです。まさか、ママちゃりに乗っていてハンガーノックになるとは思ってもいませんでした。あと5km以上、自転車を押して歩こうかとも思いましたが、ゆっくりでも自転車の方が良いと考え、漕ぎ続けました。

女の子にも抜かれながらも、やっと家に着きました。もしかしたら自転車の故障かと思い、前の車輪と後ろの車輪を手で回してみましたが、全く問題ありません。やっぱり、自分の脚の問題でした。

で、今日はというと、全くいつものように走れました。良かったです。昨日は、悪い条件が重なったせいだと言うことでおさめたいと思います。

ならまち&奈良公園
今日は、自転車でならまちと奈良公園に行ってきました。
やっぱり、少なくても土日のどちらかはサイクリングがしたいです。

CIMG4147.jpg格子の家です。
私にとって、ならまちと言うと、まずこの格子の家が思い浮かびます。初めてならまちに来たときに、最初にここに来たからです。
観光客の方々は、ならまちの地図を持って、目的のお店を探しています。どこで、その地図をもらえるのか聞きたかったです。


CIMG4146.jpgパナソニックのお店です。看板がないと、とても電気屋さんには見えません。


CIMG4159.jpgすごく混んでいるお店がありました。外だけでなく、店の中でもお客様が待っていました。
帰ってから、何のお店か調べてみました。「カナカナ」という古民家を改装したカフェだそうです。
古い建物ですが、とても気持ちが落ち着くそうです。


CIMG4163.jpgならまちを後にして、今度は奈良公園に向かいました。
途中にきれいな庭園がありました。旧大乗院庭園です。
もともとは、銀閣寺庭園を作った善阿弥とその子を招いて改造させた池泉回遊式庭園とのことです。


CIMG4167.jpg荒池です。ここはもう奈良公園のようです。
そこから興福寺の五重塔が見えました。その五重塔が荒池にきれいに写っています。


CIMG4169.jpg鷺池に浮かぶ浮見堂です。とても美しいです。


CIMG4178.jpg付近でマラソン大会が行なわれていました。
平城遷都1300年を記念して、初めて開かれた「奈良マラソン」です。1万人の市民ランナーがフルマラソンに挑戦していました。


CIMG4186.jpg春日大社の近くにある茶店です。奈良公園の中で、私が一番気に入っている場所です。


CIMG4188.jpg茶店の表側です。落ち着く感じで、とても良い雰囲気です。


CIMG4192.jpgその店のすぐ前で、鹿もリラックスしちゃってます。


私もならまちと奈良公園で、今日一日リラックスさせてもらいました。もう少し、近くだと良いのですが。

本日の走行距離 93.5km
本日のルート ←クリックしてください
嵐山~清滝~保津峡ウォーキング
今日は朝から快晴でサイクリング日和でした。でもどちらかと言うと、サイクリングというよりも散歩という気分です。

と言うわけで、今日も先週に引き続き散歩にします。先週は街の中だったので、今日はできれば自然の中が良いです。考えた末、今回は嵐山から清滝に行って、一旦嵯峨野に戻って、保津峡に行きます。帰りは、保津峡から電車で帰るか、歩いて帰るかは、そのときに決めます。

CIMG4075.jpg嵐山公園です。ここまではママちゃりで来ました。
ここから散歩の開始です。


CIMG4085.jpg竹林です。ライトアップの準備をしていました。
そう言えば、花灯路も来週の金曜日から始まるんだっけ。


CIMG4087.jpg常寂光寺の門の前の道です。
よくテレビ中継で見ますが、この常寂光寺のモミジはとても見事でした。


CIMG4093.jpg嵯峨野のお店です。
ここのお店や民家は、とても風情があります。


CIMG4098.jpgY字路です。右に行けば清滝、左に行けば保津峡です。
まずは右に行きます。この時期、清滝に行くのは、ほとんど愛宕山の登山客です。


CIMG4100.jpgまた、分かれ道です。右が旧道で峠道、左がトンネルで峠を上る必要がありません。
トンネルの中を見ると歩道がなく、左端に白線があるだけです。あぶないので、トンネルを通らずに、峠道に行くことにしました。


