中学生ロードチーム
先週の土曜日、知り合った3人の方々に、京見峠の水汲み場を教えていただきました。今まで、そこを通っていたのに全く気が付きませんでした。冷たくてとてもおいしかったです。ペットボトルで2本分も飲んでしまいました。

しばらくそこで、4人でなんだかんだ話していたら、水を汲みに来た65歳のおじさんも話しに入ってきました。いろいろと自転車の話を聞いてきます。どうも、自転車を始めたいようです。

道端でおじさん5人で立ち話していたら、15人位の男女のグループが水汲み場に来ました。みんな、最新のロードレーサです。

でも、体が小柄です。ヘルメットをとると、やっぱり若い感じです。どう見ても、高校生以下です。何年生か聞いてみました。その子は中学2年生と言うことです。中学校の部活かも知れません。その中には、何人か大人の方もいましたが、先生か親でしょう。

自転車もかっこよかったけど、ヘルメットもサングラスもウェアも良いものです。すごいなぁ。どれをとっても、私のものより高いです。良く中学校でこれだけの人数が集まったものです。
スポンサーサイト
貴船神社&芹生峠
昨日知り合った3人の方が言っていました。芹生峠(せりょうとうげ)が上れれば、京都のどの坂も上れるだろうと。百井峠、花背峠もきついけど、この坂はもっときついということです。

昨日の疲れも残っていますが、興味があるの行ってきました。

芹生峠は貴船神社を超えていくので、せっかくなので貴船神社にも行ってきました。

CIMG2897.jpgこのY字路を右に1km位行くと鞍馬寺山門で、左に1.5km行くと貴船神社です。
左に曲がって、赤い橋を渡ります。


CIMG2899.jpg貴船口駅です。この次が、終点鞍馬駅です。


CIMG2901.jpg貴船は、鞍馬のような町並みはありません。このような、食事処が並んでいます。


CIMG2903a.jpg貴船神社に到着しました。
この鳥居をくぐると、ちょっと長めの石段があって、その上に神社があります。


CIMG2903b.jpgやっと境内に着きました。


CIMG2903c.jpg貴船神社です。ゆかたを着た女性が何人かいます。


CIMG2903d.jpg神社の反対側には、見晴らし台があります。
ここに座ると、気持ちが落ちついて、ずーと座っていたくなります。


CIMG2904.jpg貴船神社を出て、少し走ると、竹で目隠ししたところがありました。


CIMG2905.jpg中を覗いてみると、川のすぐ上に床がつくられています。

ところで、この「床」の呼び方ですが、鴨川は「ゆか」とよび、貴船では「とこ」と呼びます。


CIMG2906.jpgこれは、奥宮の鳥居です。


CIMG2910.jpg鳥居をくぐると、砂利道の長い参道があります。
すぐ横には一般道があるのですが、あえて参道を自転車を押して歩きました。


CIMG2911.jpg奥宮です。ちょっと中を散歩しました。


CIMG2914.jpg神社も見たし、さっそく芹生峠に向かいます。

言われるように、坂はきついです。百井峠のようなつづら折りが少ないです。しばらくまっすぐ上っては、折り返して、しばらくまっすぐ上ると言う感じです。このようにひたすら上るというのは、足を休める場所がなく、疲れます。


CIMG2915.jpg途中の道端に、山の水が流れ出している場所がありました。この管が1本あるだけなので、ぜんぜん目立ちません。素通りしてしまいます。

ちょっと止まって水に触れてみました。かなり冷たいです。首筋にかけたり、顔を洗ったりしましたが、本当に冷たくて気持ちが良かったです。何も書いてないので、飲むのは止めました。


CIMG2915b.jpgさらに上に行くと見通しの良いところがありました。
ほとんど、木々に囲まれているので、見晴らしが悪いのですが、やっと見通しが良いところがありました。


CIMG2916.jpgやっと芹生峠に到着です。
かなり長く感じました。途中の道は狭く、車が来ると、自転車を降りて道のわきにどかなくてはならないところもありました。


CIMG2917.jpg本当に芹生峠なのか不安だったので、その証をさがしました。
ちゃんと看板がありました。間違いありませんでした。

この先に行くと木陰がなくなるので、今来た道を引き返しました。
下りは、涼しくて気持ちが良かったです。でもあっというまに、貴船神社まで下りてしまいました。


CIMG2931.jpgそこのあった自販機で買った「バナナオーレ」です。ちゃんとバナナの味がしますが、果汁1%と書いてありました。
でも150kカロリーなので、補助食代わりになりました。


山を下りて、町に出たとたんに猛暑です。やっぱりこの時期は、上りはあまり好きではないけど、山に限ります。

本日の走行距離 45km (ラレーでは、いまだかつてない短距離です)

今日のルート ←クリックしてください
六丁峠~神明峠~京見峠
相変わらず、毎日35℃を超える気温です。しかも、まだまだ続きそうです。
それでも、朝晩は少しづつ涼しくなってきました。それだけでも助かります。

今日は、出かけるのが遅くなってしまい、8時を過ぎてしまいました。

今日のルートは、嵐山⇒嵯峨野⇒六丁峠⇒神明峠⇒京見峠です。

CIMG2862.jpg嵐山は久しぶりのような気がします。
それにしても、桂川の水がだいぶ濁っています。上流で何かあったのかな?


