リハビリ後の初100km超え
今日は、腰痛が治ってから、最初の100km超えに挑戦しました。

そうなると自転車はSUPERSIX EVOです。昨日同様、ウェアはサイクルジャージじゃなくて、普段着です。私は、このほうがリラックスしてサイクリングができるし、気軽にどんなお店にも入れるし。

昨日がちょうど90kmだったので、今日はそれと同じルート+道の駅「思川」にしました。

DSC_0008 (640x480)昨日はここで引き返しましたが、今日はこのまま思川沿いを南下しました。

今日から稲刈りが始まっていました。このアートはどうするのかな?


DSC_0006 (640x480)白鴎大学(本キャンパス)も思川沿いにあるのですね。


DSC_0004 (640x472)道の駅に着きました。
ここに来るまではラーメンを食べるつもりでいたのですが、メニューを見ていたらご飯ものが食べたくなったので、生姜焼き定食にしました。
学生時代は良く食べました。


DSC_0002 (640x516)道の駅に来たもう一つの目的は、この「お供え揚げ」を買うためです。
今日はリュックではなく、小さいウエストバックだったので、残念ですが1袋だけしか購入できませんでした。


DSC_0011 (640x508)帰りに立ち寄った道の駅「みぶ」では、「ときめきいちご」を食べました。
これはかき氷にいちごをかけたものではなく、凍らしたいちごを細かくスライスして、北海道産の生クリームをホイップにしてのせたものです。決して甘すぎず、いちごの酸味もそのままです。暑い時には最高です。また食べたいです。


DSC_0010 (640x480)今日一日、私を乗せて走ってくれたEVOです。

(壬生の東雲公園にて)



昨日のバッカスのようにのんびり走ろうと思っても、ついスピードが出てしまいます。特に下り坂があると、スピードが出てしまいますが、下り坂が終わってもそのままのスピードで走ってしまいます。まあ、そもそもロードレーサーはスピードを出すためのものですけど。

本日の走行距離 108km
スポンサーサイト
自転車の楽しさを改めて感じました
DSC_0020 (640x480)今日はフラットバーのバッカスです。
先週の土日はブルホンバーのマドンで、ほぼ60kmと80km走ったのですが、どうもしっくりこなかったので今回はフラットバーにしました。


で、走った感じは、やっぱりフラットバーの方が良かったです。なんていうのか、走っているのが楽しくて、ずーっと走っていたい気がします。

ドロップハンドルだと、そんな必要はないんだろうけど、私はどうしても走る前から気合を入れて、走っている間もあまり気が抜けません。

フラットバーだと、普段着ということもあるのだと思いますが、走る前からウキウキしていて、のんびり走るときもあれば、力一杯走ることもできます。

今日は、壬生や小山を走りました。

DSC_0012 (640x480)家の付近は雨が降った様子はなく道路は乾いていたのですが、鹿沼は結構雨が降ったようで、道路は結構濡れていました。

壬生に入ったら道路は濡れていなかったのですが、走っているとフロントタイヤ付近からカチカチと音がします。止まってよく見ると、直径1mmくらいの石が、2個離れてタイヤにめりこんでいました。その石を取り除くとタイヤに穴があいていましたが、幸いパンクには至っていませんでした。

濡れたタイヤに石がくっついて、走るほどタイヤにめり込んで、めり込んだら余計石が取れにくくなったようです。
タイヤの円周は約2mなので、1km走れば、500回も石がタイヤの同じ場所に打ち付けられるのです。10km走れば5000回です。そのまま走り続けたらチューブまでいって、パンクに至る可能性大です。

雨の日にパンクしやすいことは知っていましたが、その理由を実証しました。ウエットを走った時は、ときどき止まってタイヤを確認する必要があります。

DSC_0014 (640x480)壬生のラーメン二郎です。まだ10時半です。開店1時間前なのにもうこんなに並んでいます。
平日、仕事でこの前を車で走りますが、平日もこんな感じです。一度、食べてみたいのですが、並ぶことが苦手なので、当分無理そうです。