坂の上り口に、峠の説明の看板がありました。峠の名前は「試峠(こころみのとうげ)」と言います。
愛宕山に登れるかどうか、試みるための峠だそうです。それだけ急だということです。
そう言えば自転車で来たときは、やっと上った記憶があります。

先ほどのトンネルは、昭和4年に鉄道敷設のために掘られたものだそうです。

CIMG4102.jpg清滝に着きました。
以前にも書きましたが、清滝という滝があるわけではありません。嵯峨清滝という地名です。

この橋は、渡猿橋といいます。


CIMG4105.jpg清滝川の川べりに下りる道があったので、ちょっと下りてみました。

ここで清滝をあとにして、保津峡に向かいます。


CIMG4098.jpg保津峡に行くには、試峠をもう一度上って、先ほどの鳥居まで戻らなくてはいけません。

今度は、左に行きます。


CIMG4109.jpg道案内がありました。
今から行くところが「落合」となっているのは分かりますが、もう一つ「清滝」と書いてあります。
良く意味が分かりません。もしかすると、こちらには清滝という滝があるのかもしれないと思いました。


CIMG4110.jpg保津峡に行くには、このきつい坂をのぼって六丁峠を越えなくてはなりません。
自転車でもきつかったけど、歩いてもきついです。


CIMG4111.jpgやっと六丁峠を越えると、景色が良いところがありました。つかれも忘れます。
この付近の山は、紅葉する木があまりないようですが、この付近だけは、紅葉する木がかたまっていました。


CIMG4113.jpg保津川が見えます。右岸を見ても分かるように、ほとんど針葉樹で、紅葉している木はあまりありません。


CIMG4118.jpgまた、道案内がありました。
「なんてこったい」
道案内を見てびっくりしました。この道路のすぐ下に清滝川が流れていて、その川沿いを歩いていけば清滝までいけるそうです。


プレゼンテーション1すぐ横に地図もありました。
「なんてこったい」
距離もたったの1.6kmしかありません。川べりなので、おそらく峠道もないでしょう。
わざわざ遠回りまでして、上らなくてもいい二つの峠を越えてきたということでしょうか。ここにきて、どっと疲れが出てきました。帰りは絶対電車で帰ると決心しました。


CIMG4122.jpg地図の前で少しの間たたずんでいたら、清滝から来たと思われる10人くらいの団体が、川のほうから上がってきました。
あの人たちには、私の悔しさが分からないのでしょうね。


CIMG4131.jpgJR保津峡駅が見えてきました。途中にはトロッコ保津峡駅もありましたが、普通の電車の方が安いのでこちらにしました。

携帯で時刻表を調べたら、グッドタイミングでもうすぐ電車が来ます。ちょっと急がないと。
ついでに、嵐山までどのくらいで着くのか見てみると、たったの3分ですって。
なんてこったい、約3時間もかけて歩いてきたのに。


CIMG4137.jpgしかたがないので、その3分間だけでも保津峡の景色を楽しもうと思ったら、なんてこったい、嵐山までほとんどトンネルでした。


CIMG4138.jpg嵯峨嵐山駅です。ここで降りたのは初めてです。


今日は、「なんてこったい」が多い日でした。

本日の歩いた距離 12km(ナビで測ってました)
本日のルート ←クリックしてください
ポイントカード
CIMG4073.jpgスーパーマーケットのトライアルに通い続けて1年と6ヶ月。ポイントが貯まって、初めて500円値引券をもらいました。


210円の買い物に対して1円なので、500円券となると105000円の買い物をしたことになります。月平均にすると6000円弱。これって多いのでしょうか、少ないのでしょうか。