CIMG2863.jpg竹林も久しぶりです。この時間では誰も歩いていません。
ときどき近状の方が、犬の散歩とかジョギングをしている程度です。


CIMG2866.jpg野宮神社のじゅうたん苔です。
この神社は縁結びのご利益もあることから、日中は若いコが並んでいます。


CIMG2868.jpgここの鳥居は樹皮がついたままの「黒木の鳥居」で、古代の鳥居の形式を伝えています。


CIMG2871.jpg嵯峨野の奥にある鳥居です。
ここを右に行けば清滝、左に行けば六丁峠です。
左に行きます。


CIMG2873.jpg左に曲がったとたんに、このように木々に覆われた道路になります。
とても涼しいです。


CIMG2874.jpg六丁峠です。
ここから一旦下ります。


CIMG2876.jpg下る途中です。
このあたりでも、もうだいぶ山奥に入った感じがします。


CIMG2881.jpg保津峡に来ました。保津峡には二つの「保津峡駅」があります。

一つがこのトロッコ電車の「保津峡駅」です。無人駅のようです。


CIMG2882.jpg駅の写真を撮っていたら、ちょうどトロッコ電車が来ました。そんなに本数がないだろうに、グッドタイミングです。実物を始めてみました。


CIMG2885.jpg少し先にいくと、今度はJR「保津峡駅」です。やはり無人駅です。


CIMG2887.jpgホームの下には、保津川が流れています。
なんか、川の水が少ない気がします。こんなんで保津川下りができるのでしょうか。


CIMG2890.jpg神明峠です。
峠だと言うのに、ここからさらにきつい上りが続きます。


CIMG2893.jpgここが頂上です。棚田は、順調に育ったようです。


CIMG2895.jpg廻り田池です。理由は分かりませんが、だいぶ水かさが減っています。


CIMG2896.jpg笠トンネルに向かう途中に3人のチームに合ったので、ご一緒させて頂きました。
たまたま、年齢の話になり、50台が2人、40台前半が1人でした。私が入って、さらに平均年齢を上げました。


みなさんは自転車屋さんのチームではないようです。たまたま、何かの縁で集まった方らしく、他にもメンバーがいるようでした。定期的に走っているようではなく、気まぐれに集まっているそうです。

私も仲間に入れていただけることになりました。みんなで走るときには、連絡を頂くことになりました。良かった。これで、ときどきは大勢で楽しく走れそうです。

今日の走行距離 63km

今日のルート ←クリックしてください
休息日
今日も朝早く目が覚めたのですが、まったく起き上がる気が出ません。こんな日は無理しないで、家でじっとしています。

夕方になって、一日中家にいてももったいないと思い、三条通り手前にある自転車屋さん(シルベストサイクル)に行ってきました。

そしたら、以前から、こんなのがあったら良いなと思っているものを見つけました。

私は、こちらでは自転車用ボトルは使いません。ボトルの内側を洗うのが面倒なので、ペットボトルのまま飲んで、そのまま捨てています。でも、走りながらふたを開けるのが大変なので、飲み口だけ自転車用ボトルのようなものがあればいいなと思っていました。