DSC_0017 (640x480)田んぼアートで折り返しました。1か月前にもきましたが、変わりありませんでした。


DSC_0028 (640x480)道の駅「みぶ」に立ち寄って↓


DSC_0031 (640x480)ソフトクリームを食べました。


DSC_0032 (640x480)壬生町総合公園では盆踊りの準備をしていました。
トラックを囲むように屋台を組み立てていました。かなり大規模なので、子供だけでなく、大人も楽しいでしょうね。



本日の走行距離 90km

体力がなくなったかも
腰の状態が良くなって、先週はフラットバーで90km以上走れたので、今日はもう少し前傾になるブルホーンバーのマドンに乗ってみました。

結果は全く問題ありませんでした。ただ、11時から用事があったため、60km弱しか走れませんでしたが。

DSC_0003 (640x480)朝もやの中の田園風景は気持ちが良い物です。


DSC_0005 (640x480)道の駅「にしかた」まで行って、帰りは鹿沼の町を経由して帰りました。


DSC_0001 (640x480)最近よく見る花なのに、名前が分からずにずーと気になっていましたが、やっと分かりました。
さるすべりでした。花ばかり気にしていたので分からなかったのですが、つるつるした木の幹を見てすぐ分かりました。



腰は問題なかったのですが、帰り道は結構疲れてしまい、ぜんぜんスピードにのれませんでした。まぁ、走れるだけ幸せですね。

本日の走行距離 59km
距離も以前の状態まで戻りつつあります。
会社で椅子に座っていても腰の痛みもなくなったし、昨日はシティーサイクルで50km走っても問題なかったので、今日はフラットバーのバッカスで長めに走ってみました。

結果は、90km以上走っても全く問題ありませんでした。

壬生町、下野市、小山市をぶらぶら走りましたが、ほとんど走ったことがない道路を選びました。

DSCN0218 (640x480)壬生の東雲公園横の黒川です。


DSCN0220 (640x480)黒川は思川に合流します。手前が黒川で、向こうに見えるのが思川です。


DSCN0222 (640x480)思川沿いをさらに南に下り、小山市に入ってから思川を渡りました。


DSCN0223 (640x480)思川の反対側にもサイクリングロードらしき道があったのですが、雑草が茂っていて、なんとか自転車が走れる程度しかありませんでした。


DSCN0227 (640x480)やっと道路が広くなったと思ったら、舗装が終わってしまいました。一部だけ広くしたのは、何の意味があったのでしょうか。
結局、一般道に出るところまで戻りました。


DSCN0228 (640x480)天平の丘公園やわんぱく公園にも寄ったのですが、ワイヤーロックを持っていなかったため、自転車を押しながら公園内を歩きました。最も、今日は腰が痛くなかったので、歩かなくても良かったのですが、念のために軽く歩いた次第です。



初めて走った道路は行き止まりが多くて、何度か来た道を戻りました。

本日の走行距離 93km
少しずつ腰が良くなっています
腰も少しづつ回復してきました。
ただ、あまり前傾姿勢はできないので、今日も銀輪でサイクリングとウォーキングをしました。

ルートは先週同様、壬生のわんぱく公園(先週までわんぱく広場だと思っていました)まで自転車で行って、わんぱく公園を2周しました。

DSCN0204 (640x480)花の名前は分かりませんが、最近、あちこちで見かける花です。きれいですねぇ。


DSCN0209 (640x480)なんか紅葉が映える感じですね。秋に来てみます。


DSCN0210 (640x480)庭園もなかなかです。



先週来たときには、あまり景色を見ていなかったんですね。新たな発見をしました。

本日の走行距離 54km
本日の歩行距離 4.8km
サイクリング&ウォーキング
ソファーに座わっていても、じゅうたんに座っていても、すぐ腰が痛くなるので、天気さえ問題なければ、外に出て動いていた方が楽です。

それに、今日は曇りで、サイクリングやウォーキングには最適です。さっそくサイクリングに出かけましたが、昨日はフラットバーのバッカスでさえ腰が痛くなったので、前傾のさらに少ない銀輪で出かけました。