CIMG2852.jpgそしたらありました。
ペットボトルのふたを外して、これを付ければ、そのまま飲めます。やっぱり、思うことは同じなのですね。

今度は、これを付けたまま、ペットボトルを捨てないように注意しないとね。まあ、100円だから良いけど。


花背峠~栗尾峠~持越峠
今日のコースは、7/31のコースの逆パターンに、ちょっとアレンジを加えたものです。

堀川通りを北上し続けると、この市原バイパスの入口まで来ちゃいます。

CIMG2828.jpgこの交差点をまっすぐ行けば、江文峠を通って大原に行きます。
今日は、鞍馬方面なので左折です。


CIMG2829.jpg鞍馬でちょっと休憩します。先週はハンガーノックで失敗したので、補給します。

この門をくぐって、山を登ったところに鞍馬寺があります。


CIMG2830.jpg補給が終わったので、ふたたび走り出しました。
鞍馬の町並みです。


CIMG2833.jpg鞍馬の町並みに見とれながら走っていると、突然、町並みが終わり、こんな感じで急な山道になります。

ここから、花背峠まで平均勾配 9.5%~10% が続きます。しかも、標高差500mも上ります。


CIMG2834.jpg途中に、百井峠への分岐点があります。きょうはまっすぐ行きます。


CIMG2836.jpgやっと着きました。ここが花背峠です。

かなりきつかったです。でも、勾配は百井峠ほどではありません。百井峠はサドルに座れませんでしたが、ここは半分以上サドルに座れましたから。

ここで、また補給食を食べました。今日は慎重です。



山を下りたところで、2本目のペットボトルを購入。一緒に氷アイスも買いました。暑い中で食べるアイスはとてもおいしかったです。
このあとの道路はとてもきれいで広い道路が続きます。

CIMG2839.jpg新しいトンネルを造っています。あまり、交通量がないのですが。
旧道はこの右側をちょっとだけ迂回しています。


CIMG2840.jpgトンネルのあとも、こんなに良い道路ができています。
ほとんど車が走っていないので、どうどうと道路の真ん中を走りました。とても気持ちが良いです。


CIMG2841.jpg京北周山町です。
まっすぐ行くと、亀岡や神明峠方面に行きます。
きょうは、このあと栗尾峠に向かうので左折します。


CIMG2842.jpg交差点に来ると、道の駅がありました。名前を「ウッディ京北」と言います。
気温が上がり、かなり暑いので、ちょっと中で体を冷やすことにしました。


CIMG2843.jpg建物のど真ん中に、こんな太い木が置いてあります。
樹齢600年の「やぐら杉」と書いてあります。平成7年に暴風で、根こそぎ倒れてしまったものです。



ソフトクリームを売っていたので、食べることにしました。いろんな種類があったのですが、あずきにしました。アイスクリームだったら分かりますが、ソフトクリームのあずきは初めてです。とっても、おいしかったです。
また食べたいのですが、来るのが大変です。

この近所のおじさんもソフトクリームを食べていたので、イスの横に座って一緒に食べました。
いろいろな話を聞かせてもらいました。この町は木の町で、平安京時代は切った木を、この横を流れる桂川で京の町まで運んだそうです。

でも、最近の家は、合板などが増えていて、木も売れなくなってしまったらしいです。

いろいろ話をしていたら、いつもまにか時間も経ち、体も冷めて疲れもとれたので、3本目のボトルを購入し、また走り出しました。

CIMG2847.jpg栗尾峠の途中からの景色です。先ほどの町並みが、あんなに遠くなっています。


CIMG2848.jpg栗尾峠につきました。どこにも名前がありませんでしたが、おそらくそうでしょう。



この峠から高雄方面に下っていると、1台のロードレーサがいたので、近づかない程度で後ろを走りました。
下りだからついていけますが、上りだったクロスバイクじゃついていけません。

高雄の少し前で左折すると、京見峠や持越峠方面に行きます。さらに行くとY字路があり、右に行くと京見峠、左に行くと持越峠に分かれますが、今回は左に行きます。

CIMG2849.jpg持越峠です。だいぶ疲労が溜まってきました。やっと上った感じです。


CIMG2850.jpg朝、走った道路に出ました。正面から来て、この左側に曲がりました。左の曲がると、市原バイパスとなります。


ここまではなんとか来ましたが、ここから家まではもうへろへろでした。疲れと言うよりは、山を下ると気温が高くなり、この時間でもう35℃にもなっている暑さのせいです。

家に着いたら、コーラ、牛乳、氷アイスの飲み放題、食べ放題で、やっと生き返りました。
しっかし、京都は暑いなぁ。

本日の走行距離 91km

本日のルート ←クリックしてください
スプロケット
先月に購入したスプロケット(12~27丁)は、夏休みに宇都宮に帰ったとおきに、トレックに付けてみました。
激坂にはとても効果的でした。

また京都に持ち帰るのも面倒なので、それはトレックに付けておくことにしました。そうなると、京都のラレー用にもう1セット必要です。

この12~27丁のスプロケットは、デュラエースと105にはラインアップされているのですが、なぜかアルテグラにはありません。定価はデュラエースが21,559円で、105が5,399です。重さはそれぞれ163g,209gです。当然105です。

京都に戻ってから、すぐ近所の自転車屋さんに買いに行ったのですが、売り切れていました。注文してもらうことにしたのですが、1週間かかるということで、この土日はあきらめていました。

CIMG2827a.jpg
ところが、今日電話があり、入荷したとのこと。良かったです。これで、土日も涼しい山に入れます。

もう、一度楽を覚えると元には戻れないのでしょうか。


体重が増えちゃいました
夏期休暇中は宇都宮に帰っていましたが、なんと10日間で体重が3kgも増えちゃいました。

こんなことって、あり得るのでしょうか。こんな短期間に3kgも脂肪が増えることはないと思います。かなり水分を取ったので、おそらく脂肪の中に、水分が蓄えられたのではないでしょうか。体にそういう仕組みがあるのかどうか分からないのですが、そんな感じがします。