自転車で鹿沼経由でわんぱく広場に行き、わんぱく広場をウォーキングで2周して、また自転車で帰るルートです。

DSCN0197 (640x472)わんぱく広場の入り口付近です。
左側はリンゴの木かな? まだ、小さいですが青い実がたくさん付いていました。


DSCN0190 (640x480)入口を入ったところには、水遊びできるところがあり、子供たちが水鉄砲などで遊んでいました。


DSCN0193 (640x480)園内の最も外側の道は木陰が多いです。今日は曇りだった上、気温も低かったので、その木陰の効果は分かりませんでしたが。



行きは体が温まっていなかったせいか、ときどき腰が痛くなりましたが、帰りは体が温まったせいか、それほど痛くはなりませんでした。

本日の走行距離 51km
本日の歩行距離 4.8km

おやま田んぼアート
今、腰を痛めているため、せいぜい30分~1時間ていどしか自転車に乗れません。
そのため、行ってみたい近辺までは車で行って、そこから自転車に乗り換えて目的地まで走るつもりです。

今日の目的地は小山の田んぼアート会場なのですが、朝から雨が降っていて、なかなか出かけるタイミングがありません。

午後2時になってやっと小降りになってきました。急いで車にフラットバーのバッカスを積んで、天平の丘公園に行きました。ここからバッカスに乗り換えて小山の美田会場に向かいます。全部で4会場あるのですが、家からはこの美田会場が一番近いです。

ところが走り出して10分も経たないうちに雨が降ってきました。せっかく走り出したのに、ここで引き返すのも嫌だし、雨に濡れても良いので、美田会場に向かうことにしました。

DSCN0187 (640x481)美田会場です。
テーマは弱虫ペダルです。きれいにできています。どのようにつくるんだろ。



腰の痛みで、まだ1時間以内しか走れないので、引き返すことにしました。あっけなかったですが、本日の走行は終了です。

本日の走行距離 14km
本日の走行時間 37分
腰はまだ不調です
腰の痛みは少しずつ良くなっているような気がします。でも、相変わらず座ると痛みを感じます。

そんな具合だけど、自転車に乗ったらどうなのか、試してみました。

DSC_0002 (640x480)あまり前かがみにならないよう、銀輪にしました。
さらに、今までよりサドルをかなり下げて、ハンドルはポストが抜ける寸前まで上げました。
ゆっくりと2時間弱走りましたが、やはり腰は痛くてスピードは出せず、平均速度は14kmでした。



これじゃ消化不良なので、先週同様、舗装道路での山歩きをしました。
ルートは、森林公園の駐車場~鶴カントリー~射撃場~鞍掛山登山口~細野ダム~赤川ダム~駐車場で、1時間30分弱のコースです。

DSCN0183 (640x480)鶴カントリー横の坂です。この坂を下った辺りから、射撃場までは木陰があまりありません。


DSCN0184 (640x480)射撃場辺りから、再び木陰になります。
山の中はとても涼しいし、さらに小川がその涼しさを増します。


DSCN0186 (640x480)鞍掛山の登山口です。ここから登る人は少ないです。今日は車が4台でした。
最近は鞍掛山に行っていませんが、以前、鞍掛山に行っていたときは、森林公園の駐車場から鶴カントリーの上の尾根づたいで鞍掛山まで行くルートか、古賀志山の北尾根経由で鞍掛山に行くルートのどちらかでした。


このあとは、峠を一つ越えて、釣り堀付近経由で駐車場に戻りました。自転車と違って、歩きは全く腰の痛みも感じず、楽しく歩けました。

本日の走行距離 23km
本日の歩行距離  7km
古賀志山トレッキング
土日の二日間共山歩きをしたので、今日は家でゆっくりしようと思っていたのですが、座っていても腰が痛いので、結局、午後になって古賀志山へトレッキングに行くことにしました。

古賀志山トレッキングは実に2年ぶりです。

上り始めが午後2時だったので、気温が33℃まで上がっていましたが、山に入るとそのような暑さは感じず、逆に涼しく感じるほどでした。

DSCN0159 (640x480)北コースを歩いたのですが、入口の橋は流されたままだし、登山道も全く変わっていました。
いつの間にかコースを外れていたのですが、全体的に形状が変わっていたので、間違っていることにも気づきませんでした。たまたま、別な方向から、登山客の鈴の音が聞こえたので、歩いている道路が間違っていることに気づいたのです。


DSCN0160 (640x480)水汲み場は残っていましたが、何となくこの景色が記憶と違いました。


DSCN0162 (640x480)もうそろそろ富士見峠だろうと思うところを歩いていたときに、またコースを外れているなと確信したのですが、この看板がある所まで来て、間違っていなかったことに気づきました。
そう思う程に、全く変わっていました。


DSCN0170 (640x480)見晴台に着きましたが、時間が遅かったこともあり、だれ一人いませんでした。


DSCN0165 (640x480)もやっていて、宇都宮の街もぼんやりしています。


DSCN0172 (640x480)道がガレキで歩きにくいので、尾根を一つ横切って、ジャパンカップコースに出ました。
北コースはガレキが多くて歩きにくいんです。


DSCN0176 (640x480)赤川ダムから見た古賀志山です。
左側に見える2つのこぶのうち、右側が先ほどの見晴台です。左のこぶが古賀志山山頂です。



結局、連休三日間ともトレッキングでした。腰の痛みで自転車が乗れないこととが一番の理由でした。家の中で、どんな形で座っていても腰が痛いんです。歩いていると全く痛くないんです。

だったら外に出たくなります。

本日の歩行距離 6.4km
太平山トレッキング
今週も太平山に山歩きに来ました。先週と違うのは、今日はあじさい坂は歩かず、その代り謙信平に行きます。

下界(そんなに高いところに登ってるわけではありませんが)は30℃を超えているのに、山の中は涼しいです。でも、昨日歩いた羽黒山の方が涼しかった気がします。

DSCN0152 (640x480)永野川緑地公園に車をおいて、まずは太平山山頂に向かいました。
その途中に、太平山神社の奥宮があるのですが、前回は寄らなかったので、今回は寄ってみました。
説明書きによると、ご祭神は天目一大神(あめのまひとつのおおかみ)で、約2000年前に太平山に鎮座されたそうです。


DSCN0150 (640x480)今日は山頂の「富士浅間神社」の方にいきますが、「晃石山」も気になるので、次回はそちらにいってみようと思います。


DSCN0148 (640x480)富士浅間神社です。
この裏側が頂上だと思うのですが、先週の写真のように、何も目印がありません。一応、周りを確認したのですが、それらしきものがありません。


DSCN0154 (640x480)太平山神社に戻ってきました。
太平山神社にはたくさんの社がありますが、それぞれが別々の神社になっているので、ここで、いろいろな神社にお参りができちゃいます。


DSCN0143 (640x479)特にこの一番右の社は、10の神社に分かれていました。


DSCN0157 (640x480)神社の階段を下りて、謙信平に向かいました。


DSCN0158 (640x480)お昼になりましたが、とくにお腹は空いていないので、ソフトクリームだけ食べました。
ここには珍しい種類のソフトクリームがあります。今回は練乳イチゴにしました。


ここはロードレーサーが多いです。早い人もいれば、辛そうに上っている人もいますが、山はやっぱり歩きが一番です。

本日の歩行距離 10.2km
羽黒山トレッキング
また腰を痛めてしまいました。
しかも、3週間前の痛みとはちょっと違う感じです。

自転車は無理だけど、歩くぶんには痛くないので、先週と同じように山歩きをすることにしました。

今日は羽黒山です。一応、腰に負担がかからないように、舗装道路を歩きました。ふもとから頂上まで日陰なので涼しい中を歩けました。

ここに来るときに、自転車4台で走っているグループを見かけましたが、車の温度計を見ると29℃でした。暑そうだったなぁ。腰の問題がなくても、山歩きが正解かも。

DSC_0001 (640x480)こんな感じで、頂上まで日陰が続きます。
途中、3台のロードレーサーと会いました。上っていったのが1人、下ってきたのが2人です。皆さん、向こうから挨拶をしてくれました。