事実、日曜日に古峰神社に行ったときなんか、家に帰ってきたら、なんと体重が増えていました。この日は、携帯食を持たず、またコンビニもなかったので(気が付かなかっただけかも)、帰りはハンガーノックでした。

こうなると、いつも以上に水分を補給したくなります。自販機でなんども止まっては、冷たい飲み物を飲みました。それでも、空腹感と気力は回復できずに、スピードを出すこともできませんでした。

そんな感じで家に着いたら、体重が増えていたわけです。

京都に戻って3日たって、なんとか1kg減りました。あと2kgです。といっても、特に減らす努力はしませんが。
五山送り火
先ほど京都に戻りました。
夕飯を食べるにも冷蔵庫の中が空っぽなので、さっそく近所で買い物です。
軽く夕飯を済ませて、南側のベランダへ。

なぜかというと、夜8時から五山送り火が始まるのです。
五山送り火は、夜8時にまず京都東側にある如意ヶ岳に「大」の字(右大文字)が点火されます。
それから、順番に東山に「妙」の字、西山に「法」の字、船山に「舟」形、大文字山に「大」の字(左大文字)、嵯峨野の曼荼羅山(まんだらやま)に「鳥居」形に点火されます。

CIMG2818a.jpg私の部屋は7階なので、いくつ見えるか楽しみにしていたのですが、見えたのは如意ヶ岳の「大」の字(右大文字)のみでした。

あとは高層ビルが邪魔で見えません。


この「大」の字を一人で見ていたら、オーナー夫婦と会いました。二人は屋上に五山送り火を見に行くそうです。
屋上は施錠されて入居者は入れないのですが、さすがオーナー、ちゃんと鍵を持っています。「一緒にどうですか?」と声をかけていただいたので、私も屋上に上げてもらいました。

ここからは、さらに「船」形と「大」(左大文字)が見えました。良かった~。

オーナーから、嵐山の渡月橋もしくは広沢池から見る「鳥居」形は、とても美しいと聞きました。同時に灯ろう流しをやるそうで、これが「鳥居」形と重なって、幻想的で最高に美しいらしいです。

来年は、嵐山に行きます。一人で。



古峯神社
昨日の疲れもあって、今日は走らないつもりでしたが、しばらくはロードレーサに乗れないと思うと、やっぱり走ることにしました。

目的地は古峯神社です。昨日のライドで古峰ヶ原街道を走りましたが、道路の横を流れている川があまりにもきれいだったので、古峯神社まで走りたくなった訳です。

ルートは昨日のルートとほぼ同じで、石裂山が古峰神社をに変わっただけです。

CIMG2800.jpg昨日、石裂山から古峰ヶ原街道に入った地点です。

CIMG2801.jpg昨日は、ここまで古峰ヶ原街道を走りました。ここからは小来川に抜けました。

CIMG2803.jpg一の鳥居です。ここから勾配がきつくなります。


CIMG2813.jpgやっと古峯神社に着きました。とてもきつかったですが、以前に来たほどではありませんでした。今回は、コンパクト+27丁なので。

神社にはすでに5~6名のロードレーサがいました。胸に「WADA」のロゴがあったので、和田サイクルのチームだと思います。


CIMG2811.jpgこの橋は、古峯園に行く橋です。橋を渡った所に料金所があるので、ここまでにします。

しかし面白いです。古峰ヶ原は「こぶがはら」、古峰神社は「ふるみねじんじゃ」、古峯園は「こほうえん」と読みます。


CIMG2807.jpg家富連山トンネルです。

ここから粕尾峠に抜けられますが、かなりきつそうです。←クリックしてください。
いづれ走ってみたいですが、今日はご遠慮申し上げます。


このあとは、昨日と同じに峠を一つ越えて小来川に行き、そのあと文挟街道で帰りました。

CIMG2815.jpg最後は、古賀志林道を上り、下り終わったところにある釣堀でかき氷を食べました。

以前は一個100円だったのですが、200円になっていました。それでも安いですが。




本日の走行距離 86km

今日のルート ←クリックしてください
日光千手ヶ浜(改め) 石裂山~古峰ヶ原街道~小来川
今日は、久しぶりにみんなで走りました。メンバーはsinbellさん、ishi.k さん、yasuさん、moriyanさん、私の5人です。エイブさんは寝坊で、出発までに間に合わなかったようでした。

行き先は奥日光のはずだったのですが、文挟街道の途中で小雨が降り出してきて、路面もぬれてきたので、急遽目的地を石裂山方面に変更しました。

目的地の変更は正解でした。雨に降られることも無く、炎天下もなく、終始涼しく走れました。

まずは、南摩経由石裂山です。8/7のブログで紹介したコースです。

CIMG2743.jpg南摩ダムの工事や、その付近で工事中のトンネルと道路を見ながら走りました。その間すれ違った車は、たったの2台です。いったい、誰のためにこんな立派な道路を造っているのでしょう。

もしかしたら、サイクリストのため?