DSC_0002 (640x480)頂上付近の見晴らし台です。
先ほど上っていった方が休んでいました。自転車はトレックのマドンだし、ウェアもトレックでした。
私もマドンを乗っているので、トレックの話で盛り上がりました。その方は、次はドマーニを考えているそうです。


DSC_0003 (640x480)その後、私はさらにもっと上にある羽黒山神社に向かいました。


DSC_0005 (640x480)ここまで上がるのは本当に久しぶりです。


DSC_0006 (640x480)せっかくなので、羽黒山神社を抜けて、さらに羽黒山頂上に向かいました。
電波塔の手前が頂上です。


DSC_0007 (640x480)頂上は標高458mです。


DSC_0008 (640x480)GPSウォッチを見てみると、同じく458mでした。意外と正確なんですね。
ちなみに、ふもとから歩いた距離は3.4kmでした。


DSC_0009 (640x480)「富士見の穴」というものがありました。
柱の真ん中に穴が開いてますが、見晴らしが良い日には、その穴の方向に富士山が見えるそうです。
さらに、東京タワーや東京スカイツリーも見えるそうです。


DSC_0012 (640x480)こんな感じで見えるようです。


帰りにも自転車に乗った方3名の方たちに会いました。1人が下って行って、2人が上ってきました。そのうちの1人が遠くから「こんにちは」と言いながら、マウンテンバイクで近づいてきました。なんと、先ほどトレックに乗っていた方が、マウンテンバイクに乗り換えて上ってきました。

そう言えば、この近くに住んでいると言っていました。普段は平地を走るのが多くて、1日100km~150kmを平気で走るそうです。この辺りに住んでいると、飯盛山もあるし、上りに強くなっちゃいますね。

本日の歩行距離 6.8km

太平山トレッキング
今日の天気は昨日と同じか、それ以上とのこと。
二日続けて朝早く起きるのも大変だし、今日は自転車に乗るのはやめました。

このような暑い日は、日陰が多くて涼しい山歩きが最適です。近場では、古賀志山、羽黒山、太平山がありますが、今回は太平山にしました。

太平山であれば、舗装道路もあるし、山道もあるし、今ならあじさいを見ながら長い階段も歩けるし。


DSC_0001 (640x480)車を永野川緑地公園にとめて、そこから歩き始めました。
4月であれば、この両脇には桜がきれいに咲いています。


DSC_0030 (640x480)約3.5km歩いて結構上ったところに、分かれ道があります。
まっすぐ行けば、もうすぐ太平山神社の山門があります。
左に行けば、せっかく上った山を下って、あじさい坂の上り口に行きます。ここは、当初の予定通り、一旦山を下ります。


DSC_0003 (640x480)あじさい坂の上り口まで下りてきました。
ここから、再度上り始めます。


DSC_0005 (640x480)六角堂です。


DSC_0008 (640x480)六角堂から階段が始まって、太平山神社の山門(随神門)まで1000段あり、その両側には2500株のあじさいがあるそうです。


DSC_0010 (640x480)山から水がしみ出していました。
タイミング良く、ペットボトルもそろそろなくなっていたので、補充しました。


DSC_0012 (640x480)随神門に着きました。
あっけなく着いちゃったけど、本当に1000段あったのかな。途中の説明書きにはそう書いてあったんだけど。


DSC_0013 (640x480)当然、太平山神社まで上ります。今日はそのつもりで来ているので。


DSC_0016 (640x480)太平山神社に着きました。


DSC_0018 (640x480)太平山神社が太平山の頂上付近かと思っっていたのですが、下り始めたら変な看板を見つけてしまいました。
山頂はここからさらに上るようです。せっかくなので上ることにしました。