CIMG2788.jpg一箇所だけ砂利道の場所があり、そこだけは自転車を押して歩きました。


CIMG2789.jpg県道240号線に出ました。そこから、石裂山に向かいます。
アタックをかけて、単独で先に行ってしまったyasuさんを追うため、ishi.k さんが、マイヨ・ジョーヌのsinbellさんをアシストしています。これ以上、タイム差をあけられると、マイヨ・ジョーヌをyasuさんに奪われてしまいます。


CIMG2792.jpgmoriyanさんは先頭集団から脱落し、後からくるメイン集団?を待つことにしました。


CIMG2795.jpg石裂山に着きました。かろうじてsinbellさんが総合タイムを守りきり、このあとも黄色いジャージを着ることが出来ました。

石裂山から流れ出た川です。山から流れ出た水ですが、水量が豊富です。


このあとは、古峰ヶ原街道に出て、そのあと峠を越えて小来川に行くことになりました。

CIMG2798.jpg古峰ヶ原街道沿いの橋の上で、でちょっと休憩です。

面白いことに、橋から見下ろした川の景色が、橋から上流と下流で全く違います。
この写真は、橋から上流側です。岩場が目立ち、急流です。


CIMG2796.jpgこちらが橋から下流側です。
岩場が無く、流れも穏やかです。
全く違う川のようです。


CIMG2799.jpgそのあとも古峰ヶ原を北上しました。

ここでもishi.k さんが、マイヨ・ジョーヌのsinbellさんをアシストしています。そのすぐ後で、yasuさんはアタックのタイミングを見計らっているようです。



このあと、峠越えをして小来川経由で、文挟街道で帰りました。文挟街道では、いつものようにローテーションです。

田野町交差点で解散してからは、私は多気山経由で帰りました。

本日の走行距離 94km

本日のルート ←クリックしてください
 相変わらず地図の距離は正確です。
新旧マドン
明日は奥日光に行くので、今日はほどほどにしなければならないと思い、ルートを小来川にしました。
朝7時に出て、まずは文挟街道をゆっくり走りました。かなり前方にロードレーサが1台走っていますが、速そうなので、私はマイペースでいきます。

反対車線では、3台のロードレーサが競い合っていました。競い合っても、余裕は持っていて、皆さん私に挨拶をしてくれました。

前方にいたロードレーサは、まったく見えなくなりました。

水汲み場に着くと、ロードレーサが1台いました。おそらく、さっき前方を走っていた方でしょう。挨拶をして、そのまま通り過ぎるつもりでしたが、よく見ると実業団リベルタスTBCの○江さんでした。

○江さんも、暑くなる前に走り終えたいとの事です。

CIMG2786.jpg左が○江さんの新型マドン。右が私の旧型マドンです。○江さんも1年前までは私と同じマドンに乗っていたのですが。

見比べるとサドルとハンドルの高低差がかなり違います。こんなに高低差があったら私は乗れません。
このほか、写真では判りませんが、パーツのグレードが全く違います。



このあとは二人で走ることにしました。でも、よく考えてみると、上りの得意な○江さんと、不得意の私ではスピードが違いすぎます。当然、○江さんが私に合わせることになります。

二台並走して、お互いの近況を離しながら走りました。上りやトレーニングの仕方も教えてもらいました。でも、勾配がきつくなると私は呼吸すのるが精一杯で、話なんかできません。

峠を過ぎてからは、水汲み場で休憩した以外は、田野町交差点まで二人でローテーションしながら帰りました。とても良い練習になりました。
多気山~古賀志山~羽黒山
今日の天気予報は各社によって、まちまちでした。一日中雨と言うところもあれば、一日中曇りのところもあります。そんな感じなので、万一降っても大した降りではないでしょう。ということで出掛けました。

そうは言っても、万一の大降りも考えて、家からあまり離れないルートにしました。多気山~古賀志山~文挟街道~大沢~羽黒山です。いざというときには、どこからでも家に帰れます。

天気はずーっと曇りで、一粒の雨も降りませんでした。とても涼しく快適でした。

CIMG2775.jpgまずは、多気神社参道です。この坂は急なうえに直線です。

上まで上ったところで、写真を撮り忘れたことに気づいたので、鳥居まで一旦下りました。
写真を撮った後、再度上りました。


CIMG2777.jpg次は多気山です。多気神社を少し下ったところから、左に上る道があります。

車はほとんど通らないので、その点は良いのですが、そのぶん路面の上には、葉っぱや木の枝などが落ちています。



多気山を下りると、田野町のセブンイレブンの少し上ったところに出ます。
そこからはジャパンカップのルートを走りました。

文挟街道に出たあとは、文挟方面に向かい、駅の手前で大沢に向かいます。

そこから小林街道に入りました。ついでなので、和田菓子店に武平まんじゅうを買いに行ったのですが、今日は休みのようです。

小林街道からはロイヤルカントリーのクラブハウスの方に向かいました。


CIMG2778.jpgロイヤルカントリーから下りると、正面に羽黒山が見えます。
まずは羽黒山の北から上りました。路面が少しぬれている部分があり、ダンシングだとスリップします。
でも、勾配が急でないところだったので、転倒するほどのスリップではありませんでした。


CIMG2783.jpg頂上の見晴台からの景色です。筑波山の方向らしいのでが、今日はかすんでいて、見通しが悪いです。

登山客が「自転車でここまで上ってきたのですか」て驚いていました。羽黒山なら誰だって上れるのに。



そのあと南側の入り口まで下りて、もう一度上ってから帰りました。

本日の走行距離 85km(近場でも、結構走れることがわかりました)

今日のルート ←クリックしてください
古賀志山トレッキング
朝起きたら雨が降っていました。昨日の天気予報ではそんなこと言っていなかったのに。

お昼ごろになって雨は止みました。そういえば、最近山登りをしていないので、久しぶりに山に行くことにします。
そんなわけで、お昼を食べたら古賀志山に出かけました。

CIMG2748.jpg森林公園の駐車場に車を止めて、古賀志山に向かいます。
ここにきて、また雨が降り出してきました。引き返そうか迷いましたが、たいした降りではなさそうなので、そのまま行きます。山に入ってしまえば、多少の雨であれば木が防いでくれます。


CIMG2749.jpg向こうに、いまから登る古賀志山が見えます。こうやって見ると、結構高いです。


CIMG2752.jpg橋を渡らずに右の道を行くと、一般登山道のなだらかな北コースがあります。

でも私は、この橋を渡ったところから上ります。これが東尾根コースです。


CIMG2753.jpgこんな風に、いきなり急な登りです。


CIMG2755.jpg10分くらい登ると、今度は平らな尾根になります。それが少しだけ続きますが、すぐ上り坂になります。


CIMG2759.jpg右(北)には中尾根が見えます。
いつもは帰りに通るルートなのですが、今日は時間がないので、手前の北コースで下るつもりです。


CIMG2764.jpg東尾根をしばらく登ると、一つ目のくさり場があります。
この岩場は、がけになっているので、せっかくここまで来たのに、ここで引き返してしまう人もいます。そういう私も、何度登っても緊張します。
このあと、二つ目のくさり場を登ると、見晴台に到着です。駐車場から70分位です。


CIMG2768.jpg向こうに宇都宮の市街地が見えます。


CIMG2769.jpg鹿沼の市街地も見えます。

さて、落ち着くまもなく、さっそく下ることにします。


CIMG2771.jpg途中に富士見峠があります。
ここを右に下りれば北コース、まっすぐ行くと中尾根、北尾根があります。
今日は右に下ります。


CIMG2774.jpg北コースを下ると、途中に水汲み場があります。ほとんどの登山客がここでおいしい水を飲みます。


北コースは、がれきの道なので、靴底が硬い登山靴でないと、足の平が痛くなると思います。

駐車場に着きました。約2時間半の良い運動でした。そう言えば、いつの間にか晴れていました。
石裂山
久しぶりの宇都宮のサイクリングです。でも、今日は妻との買い物もあるので、早めに帰ってきます。
朝7期に出かけました。でも、なんか今日はぺダルがとても重く感じます。それに気乗りもしません。時々、こんな日があります。

とりあえず、文挟街道を西に向かいました。雲が多く、雨が降りそうな気配です。でも、涼しくて気持ちが良いです。

CIMG2738.jpgハングライダーの離着陸場所付近に来たところで、少し霧雨が降ってきました。小来川方面の雲行きがあやしいので、石裂山に行きことにしました。


CIMG2742.jpgルートは、以前に道路工事ばかりで、結構、自転車を押して歩いた、県道177号線です。もう工事は終わったのでしょうか。

この道路は、景色が良く、車が少ないので大好きです。工事が始まる前までは。


CIMG2743.jpgでも、このようにところどころで工事しています。向こうにはトンネルも作っています。
何でこんなに車が少ない道路で、こんなに立派な道路を作るのでしょうか。