DSC_0020 (640x480)道は普通の山道です。


DSC_0021 (640x480)とりあえず、見える範囲で一番高いところまで来たのですが、三角点もないし、頂上らしき看板もないし、頂上は別にあるのかも知れませんが、今日はこれで下ることにします。


DSC_0027 (640x480)下りは、以前から気になっていた、錦着山までの山道を歩きました。


DSC_0028 (640x480)山道はこんな感じです。今日はこのためにトレッキングシューズを履いてきました。


太平山の山道はとても歩きやすくて良かったのですが、山から出た場所が、巾着山から2kmも離れた住宅地でした。ここから、炎天下の中を歩くのは時間が長く感じました。

本日の歩行距離 約10km
歩行時間      約2時間半
歩数         15000歩
本日のルート    地図を見る
まるで梅雨が明けたようでした
昨日、今日の天気予報を見て、驚きました。まるで梅雨が明けたような気温の高さ。早く家を出て、暑くなる前に家に帰らなければ、とても走ってられません。

朝、7時に出ることにしたので、5時起きです。私は、お腹が弱いので、起きてから出かけるまで2時間は必要なんです。

一応、5時には起きたのですが、結局寝不足気味で、今日走っている間ずーっと眠くて、調子悪かったです。しかも、昨日見た天気予報よりさらに気温が高くなっていたし。

今日のルートは、文挾街道~水汲み場~例幣使街道~だいや川公園~日光駅~小来川~鹿沼~大谷街道でした。

DSCN0116 (640x480)今日はEVOで走りました。


DSCN0119 (640x480)水汲み場の後、例幣使街道に出るのですが、今まで上っていた坂よりも手前にゆるい坂があったので、今日はこの坂を上りました。


DSCN0122 (640x480)ちょうど例幣使街道の通行止めの個所に出ました。
先ほどの坂が緩かったので喜んでいたら、ここからの例幣使街道がきつい上りでした。
結局、どちらの坂から上っても、全体的なきつさは同じでした。


DSCN0125 (640x480)走りながら、だいや川公園に着いたら、クリームあんみつかジェラートのどちらにしようか悩んでいたのですが、着いたのが9時前だったので、クリームあんみつの方のお店はまだ開いていませんでした。


DSCN0126 (640x480)ジェラートのお店は早めに開いていたので、悩む必要はなかったです。


DSCN0128 (640x480)カフェオレのジェラートにしました。
暑かったこともあり、とても美味しかったです。


DSCN0131 (640x480)だいや川沿いで日光駅に向かうと、この橋を渡るのですが、なんで横の柱?は高さが違うのだろうと、いつも思っていました。


今日、高さは同じことに気づきました。左右の付け根が前後にずれていたのでした。向かって右側が手前にずれています。そのため、遠近感で右側が高く見えていたのです。あまり自信はないのですが、そうだと思います。

DSCN0139 (640x480)日光駅の後は、小来川に向かって山を上りました。


DSCN0140 (640x480)小来川の峠を過ぎると、下りていくにつれて、どんどん気温が上がってきました。
板荷を走っているころには気温が30℃になり、お店でまたもやアイスクリームを食べてしまいました。


家に着いてからも、体が熱くて、アイスクリームとあんみつを食べちゃったし、冷たい飲み物をたくさん飲んだし、今日のサイクリングは体に良かったのか、悪かったのかちょっと疑問でした。

本日の走行距離 80km
結局、サイクリング日和でした
今日の朝の天気予報では、雨の降る確率が五分五分となっていました。

昨日は1日中雨だったため何もできずに家にいたので、今日は少しでもいいので走るつもりでした。

7時頃までは降ったり止んだりしていましたが、8時になって青空も見える時間が増えてきました。このタイミングを見計らって家を出ました。

自転車はいつ雨が降ってもいいように、泥よけがついている銀輪です。さらにカッパも持ちました。

そんな感じで、雨を覚悟して出かけたのですが、結局、そのあと雨が降ることはありませんでした。

DSCN0105 (640x480)今日、乗った銀輪です。最近少し改造しました。
ハンドルを低くして、さらに5cm前に出しました。
シートポストを変えて、サドルを1.5cm後ろに下げました。
これでだいぶ乗りやすくなりました。


DSCN0106 (640x480)水汲み場を過ぎて小来川に向かう途中ですが、山の向こうには青空も見えます。


DSCN0107 (640x480)先日、例幣使街道に向かって走った道です。その時は道なりに走りましたが、今日は新しい道を開拓するため、ここを左に曲がりました。


DSCN0109 (640x480)道路はこんな感じです。
地図では、小来川への反時計回りのルートで、ゴルフ場横の峠をショートカットできそうなのです。ただ、この道路も峠越えだとしたら何の意味もありません。


DSCN0112 (640x480)ゴルフ場の峠を下りたところに合流しました。
右側がゴルフ場から下りてくる道路で、左側が今走ってきた道路です。
多少の起伏はありましたが、この合流地点の高度まで少しづつ上っただけでした。峠を1つ減らしたかったら、この道は良いかも知れません。


DSCN0113 (640x480)最も大きい峠も上り切りました。



行きの文挾街道で3人組の2グループに抜かれただけで、そのあとの小来川周回と帰りの文挾街道では抜かれませんでした。今日の平均スピードが20km/hだったので、決して速いわけではないので、天気予報を見て走るのをあきらめた人が多かったのではないでしょうか。

久しぶりに早めに(8時ちょっと過ぎ)家を出たので、田野町交差点まで帰ってきた時点でまだ11時でした。せっかく、雨も降らずに、また気温も高くなく走りやすい天候だったので、すぐに家に向かわず、その辺をぶらぶらしてから帰りました。

本日の走行距離 81km
今日も腰は大丈夫でした
昨日は銀輪で軽くサイクリングしましたが、腰はなんともなかったので、今日は銀輪より多少前傾がきつい、フラットバーのバッカスでサイクリングに行きました。

DSCN0094 (640x480)バッカスでのサイクリングは久しぶりです。
しかも、今日は小山の道の駅「思川」まで走るつもりなのですが、バッカスでの長距離は京都以来だと思います。



途中、思川沿いを走りながら、道の駅まで行きました。ここに来た理由は、「お供え揚げ(塩)」というせんべいを買うためです。道の駅「みかも」や栃木市内の直販のお店でも売っています。

お昼も道の駅で食べようかとも思いましたが、店内にパン屋さんがあって、とてもおいしそうだったのでパンにしました。でも、パンを買ったのは良いけれど、人が多くてベンチも空いていないので、とりあえずリュックに入れて、どこか静かなところで食べることにしました。

DSCN0087 (640x480)帰りは、50号線の思川の橋よりも、もう1本南の橋から思川沿いを走りました。
行きは、だいぶ手前から普通の道路に出てしまいましたが、道の駅「思川」に行くのであれば、ここまで思川沿いを走ったほうが良さそうです。


DSCN0090 (640x480)途中、小さな川沿いに階段があったので、そこに座ってお昼にしました。


DSCN0089 (640x480)先ほど買ってきた「ピロシキパン」と「アンが入ったクロワッサン?」です。
こういうところで食べるとさらに美味しいです。


DSCN0092 (640x480)途中、鬼怒川サイクリングロードと似たような場所もありました。大きな川沿いは、同じような景色になるのでしょう。


久しぶりにバッカスに乗りましたが、「えっ? バッカスってこんなに走るんだっけ」てな感じでした。
フレームはアルミだし、ホイールも少し重めなんだけど、スピードの維持が良いんです。

アルミフレームは、カーボンと比べて硬いのか柔らかいのか知りませんが、踏み心地が良くて、踏んだ分だけ走ってくれるんだけど、脚にはやさしいっていうか、脚が疲れないんです。

それでもって道路の細かい振動はあまり拾わないし。おそらくフレームとホイールの組み合わせが良いのだと思います。

このフィーリングで車重が軽いと最高です。

腰も全く問題ありませんでした。もう大丈夫でしょう。

本日の走行距離 101km