しかも、この道路以外でも、怪しい工事をしています。「工事注意」という看板はあるのですが、何の工事をしているかは一切書かれていません。かなり広い範囲で工事が行われていて、かなりの量の土砂が掘り出されています。

ちょうど歩いている方がいたので、何の工事か聞いてみたところ「南摩ダム」の工事ということです。「南摩ダム」と言えば、以前問題視されて、工事凍結されたと思っていたのですが。

CIMG2744.jpg峠付近は、こんなに広くきれいになりました。


CIMG2746.jpg石裂山に着きました。ここで、ちょっと休憩しました。今日は、山登りの方が全くいませんでした。
それにしても、近くを流れている川の水がきれいだったです。


CIMG2747.jpg帰りは、できるだけ来た道と違う道路を走り、最後は城山西小横から古賀志山、多気山と上って、帰りました。



本日の走行距離 72km

本日のルート ←クリックしてください
宇都宮に帰ります
明日、会社が終わったら、そのまま宇都宮に向かいます。娘も一足先に帰っていて、久しぶりに家族全員が揃います。

それにしても、なんで自分の家は落ち着くのだろう。あの、落ち着き感は、絶対、京都での一人住まいでは味えないものです。ということは、京都では、多少なりとも絶えず緊張しているのかもしれません。


ところで、今回はsinbellさんが「真夏のライド」を企画してくれました。日光に行きます(掲示板参照)。京都では、ちょっと走るとすぐ山に入れて、気軽の山を楽しめますが、標高1000m以上の山はありません。

栃木県は、北に行くと2000m級の山ばかりです。今回は標高1500mまで上ります。おそらく涼しくて気持ち良いだろうな。いろは坂の車の混雑を尻目に、「スイスイ」、いや「エッチラオッチラ」と行きましょう。
花笠巡行
自転車の話ばかりだったので、ちょっと疲れました。ここで、ちょっと一息入れます。

7/24に行なわれた花笠巡行です。これも祇園祭の一環です。サイクリングの帰りに、京都市役所の前を走っていたら、ちょうど巡行の真っ最中でした。

この一週間前に行なわれた山鉾巡行が男の祭で、今回の花笠巡行が女性と子供の祭です。なんか、穏やかな気持ちで見ていられます。

CIMG2640.jpg  CIMG2655.jpg


祇園太鼓と祇園ばやしです。
CIMG2644.jpg  CIMG2664.jpg

宮川町と祇園の芸舞妓さんです。
CIMG2658.jpg  CIMG2660.jpg

私もサイクリングの後で暑くて我慢できなかったので、巡行している方々には申し訳なかったのですが、片手にアイスクリームとコーラ、もう片手にはカメラをを持って歩道に座ってみていました。




チューブレスホイール(WH-6700)、コンパクトドライブ(FC-6750)インプレッションまとめ
この二日間、山を中心に150km以上走りました。さすがに今日は足がちょっと重いです。

さて、チューブレスホイール、コンパクトドライブのインプレッションのまとめです。

まず、ホイールです。私が持っているホイールとの比較です。
漕ぎ出しは、R500よりは多少軽くなるけど、ボントレガーレースXライトよりは重いです。
でも、速度が20kmあたりを超えてからは、回転の持続性が感じられるし、そこからの加速も良い気がします。
でも当然ですが、すべてにおいて、R500以上、レースXライト以下です。

おそらく、このホイール本来の性能を出すには、チューブレスタイヤが良いかもしれません。チューブレスにして、どこまでレースXライトに近づくか、早くやってみたいです。

ただ、気になったことがあります。音です。このホイールから聞こえる音は2種類あります。

まず、一つはリアのハブから出ているラチェット音です。ペダルを止めたときに聞こえる音です。ただ、このホイールのラチェット音はかなり小さいです。レースXライトのそれとは比べ物になりません。耳を澄まして聞かないと分からない程度なので、ラチェット音がイヤだと言う方でも問題ないと思います。

二つ目の音はリムから出ていると思われる音です。「コ~ン」という軽い音です。決して耳障りな音質ではありません。でも、ラチェット音よりは大きいです。原因は良く分かりませんが、タイヤのロードノイズがリムの中の空洞で共鳴しているか、もしくはスポークで共振していると思われます。

音の大きさは、人によって感じ方が違うと思います。気になる人はとても気になるだろうし、気にならない方はほとんどきにならない大きさです。ちなみに私は気になりません。もしかすると、スポークのテンションを変えると、良くなるかもかもしれません。


次は、コンパクトドライブ+スプロケット27丁についてです。
これについては、私の脚力を考えると、替えて大正解です。京都の山は勾配が急です。余裕を持ったギア比が必要だと思います。
ギア比に余裕があれば、使う力も軽くてすみます。その結果、回転を上げてスピードも出すこともできるし、疲労を軽減する乗り方もできます。また、一番威力を発揮するのが、疲れているときの上りです。ノーマルクランクだと、もう踏めない状況でも、今回の組み合わせであれば、スピードが遅いながらもクランクを回し続けることができます。
上りが苦手な方にはお勧めです。

以上、二日間のインプレッションのまとめでした。
百井峠
今日は朝起きられなくて、家を出るのが遅くなってしまいました。昨日よりも1時間も遅い7時40分です。ルートは、当初367号線を北上し、大原を経由して、途中峠から琵琶湖に向かう予定でした。

でも、昨日の疲れが残っているようで、足が重いです。

CIMG2714.jpgもうすぐ大原ですが、8時30分時点で29℃もあります。この暑さの中を走りきる体力も気力もありません。
ルートを変更します。涼しい山に入ります。
ここからだと、勾配がきつい百井峠しかありませんが、暑いよりはましです。


CIMG2715.jpg右に曲がって、坂を上ると三千院です。でも、体力を温存するために、まっすぐ行きます。


CIMG2716.jpg百井峠に向かう道路です。最初は、かなりゆるい上りです。
初めてのときは、これにだまされて飛ばしすぎて、体力を使ってしまいました。
もっとも、今日は飛ばす気にもなれませんが。ゆっくりと景色でも楽しみながら上るつもりです。


CIMG2717.jpg今までは余裕もなくて、景色を見ていなかったようです。道路と並行して、こんな小川が流れていることさえ気付きませんでした。


CIMG2719.jpg少しづつ勾配がきつくなってきました。でも、ここはこんなもんじゃありません。まだまだ、きつくなります。
でもこの時点で、もうギアは使い切っています。


CIMG2721.jpgとうとう、勾配のきついところにきました。以前、足を付いてしまったところです。

でも、今日はなんとか乗り切りました。



今までは、ダンシングで、しかもジグザグに走ってやっと上っていた坂です。
今日は、ダンシングならまっすぐ上れます。シッティングだとジグザグですが。
コンパクトドライブ+27丁に替えたおかげです。

CIMG2722.jpg無病健寿”神泉水”と書いてあります。
今までは、あることさえ気付きませんでした。まだまだ、きつい上りの最中なので。


CIMG2723.jpgかなり上ってきました。


CIMG2724.jpg峠に着きました。でも、何にも書いてありません。もしかすると、ここが峠ではないのかも知れません。


CIMG2725.jpgきつい坂を上りきったところは、のどかな田園風景でした。
なんか、ホッとします。


CIMG2726.jpgペットボトルを1本飲みきったので、リュックの中のペットボトルを出しました。
冷凍されたものを買っていました。1本飲み切るときには、程よく融けていると思っていたのですが、凍ったままでした。


リュックも断熱効果があるのでしょうが、このペットボトル自体も断熱効果があるようです。顔や首筋を冷やそうと思ったのに、ヒヤッとしません。冷凍専用のペットボトルなのですが、このラミネートに秘密がありそうです。

CIMG2729.jpg田園風景を過ぎると、また上り始めました。
さきほどのような、きつさはないのですが、つらい坂がまっすぐ伸びています。


CIMG2731.jpg峠に着きました。もしかすると、ここが百井峠かもしれません。
とこかに峠の名前が書いてないか探しました。


CIMG2730.jpgありました。小さな看板が、木にくくりつけられていました。
やっぱりこちらの峠が、百井峠でした。


CIMG2732.jpg昨日、引き返した場所をおそるおそる下りました。


鞍馬まで下る時に、かなりのロードレーサーやクロスバイクが上っていきました。何人かは、自転車を押してでも上っていきます。どうもここの上りは、有名らしいです。どこまで上るのかな。百井峠までの路面は最悪なので、おそらく花脊峠かもしれません。

今度来てみます。でも、みんな、こんなつらい思いをして、なんで上っていくのだろう。と言う、わたしもそうですが。

CIMG2733.jpg昨日は、鞍馬の町の写真だったので、今日は別な写真を撮りました。

鞍馬の駅前にある天狗です。鞍馬は天狗でも有名です。


CIMG2734.jpg鞍馬駅です。叡山電鉄鞍馬線の終点です。


CIMG2736.jpgこの建物は、なんと郵便局です。
郵便局もそうですが、鞍馬の民家もこんな造りです。



その後は、河原町通りで帰りました。4時間も走ったのに、走行距離はたったの58kmでした。百井峠で、だいぶ時間を使っちゃいました。

来週の土曜日からは宇都宮です。栃木の景色をたっぷり満喫してきます。

今日のルート(クリックしてください)